• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夜の女が教える金持ち男の見分け方11選【3/3】

Date:2013.02.11

8:仕事の自慢話をしない

「男の人って、自分を大きく見せたいのか、仕事の自慢話をすることがよくあります。大手企業の名前を出して、どこそこの会社と取引をしているとか、“やっぱり大手は仕事が細かいから疲れるなあ”と愚痴を言う人もいます。

お金を持っている男性で、こういうことを言う人を、私はあまり知らないですね。“自慢話=本当は力がなく貧乏”と私は認識しています」(29歳・梨花・六本木のお店)

能あるタカは爪を隠すと昔から言われます。ちなみに梨花さんの話によると、男性客からどんなに大手企業の名刺をもらっても、5回は接客しないと、お金を持っているかどうかは信用できないとのこと。名刺は他人の名刺でも使えますからね(使っちゃダメですが)。

9:「よかったら1杯飲む?」とさりげなくお酒を薦める

「どこのキャバクラでも女性スタッフがドリンクを飲むと、ドリンクバックなる報酬があります。最近はがっついてドリンクをねだる女性が減りましたが、さりげなく“よかったら1杯飲む?”と聞いてくる男子は、お金に余裕があるように思います。

女性も、接客中に酔いたくないので(明日の朝がはやい、生理で体調が良くないなどの理由)丁重にお断りするか、カシスウーロンのような薄いお酒をちょっと飲むだけです。

ドリンクはたいてい1,000円くらいです。1,000円くらいですが、薦めてくる男性は、お金を持っているのではないでしょうか」(30歳・優香・六本木のお店)

男性が会費を多めに払う合コンで、高いものを女性が注文したら、あからさまに嫌な顔をする男子は、即効NGということでしょう。高いものと言っても、3~4,000円くらいであり、女性の頭数で割れば、ひとり当たり1,000円くらいでしょう?

10:目立たない服装をしている

「傾向として、お金持ちで長くお店に通ってくれているお客さんは、紺のスーツに白いワイシャツのように、目立たない格好をしていると思います。私としても理由を知りたいのですが、アルマーニのシャツに、プラダの靴……という男性客で音信不通のお客さんってたくさんいますよ」(28歳・夏海・渋谷のお店)

こちらも絶対的ではないものの、ひとつの傾向としては、言えることかもしれません。

11:翌朝、はやいときは適当に切りあげる

「閉店までずっといるお客さんより、翌朝はやいときは適当に切りあげて帰るお客さんのほうが、お金を持っている印象がありますよね。

“自己管理ができている=お金の管理がちゃんとしている”という、ただの印象かもしれませんが、来店したらラストまでいるお客さんより、毎月、お店で使うお金が多い傾向はあります」(37歳・静香・六本木のお店のママ)

お店によっては、お客さんごとに毎月いくら使ったのか、統計を出しているお店もあります。そういう統計に基づいて、六本木の静香ママはこのように分析をしています。とある1店舗だけの統計ですが、100%否定できることでもないのではないでしょうか?

いかがでしたか?男女ともに、相手がお金持ちなのか、貧乏なのかを見極めるのは、本当にむずかしいものですが、総じて仕事の自慢話をすることもなく、地味な服装をして、女性への最低限の気配りができる男性を選んだほうが、失敗が少ないと言えるのではないでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事