• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

踊らされているのは日本だけ!「モンドセレクション金賞受賞」の実態

Date:2013.11.26

shutterstock_258710444

食料品のCMなどでよく目にする「モンドセレクション○年連続金賞受賞!」などのフレーズ。最近はどれもこれも金賞受賞とアピール合戦になっています。同じような商品なら受賞している商品の方がなんとなく良さそうに見えてしまいますよね。

実際にモンドセレクション受賞の文字をパッケージに入れると、売り上げが倍以上になるのだとか。でも、そもそもモンドセレクションってどんな賞なのかを知っている人はとても少ないのが現状です。モンドセレクション金賞受賞ってそんなにすごい事なのでしょうか?

モンドセレクションは世界的にはほとんど知られていない

モンドセレクションというのはベルギーにある民間団体で、食料品を中心に独自の基準で製品の評価を行っています。

その評価方法はあまりハッキリとは公表されていませんが、専門家や評論家によって「味」や「衛生」や「パッケージの表示の成分に正確か」や「原材料」などの項目で審査されていると言われています。

モンドセレクションを受賞した商品の企業などは「モンドセレクションは食品の権威ある賞だ!」なんて言い方をしますが、実際は1000ユーロ程度のお金を払って商品がモンドセレクションの基準を満たしているかどうかを評価してもらうというもの。

絶対評価で商品が得た点数によって認定を与えているので、優秀品質最高金賞・優秀品質金賞・優秀品質銀賞・優秀品質銅賞などと呼ばれていますが実際は順位を争って勝ち取ったというものではありません。

つまり、金賞をとったとしても同じジャンルの商品で1位になったというわけではなく、同じジャンルで同じく金賞をとっている商品が他にもたくさんあるということです。

企業のアピール効果で日本ではかなりの知名度を誇るモンドセレクションですが、世界的にはほぼ無名の賞。モンドセレクションの表示に踊らされているのは、「海外の賞を受賞」というフレーズに弱い日本人だけと言えるかもしれません。

出品すればほぼ受賞できるモンドセレクション

日本でだけ知名度が急上昇中のモンドセレクションですが、それにともなって日本の企業からの出品も急上昇。モンドセレクションに出品される商品の半分以上が日本企業からのものだと言われています。更に、日本企業から出品された商品の8割以上が入賞するのだそう。

日本はもともと基準がある程度しっかりとしており、更に評価を受けようと思うような商品ですから当然の結果かもしれません。

ところで、評価方法がハッキリと公表されていない上に、どんな人が「専門家」「評論家」として評価をしているのかもいまいち分からない謎だらけのモンドセレクション。特に「味」なんてどんな人が試食しているかによって評価も大きく変わってくるはずですよね。

日本の食品評論家の中にもモンドセレクションの基準に疑問を唱える人がいるようです。表示を過信するのは禁物かもしれません。

この記事をシェアする

関連記事