• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚前に見抜かないと重大なことになる。モラハラ夫の見抜き方

Date:2012.05.17

モラルハラスメント…今や離婚理由の上位に位置します。それは言葉と態度の暴力、妻のことを下僕のように扱い、その人格を否定する夫です。

日本人男性の27人に1人とも言われるこのモラハラ夫、結婚する前に必ず見抜いてください。後悔先に立たず…です。

モラルハラスメントとは

耳にする機会も多いこの言葉。モラルハラスメントとは、「精神的暴力」です。相手を肉体的に傷つけない代わりに、精神的に打ちのめし、再起不能にまで落とし込むことがあります。

加害者の特徴としては、ナルシズム(自己愛)が強く、自分が他人を傷つけていることを一向に意に介さない、責任を他人に押し付ける、自分がうまくいかないことで誰かに怒りの矛先を向ける、他人を破壊することで、満足を得る…と夫にしたら最悪なタイプ。

外面にだまされないで

しかし、しかし、困ったことに、このモラハラタイプはその特異性がなかなか外にでません。むしろ対外的には、「しっかりした人」「できる人」「エリート」などと見られています。

なので被害者は、「もしかして私が間違っているの?」と自分を責める結果になり、より一層ストレスが溜まります。

このモラハラ、つきあっている時には気づかずに、結婚後に妻に向かって吐き出される場合が多いのです。

こんなモラハラと結婚して人生を棒にふることのないように、結婚前にぜひ、チェックしておきたい、彼のモラハラ度。以下の項目に思い当たったら、その結婚、もう一度考え直してください。

彼のパパはどんな人?

残念ながら一般的に「モラハラの連鎖」は実証されています。つまり彼パパがモラハラ夫ならば、彼もモラハラになる確率が高いのです。彼の家族をしっかり観察しましょう。

彼パパが彼ママに「何やっても遅いな」「何やってるんだ?」「俺が決める」「お前は…」などと暴言を吐いたり、妻の行動に舌打ちをしたりしたら要チェック。その結婚は考え直した方がいいです。

彼の言葉から

なかなか婚前は表にでない「モラハラ」ですが、行き過ぎた言葉をちらっと言ってしまうことがあります。

例えば「俺の時間をムダにして」「もっと価値があることができる」「もっと学習しろ」と裏づけのない自信過剰な発言があったり、(あなたを)「お前、君」と呼ぶことがある、などは要チェックです。この場合も、その結婚は考え直した方がいいです。

彼の行動から

モラハラ夫の代表的な行動として、出かける時に、自分は自分だけの用意をさっさとして、玄関で靴まではいて、家のことをやる妻をせかす。同じく車でイライラしながらクラクションを鳴らす…などと自己中心主義的な行動があげられます。

彼が、例えばエレベーターのボタンを続けざまに何度も押したり、約束の時間に遅れたら執拗に責めたり(自分が遅れた場合は、笑って済ませます)、手紙やプレゼントなどの包装をグチャグチャに破いて開けたりしていたら要チェックです。

こんな時こそ、その結婚は考え直した方がいいです。

実は被害者も選ばれている

モラハラ男はその本能からか、鋭いきゅう覚で、被害者を選び出します。

モラハラ夫の被害に遭いやすい女性の特徴として「秩序を重んじる」「他の人に思いやりが持てる」「几帳面」「責任感が強い」「他の人を喜ばせたいと思う」という、いわゆる「常識的ないい人」があげられます。

モラハラ男は自分にないものを持っている女性に魅かれるそうです。しかし、この理不尽さに泣かないでください。自分がそういう面があるな、と思えば上記を参考に気をつけて相手を観察すればいいのです。

モラハラ夫は肉体的DVと違い、結婚後に相手に非があって離婚したい、と実証が難しいものです。ですから、苦しい人生をおくらないために、どうか婚前に気づいてください。

そして、あなた自身も、もう少しわがままに生きてもいいのですよ。誰かのための一生より、自分のための一生を選べる人になってください。

この記事をシェアする

関連記事