• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

飲み会の最後までいる女子はモテない!その理由5つ

Date:2012.03.20

男子との飲み会で、2次会3次会・・・と最後まで参加しちゃう女子はモテません。断言してみました。反論されたらどうしよう、とドキドキしながら。そんな小心ライターです、こんにちは。

確かに! ラストまでいることによって、「お持ち帰り」をされるチャンスは増えるでしょう。にゃむにゃむをするチャンスも増えることでしょう。で!す!が!それは決して「モテ」ではないのです。悲しいことに。

むしろ処理対象。ぶっちゃけちゃったら、ティッシュと同類よ?!

「モテ」とはすなわち、男子に「また会いたい!」「もっと会いたい!」と身もだえさせること。この記事では、飲み会の最後までいる女子がいかにモテないか、理由を5つ挙げます。これを読んで、次の飲み会での参考にしてくださいね。

引き際の悪いオンナは、だらしなく見える

「引き際の美学」。これ、大事ね!とっても。

幼かった頃、友達のお家に遊びに行く時は母親から「お友達のお家の迷惑にならないように、あまり遅くまでお邪魔していちゃダメよ」と『ある程度』の時間で帰るようにと言われましたよね。

そう、女子には「帰るべき時」があるのです。何故ならば。いつまでもずるずると酒席にいつづけて、だらだらとお酒を飲み続ける女子は、男子からは”だらしないオンナ”に見えるから。

よしんば「こいつとは気が合う」と思われたとしても、たどり着く末路は『友達』ポジション。

酔った勢いで肩を組んで、「お前っていいオンナだなー」と言われたとしても、その「いい」は友達として人間として「良い」ということであって、女子として認められたということではないのです。悲しいことに。嗚呼、悲しいことに。

「男友達なら、いっぱいいるんだけど・・・」という女子は、こうした罠にハマっていることが多いようです。飲み会での引き際を潔くして、「女子であること」をアピールしましょうね。

「賞味期限」のないオンナに、男子は興味を抱かない

「期間限定」って、ワナですよね~。お土産とかも、「ここでしか手に入らない!」って思うと、特別なものじゃなくても欲しくなっちゃったり。

でも、「いつでも手に入る」ものだったら? 絶対必要!という理由でもないかぎり、「また今度でいっかー」と流れに任せてしまったりしませんか??

女子にとっても「今しか手に入らない」感は、必要!絶対に必要! もうすぐ帰っちゃうという、今しかない「賞味期限」がチラつくことで、女子としての価値もぐんとUP!ですよ。

「もっといたい」という気持ちが湧かなくなる

とある歌手も歌っていましたね。会~え~ない時間が愛を育てるのである~♪と。(歌詞はビミョーに替えてあります)

飲み会の最後まで一緒にいて、初恋から元カレの話しまでを暴露してしまっては、もう男子も飽き飽きです。お腹いっぱい。これ以上「もっと一緒にいたい」「この子を知りたい」なんて思えなくなってしまいます。

ケーキやお菓子だって、そうですよね?! ちょこっと食べるから美味しいし、「もっと食べたい!」って思える。でもバイキングでがっつりもりもりと食べてしまうと、「しばらくはいいや~」って遠ざかってしまうものです。

「もっと一緒にいたいのに」という気持ちを盛り上げさせるためには、全てをさらけだすのではなく、小出しに小出しに・・・・が鉄則ですよ。

そもそもメイクや髪がぼろぼろよ

飲み会前にせっかく綺麗にセットした髪もメイクも、お酒飲んでーおつまみ食べてー次のお店どこに行くー?移動して(二次会)ーまた移動して(三次会)ーときゃっきゃしてる間に、見た目に変化が表れます。

変化というか・・・・むしろ「劣化」。髪型はくずれ、ビューラーであげたまつ毛は下がり、小鼻周りのファンデはヨレて、毛穴が開きまくりで、目の下にはマスカラとアイシャドウの粉が散ってパンダ顔に!

さらにさらに、居酒屋のしょっぱいメニューを食べながら飲みまくったせいで、顔はむくんで指先までパンパン。最終的にはタバコの匂いがしみついて、ヤニ臭いオンナの出来上がり。なんてことも!

こうした現象に、身に覚えのある女子も多いのでは? これじゃー美人度も女子度も半減です。始まるはずの恋も、始まらなくなってしまいますよね。

男子とは、恋に妄想を抱く生き物

携帯の出現によって、今やいつでもどこでも恋しい人とつながる時代になりました。

「電話」と言ったら家の黒電話(あのめっちゃ重いやつね!)しかなくて、電話の内容を家族に聞かれたくないからと、テレカ(テレホンカードの略称)を握りしめて近所の公衆電話まで走ったのは、遠い昔のことです・・・・しんみり。

今になって振り返ってみると、あの頃の方が「あの人は今何をしてるんだろう?」って思う気持ちが強かったように思いませんか?いやー、ただたんに若くて純情だったってハナシもありますが。

あの頃とは違って、昨今は「何してるんだろー?」って思ったら、メールで「何してるー?」って聞けばオッケーですもんね。

だけど、その「なにしてるんだろう?」って考える時間が大切なのですよ! 男子には、妄想をさせねば!!何故ならば、男子とは恋に妄想を抱く生き物なのですから。

全部をひけらかさないことで男子に妄想をする余地をあたえ、「あとちょっと一緒にいたかったのに」という満たされなかった気持ちと、逢えない時間が妄想に拍車をかけて、恋心を育む結果へとつながるのです。

だから、飲み会のラストまでいては絶対にダメ。潔い引き際で余韻を残して、男子の恋心をかきたてましょうね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント