• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

若返ってスタミナがつく!体内のミトコンドリアを増やす方法とは

Date:2015.11.25

shutterstock_209986630 - コピー

10代や20代も半ばくらいの時は、ちょっとくらい無理をしても、毎日元気に過ごせるものです。でも、20代も後半に差し掛かり、30を過ぎ、40代に近づいていくにつれ、私たちは徐々に年齢を感じていきます。

年齢を重ねるたびに「体力がなくなって、無理が出来なくなってきた…」そんな言葉が口に出てくるようになります。

若くないからしょうがない、誰もが年を取るのだから、疲れやすくなってもしょうがない…それは確かに一理あります。若返りの薬で若返る、そんなことが出来れば最高ですよね。

残念ながら、今の技術では、若返りの薬を作ることは出来ず、実際の年齢を若返らせることはできません。でも、スタミナをつけて、身体を若く保つことは出来るのです。

そのカギとなるのが、体内に存在する「ミトコンドリア」というものです。このミトコンドリアを体内で増やすことで、私たちの身体は若返り、スタミナがついて、疲れやすくなくなるのです!

ここではこのミトコンドリアとはどういったものなのか、どうやって増やすことが出来るのかといったことをご紹介していきます。

誰の体内にも存在する「ミトコンドリア」って何?

私たちの細胞の中に存在しているミトコンドリア。名前は学校の理科や生物の授業で耳にした覚えはあるけど、イマイチ覚えていないなんて方は多いはず。

私たちの身体にとって大切なこのミトコンドリアをまずは理解してみましょう。

生命の源!エネルギー作りには欠かせないミトコンドリア

ミトコンドリアとは、人間以外にも動植物、更には菌類などのほとんどの生き物に存在しているものです。ミトコンドリアは細胞によって数は違えど、数十、数百、数千、数万といった多大な数が、細胞内に含まれています。

細胞内の構造物であるミトコンドリアは、それ自体が呼吸をしているのです。呼吸によって取り込んだ酸素と、食事によって取り込んだ糖や脂肪を使用し、ATPと呼ばれるエネルギーを作りだします。

このエネルギーによって、私たちは体温を保つことが出来、心臓の筋肉や脳を活動させ、身体を動かすことができます。ATPは正に私たちの生命活動に直結しているエネルギー物質なのです。

年齢とともにミトコンドリアは減っていく!

ミトコンドリアは私たちが生きていくのに欠かせないエネルギーを作りだしてくれる重要なものです。でも、実はこのミトコンドリアは30歳を過ぎたころからその数は減少していきます。

これは、私たちの身体が日々

  • 排気ガス
  • 食べ物の残留農薬
  • 食品添加物
  • ストレス
  • 紫外線

など、日々身体がダメージを受けることで、ミトコンドリアもダメージを受け、だんだんと減って行ってしまうことによります。結果、身体が酸化して錆びてしまい、老化に結び付いてしまっているというのです。

年齢とともに

  • 何か疲れやすくなった
  • 体力、スタミナが無くなった
  • 少しくらい無理をしても平気だったのが、身体が持たなくなった

といったことに覚えがあるのであれば、これはミトコンドリアの数が減ってきて、身体が衰え、エネルギー不足に陥っているのです。

生命活動には問題がない程度にミトコンドリアが存在しても、その数が少ないことで、身体に無理がきかなくなり、疲れやすくなってしまうのです。

身体が中から元気になる!ミトコンドリアを増やす方法

年齢とともに数が減ってしまうミトコンドリア。年だからしょうがないと諦めるしかないのでしょうか?いいえ、ミトコンドリアは増やすことが出来るのです。

ミトコンドリアの量が増えれば、実際の年齢は上がっていっても、体力はそこまで衰えず、身体を若々しく保つことが出来るようになります。

では、どのようにすればミトコンドリアを増やすことが出来るのでしょうか?

インターバルトレーニングでミトコンドリアを増やそう

shutterstock_243456985 - コピー
スタミナがつき、若々しくなれるミトコンドリア。身体をもっとアクティブに動かしたいからこそ欲しいものですよね。

でも、実はそのためには、運動が必要なのです。そう言うと「運動が十分出来るならスタミナなんて望まないって!」などと思われるかもしれません。

ここでいう運動は、何も激しい運動を長時間かけて行え、というわけではありません。少しきついかなの運動を少しだけ取り入れるのです。

そこでお勧めはインターバルトレーニングです。インターバルトレーニングとは、少し大変と思うくらいの運動と、楽な運動を同じ時間ずつ交互に行う運動です。

例えば、

  • 3分間少しきついと思うくらいの速さで走る
  • 3分間楽なスピードで歩く

といった運動を繰り返すのです。これは理想として30分ほど行うと良いのですが、時間が無い時は、1分ずつでもよいので、すきま時間に行ってみるのでもOKです。

1分でも少しきついと思うくらいの運動をすることで、ミトコンドリアを増やすモードに切り替えることが出来るのです。家の中で出来るような、腹筋運動や筋トレのようなものでも構わないので、行ってみましょう。

これを毎日続けることで、体力がつき、更に痩身も期待できます。

コアを鍛える運動でミトコンドリアを増やそう

ミトコンドリアは細胞に存在していますが、背骨の周りなど、骨格筋に集中しています。つまり、身体のコアを鍛えることがミトコンドリアを活性化したり増やしたりすることに繋がるのです。

そこで、

  • ウォーキング
  • ヨガ
  • 太極拳
  • ティラピス

といった激しくなく、コアを鍛えることが出来る有酸素運動が効果的なのです。これを続けることで、身体は自然と若返り、スタミナがついていきます。

インターバルトレーニングは少し辛いけど時間がある程度取れるという方には、このようなエクササイズを取り入れるとよいでしょう。

食べて若返る!ミトコンドリアを増やす食事、栄養素とは

shutterstock_139660186
私たちの身体は排気ガスや紫外線など、様々な汚染によって毎日ダメージを受けます。それに加え、私たちの食生活もミトコンドリアを減らす元になってしまっているのです。

忙しいから、イライラするから、手軽だからと、甘いものや油っぽいものばかり食べていませんか?ファーストフードやジャンクフードばかりに手が出ていませんか?

このような、私たちがダイエットとして天敵としている不健康な食事こそ、たまにならともかく、続けてしまうとミトコンドリアに悪影響を与えてしまう原因となります。

一方で、以下のような栄養素を摂ることで、ミトコンドリアが活発化する助けとなります。

ビタミンD
肉類一般、いわし、鮭、卵、乳製品など
葉酸
レバー、菜の花、ほうれん草、モロヘイヤなど
ビタミンB6
にんにく、卵、レバー、さんま、大豆など
ビタミンB12
レバー、かつお、のり、チーズなど
亜鉛
牡蛎、ほたて、豚レバー、納豆、玄米など
タウリン
タコ、イカ、貝類など
レバー、小松菜、ほうれん草、赤身の肉・魚、納豆など
コエンザイムQ10
肉類、イワシ、ピーナッツ、チーズ、大豆、卵など

ミトコンドリアには抗酸化物質が効く!

私たちが老いを考える時にテーマとしてよく名前が挙がる「活性酸素」。これは体内の酵素反応で生まれるもので、身体の酸化(サビ)の原因となるということで知られていますが、これはミトコンドリアが深く関係しています。

私たちが呼吸をして酸素を取り入れると、正にその9割がミトコンドリアで使用されます。それでATPというエネルギーが作られるわけですが、その工程で活性酸素が微量に排出されます。

