• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼をじらしても燃え上がらせるキスと彼に嫌われるキス

Date:2013.05.10

キスは愛情表現としてはとても重要で、愛情を確かめられるものでもありますね。キスをすると女性は美しくなったり、男性も女性も健康になったりするとも言われています。キスはこれから愛を確かめようとするときにも、重要な役割を果たしますね。

キスが上手だと、それだけでぼうっとなってしまうことも。キスの上手な女性になれれば、彼のこともとりこにして離れなくさせることもできるかもしれませんね。

でも、反対にキスが下手だと嫌われてしまうかも?愛があればキスが下手というだけで嫌われないとは思いますが、こんなキスはいやだ、と思われてしまうとだんだんと彼の心が離れてしまう可能性も。そんなことにならないように、上手なキスと彼に嫌われるキスについて知っておきましょう。

最初は軽く徐々にディープに

最初は頬や額、顎、まぶたなどに軽くキス。それと同時に首筋を触ったり、腰に手を回すなどボディタッチもしてみて。そして唇に軽くキス。最初は短く、そして徐々に長く、時間をかけてキスをしましょう。時間をかけてだんだんと気分を高ぶらせていくのがコツですよ。彼がたまらなくなるまでキスの嵐を浴びせてあげましょう。

かわいくキスをおねだり

彼の顔を正面から見つめましょう。彼がじっと見つめ返してきたら、目をつぶって唇を彼の方に出してキスのおねだりをしてみましょう。あまりに唇をチューの形にすると、ギャグになってしまうので、愛らしい唇を見せてあげてくださいね。

顔だけじゃなく全身にキス

キスは顔だけにするものでもないですよね。彼の耳、首筋、肩、背中、腕、手の甲、胸、お腹、足など全身にキスをしてあげましょう。優しく、ていねいに、愛情を込めて、愛しい彼の体に口づけを浴びせてあげましょう。

簡単にキスをさせない

彼がキスを迫ってきたらかわす、というのもじらしのテクニック。手で彼の唇を抑えたら、今度は女性の方から頬に頬をつけてみたり、耳にキスをしてみたりキスを誘うような行動を。そこで彼が再度キスを迫ってきたら、今度は軽いキスで唇を離します。

キスをなかなかさせてくれない彼女に夢中になって、キスをしようとするでしょう。あまりじらしすぎると怒らせてしまうこともあるので、盛り上がりのタイミングを誤らないようにしましょうね。

突然のキス

全然そんな雰囲気じゃなかったのに、彼がこちらを向いた途端にキス。不意にキスをされると男性もドキドキしてしまいます。また、社内恋愛の人は会社で誰も来ない場所でキス、というのは盛り上がりますね。でも、誰にも見られたくないのなら、それは十分注意して行いましょうね。

キスの最中にささやく

キスをしている間にも彼の耳に唇を近づけてささやきましょう。「好き」「好き?」など彼が答える前に唇を唇でふさいでしまいましょう。吐息をかけながらささやくのがいいですよ。

時には強引に

いつも彼から強引にキスをされているなら、時にはこちらから強引に唇を奪いましょう。驚きながらも燃え上がるかも。でも唇を切らない程度にしておきましょうね。

口臭予防を心がけましょう

気になるのは口臭。息や口が臭いと彼に嫌われてしまいます。キスの前はニンニクなどのニオイのきつい物は食べないように。また普段の歯磨きや歯石の除去など口の中のケアをしっかりしましょう。

ガムなどを常時持っているといいですね。胃は悪いと口臭がひどくなると言われています。ストレスをためない生活をするのも必要ですよ。

唇のケアはしっかりと

唇がガサガサでは彼の気持ちよさも半減してしまいます。見た目も美しくないですしね。普段から唇を乾燥させないように、保湿ケアをしっかりとしましょう。

なめたり、皮をむいたりしてはいけませんよ。リップクリームや専用のクリームでしっかり保湿。プルンプルンのやわらかい魅力的な唇で、いつ彼にキスを迫られても大丈夫なようにケアをしておきましょう。

キスの最中に他のことを考えない

キスは愛情を確認する大事なことでもあります。おざなりなキスをされたら、寂しくなってしまいますよね。男性だって同じです。キスをしている最中に他のことを考えたり、集中していないと気持ちも冷めてしまうもの。キスは愛情を込めて、行いましょう。

この記事をシェアする

関連記事