• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スパや温泉で水虫に感染しないようにするコツ

Date:2013.09.29

旦那さんや彼が水虫だと、うつると嫌だわ、なんて思っているかもしれませんが、女性だって水虫になるのは、すでに知られていますよね。女性の方がストッキングやブーツなど、足が通気性の悪い状態でいることが多く、水虫になりやすいとも言われています。

さらに、スパや温泉、フィットネスクラブなど公共の施設では、不特定多数の人たちが利用する場所は、誰が水虫になっているか分かりません。よって、水虫をうつされてしまう危険性も高いですね。

そこで、そういった公共施設で水虫に感染しないためには、どのようなことに注意をすればよいでしょうか?

水虫に感染しやすい場所は?

水虫に感染する危険性が高いのは、温泉やプールなどの足ふきマット、不特定多数の人が使うスリッパやサンダル、公共施設の更衣室の床、また、お店の座布団などからも感染する可能性があります。

特に素足で使用することが多く、湿気の多いヨガスタジオなどは、水虫に感染しやすい場所と言えます。また、自宅ではリビングのカーペットやタオルなども、感染の原因となります。

まずは帰宅したらすぐに足を洗う

水虫の原因となる白癬菌は、感染して皮膚に入っていくまでに、約24時間程度かかると言われています。sなので、帰宅したらすぐにシャワーで足を洗うか、足を拭くようにしましょう。石けんでよく足を洗うことが、水虫対策になります。

皮膚の殺菌・消毒を目的とした石けんを使うと、より効果的ですよ。洗う際には、力を入れてゴシゴシ洗うと、傷をつけてしまうこともあるので、よく泡立てて、優しく洗うようにしましょう。

帰宅前に足を清潔にする

公共施設を使用した際に、殺菌効果のあるシートで、足をよく拭き取ることも水虫対策になります。また、足が汗で蒸れるようだったら、こまめに殺菌効果のあるシートで足を清潔に保つようにしましょう。

常に足は乾燥した状態を保つ

足が汗で蒸れたりすることが、水虫菌を繁殖させる原因になります。それを防ぐためには、通気性のよい靴を履くことです。

つま先やかかとが開いているタイプの靴や、メッシュ素材のシューズなどもおススメ。または、クロックスも通気性に優れている靴なので、水虫対策にはおススメですよ。

1日履いた靴は、汗が染み込んでいるものです。よく乾燥させるためにも、日干しするなどして、よく乾燥させることが大事です。また、続けて同じ靴は履かないようにしましょう。

5本指ソックスを履く

足の蒸れを防ぐためには、5本指ソックスを履くといいですよ。5本指ソックスは、足の蒸れを防ぐとともに、足の指を開くことで、健康にもつながると言われています。

以前は、男性が履くものというイメージがありましたが、今では女性向けの5本指ソックスもデザイン的にもかわいい物がたくさんありますよ。

足の蒸れを防ぐグッズを使う

現在では、靴の中を乾燥させるグッズや、足の蒸れを予防するグッズがいろいろ出ています。

靴の中に敷いておくだけで、靴の中の湿気を取ってくれるシート、足の指の間のムレを防ぐ足指感爽快バンド、足の指だけの靴下、などの他、アルコールを使わない皮膚の洗浄綿である、ユニーク清浄綿、足の汗などを拭き取る化粧水などもあります。

家の床をキレイにする

誰かの足に付着した白癬菌が、床に落ちてしまうと、それが原因で感染してしまいます。床は掃除機で掃除をして、常にキレイにするようにしましょう。

日用品は自分の専用にする

バスマットやタオル、スリッパなど、日用品はできるだけ、共有しないようにしましょう。また、爪切りを共有していると、そこから菌が感染することがあります。爪切りは自分専用のものを使うようにしましょう。

水虫になるとどうなる?

水虫になるとかゆみが出ます。といっても、水虫でかゆみが出るのは10%程度と言われています。残りの90%は、自覚症状がないので、知らないうちに水虫が進行してしまうことがあります。

水虫の症状は、指と指の間の皮がむけ、白くふやける、足の側面や土踏まずの部分に、小さな水ぶくれができ、かゆくなる、足の裏全体の皮膚が厚くなり、ひび割れを起こしたり、ざらつく、という症状があります。

さらに進行すると、爪の先端が変色して、ボロボロになってしまうことも。そうなるまえに、予防するか、早い段階で治療をすることをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事