それは0.1-2%という量ですが、実はこの量は年齢とともに増加するという報告があるのです。そしてその活性酸素はミトコンドリアまでも傷つけてしまうのです。

つまり、

年齢が上がる

ミトコンドリアの機能が下がる

ATPの産出量が少なくなる

一方で活性酸素の産出量が多くなる

ミトコンドリアが傷つき、機能が更に悪くなる

という嫌な構図が生まれてしまうのです。

そこで、注目されるべきものが抗酸化物質です。抗酸化物質はご存知、活性酸素と戦い、身体の酸化を防いでくれる物質です。それらを積極的に食生活に取り入れることで、ミトコンドリアのダメージを減らすことが期待できます。

抗酸化物質は、代表として以下のようなものがあります。

レスベラトロール
赤ワイン、アーモンド、ココア、サンタベリーなど
ビタミンC
キウイフルーツ、レモン、アセロラ、ブロッコリーなど
ビタミンE
かぼちゃ、ほうれん草、アンコウの肝など
アントシアニン
赤ワイン、ブルーベリー、プルーン、なすなど
カテキン
緑茶、ほうじ茶、りんごなど
イソフラボン
大豆、大豆製品(納豆、豆腐など)
クロロゲン酸
コーヒー豆、じゃがいも、サツマイモ、ごぼうなど
セサミン
ゴマ
リコピン
トマト、スイカなど
ルテイン
ブロッコリー、かぼちゃ、卵黄など
カプサイシン
赤とうがらし、赤ピーマンなど

意外な方法!空腹がミトコンドリアを増やす

適度な運動や健康的な食生活はミトコンドリアを増やす元となります。でも、実はミトコンドリアを増やすのはそれだけではありません。

実に簡単な方法があります。それは何と、空腹でいる時間を長くすることなのです。

私たちは昔と比べても食事に困ることはなく、スーパーやコンビニ、カフェなどで気軽に食べ物を買うことが出来ますよね。

お腹が空いたら買い置きしておいた冷蔵庫のデザートを食べ、口さみしくなったからコンビニでおやつを買って食べる…空腹を我慢せずに、ついつい何かしらをつまんでしまうことが多いのではないでしょうか。

これを止めて、お腹がぐーっと音を立てても、もう少し我慢してみましょう。これがサーチュイン遺伝子と呼ばれる長寿遺伝子を刺激し、ミトコンドリアを活性化したり増やしてくれるのです。

更に、糖分、脂質を控えめにし、カロリー計算をしてカロリー摂取量を減らすのも非常に有効的です。

これを続けることで、ダイエット効果として痩せることが出来るだけでなく、スタミナもついて、疲れにくくなりますよ。

アクティブで健康的な日常生活がカギ!

shutterstock_154638860
体内のミトコンドリアを活性化して増やす方法をご紹介してきましたが、いかがでしょうか?ミトコンドリアを増やすためにポイントとなることを改めて簡単にまとめると以下のようになります。

  1. インターバルトレーニングを行う
  2. コアを鍛えるエクササイズをする
  3. カロリー計算を行って、低カロリーに抑える
  4. ミトコンドリアに良い栄養素を摂る
  5. 敢えて空腹の時間を作って、エネルギー不足の状態にする
  6. 食べ過ぎないようにする
  7. 糖分、脂質を控えた食事をする
  8. 添加物の少ない植物を摂る
  9. ストレスを減らすようにする
  10. 身体を動かす機会を積極的に増やす

このように挙げてみると、恐らく皆さんもお気づきになられたように、要は健康的な生活を送ることが必要となってくるのです。

身体に悪いと思われるものは最小限に控え、アクティブで健康的な生活を送る…そんな生活を送ることが出来れば、自然とミトコンドリアの数の減少は最小限に留まり、更にはミトコンドリアを活性化することが出来るようになるはずです。

健康的な日常生活を送った上で、是非ここでご紹介したことを一つでもいいので、続けて試してみてください。1週間後、1か月ごと時間を追うごとに身体が若々しく元気になるのが実感できるはずですよ!

この記事をシェアする

関連記事