• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

水着も怖くない!便秘とぽっこりお腹解消の2つのヒント

Date:2013.05.08

shutterstock_277172903

今年もまだまだ暑い日が続くようですが、暑い時は薄着になるのに、意外に代謝も落ちるので、太りたくないのに、太りやすい時期でもあります。

そんな毎日で、水着や短めのトップスを着て、特に気になるのがお腹のぽっこり。汗もたくさんかくので、水分も不足して、便秘がちになり、ますます下腹がぽっこり・・になる人も多いハズ。

便秘は肌荒れの原因にもなるので、便秘を少しでも解消し、ぽっこりお腹に役立つワザのヒントを紹介します。

実は便秘に効果アリ

少し前から話題になっている、骨盤を回すエクササイズ。骨盤を正しい位置に収めて、太りにくく痩せるということで、専用の下着なども販売されています。

が、ワタシは「何だか苦しそう・・」と思い、また友人も「履き心地がイマイチ・・」などというので、下着の購入は見送っていましたが、自分で簡単に出来るので、骨盤を回したりするエクササイズを続けてみると・・・。

実はこのエクササイズが、便秘の解消に役立つことを発見。体重が減るといった、明らかな痩せには、あまり効果が出ていませんが、便秘解消に5分以内で終るので、手軽なので実践しています。

簡単な動きで、続けられるのもポイント

カリスマトレーナーの基本のエクササイズとして知られている、3つの動きはお腹と一緒に腸も動くので、便秘に悩む人には、良い運動なのでは?と思います。

自身は小学校に入ったころから、便秘歴ウン十年で、1日・2日は出なくて当たり前で、ずっと悩んでいましたが、この運動でかなり効果が。

3つの動き

まず足を肩幅に開いたままやります。

1つ目は、まず骨盤を左右に動かす運動。腰に手を当てるなどして、骨盤を横に動かすだけ。左右10回ずつやっても、1分程度。

2つ目は、前後に動かす運動。これも同じく、骨盤を前、後ろに動かすだけ。

3つ目は、回す運動。浮き輪をやフラフープをウエストにはめているイメージで、その輪を回すような感じで、左右両方向に10回ずつ回すだけ。大きく、同じ方向に10回回してから、反対も10回回します。

ながらでも、少し多めにやっても

この運動の良いところは、トイレの中、洗面所などの狭いところでも出来ることと、ながらでもできること。

ワタシは毎日朝起きてから、水をコップ1杯飲んで、朝食を食べた後で、食器を洗いながらやっています。

慣れないうちは、腰に手を回したほうが、やりやすいかもしれませんが、必ずしも必要ではないので、お茶碗を洗いながら、骨盤を左右、前後、回転させています。

こうした、キッチンなどに立つ時間、3分くらいで終るので(じっくり・ゆっくりやっても5分くらい)簡単で続くことも、魅力です。

また、回数を少し増やしても、疲れることもなく、よく言われている、お尻歩き(床に足を伸ばして座り、お尻で歩く)と、併用するとより効果も。

生活のリズムの中に組み込むと続く

この運動は、痩せるためには、朝晩1セットずつと紹介されていますが、便秘解消には、食後にやることがオススメ。

ただし、しばらくして、トイレに行ける時にやったほうが良いかも?ですが。食後だとお腹というか、腸が動くのがわかるので、そのタイミングでトイレへ・・・。

朝だけでなく、お腹を引っ込めるのにも、役立つようなので、食後以外にも、寝る前や入浴後にやると、翌朝のスッキリにも繋がると思います。

ワタシは食器洗い以外にも、冷蔵庫で飲み物を入れたら、立ったまま冷蔵庫の前でやることも。毎回ではありませんが、思い出したらやると、無理なく1日2セット以上出来ます。

食事の内容に食物繊維の多い物などを入れる

また、朝食後にスッキリしたい場合は、朝食に食物繊維の多い物、また冷たい牛乳などを飲むと、より腸が動くように感じるので、最近は食物繊維の多いグラノーラに牛乳をかけたり、バナナきなこヨーグルトなどを食べて、このエクササイズをやっていると、かなり快調。

グラノーラは、通常のシリアルより、食物繊維も多く、しっかりと噛みごたえがあるので、満腹感も得られ、腹持ちもコーンフレークなどより良いので、忙しいけどお腹のハリを解消したい人には、かなり役立つと思います。

お茶碗1杯分くらいで、牛乳をかけると、300kcalくらいになり、ちょっとカロリーも多めですが、菓子パンなどと違って便秘には、かなり役立つと思います。

また寒天やところてんなど、海藻類の物は、カロリーは低くても食物繊維も取れるので、運動と一緒にオススメ。

夕食の食べ方でポッコリを解消

体脂肪が原因で、お腹がポッコリ・・・に思い当たる人は、夕食の食べ方を変えるだけでも、かなり効果があるようです。この方法は、友人が実践していましたが、クリニックの先生に勧められた方法だとか。

1週間でもちょっと効果が実感でき、4ヶ月で8キロ近く、40代でも減ったということなので、若い年代なら、もっと効果が出やすいのではないかと思います。

夜9時以降は食べない、夕食には炭水化物を食べない

言われたのは3点。

1つ目は夜の9時以降は食べない。夜食をガマンするだけでなく、遅い時間に夕食を摂らないこと。

次に、夕食のメニューを変えて、炭水化物を控えめにし、量を減らすこと。すぐに効果を実感したい場合は、夕食にはご飯やパン、麺類は食べず、たんぱく質や野菜などはしっかり食べること。

特にカロリーを気にして油脂などを減らす必要はなく、夕食だけ炭水化物抜きにするだけ。ずっと続けるのは苦しくても、短期間なら、夕食だけなら、続けやすいということです。

この食べ方なら、血糖値が上がらないので、肥満の予防になるようです。少し減った後は、完全に抜くのはやめて、夕食の炭水化物を減らす食べ方でも、なだらかにお腹のポッコリも解消され、太るホルモンも出にくくなると言うことです。

夕食後(10分~30分以内)に少し動くこと

また、夕食後30分以内には、ストレッチなど軽く身体を動かすことも大切。先程の骨盤エクササイズや、ヨガの動きを取り入れり、前屈などの一般的なストレッチでOK。

ジムでの運動や散歩など、長い時間をかけたり、大変な運動でなくてよく、食後10分以内にやると、より効果が高いとのことです。

食べたら食器を片付けて、洗ってしまったら、ストレッチでも、骨盤エクササイズや、ラジオ体操のような簡単な物でも良いので、運動する習慣を付けると、良いようです。

ポッコリを減らすには、腹筋や背筋などの運動なら、気になる部分に効果も出やすいかも?ともかく、食べたらダラダラしがちですが、シャキシャキ動くこと、これが大事ですね。反省・・・。

この記事をシェアする

関連記事