• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

真実?それとも都市伝説?こんな女はモテない!

Date:2013.08.20

世の中に蔓延る噂話。真相はどうであれ、「モテる」「モテない」に関する噂話だと、どうしても気になってしまうもの。はたして真実なのか、都市伝説なのか。気になる、けど信じたくない噂をご紹介いたします。

その1:ボーダーを着る女はモテない

これは昨年出版までされた、嘘のようなホントの話。ボーダーはよほどのオシャレさんでない限りどうしてもカジュアルな印象になってしまい、女の子らしさに欠けるとか。

サバっとしたフランクな女子が好む傾向にあり、男子からも「親しみやすい」という好感は得られるものの、「守ってあげたい」という気持ちを抱かせるのは難しいようです。

ボーダーを着るならスカートと合わせるとか、カジュアルながらも女性らしさは失われないよう、ちょっとした工夫が必要かもしれませんね。

その2:靴に3万以上かける女はモテない

ルブタンやジミーチュウなど、可愛い靴は大抵高いもの。そこまで一流ブランドではないにしても、季節が変わるごとについつい靴を衝動買いしてしまう女子って多いのではないでしょうか。

だって「とびきりいい靴を履くと、その靴がいいところへと連れて行ってくれる」って某漫画でも言っていたし。

どんなにヘアスタイルから洋服までが完璧でも、靴が汚かったりダサかったりしたら、全部が台無しに見えてしまうことだってありますよね。

しかしこれって、あくまでも女性側の価値観です。悲しいことに、男性は女性の履いている靴にはなんの興味もありません。せいぜい「歩きづらそう」とか「そんなヒール履かれたら俺の方が身長低くなるじゃん」とかしか思っていません。

そのため、そんなところにお金をかける女は男性からしたら「お金がかかる女」という評価になってしまうのです。間違っても靴の値段なんて、得意気に公言したりしないように!

その3:酒を飲んでも赤くならない女はモテない

「お酒を飲むとすぐ顔が赤くなってしまう女子がモテる」と思っていませんか?「それなのに私は、ちっとも顔に出ないから損だ」とか自分に言い訳していませんか?

お酒を飲んですぐ赤くなる女子が可愛いともてはやされるのなんて、所詮20代前半まで。言い訳する前に、飲み会での自分の行動を顧みてみましょう。赤くならないことをいいことに、飲みすぎたりしていませんか?

いい年した大人の女性にとって、お酒を飲みすぎていいことなんて一つもありません。飲めば飲むほど、その場は盛り上がるかもしれません。でもそれだけ。それによって得ることの出来るポジションって、「彼女」ではなく「酒豪の面白い女」というポジションです。

心ゆくまでお酒を飲むのは女子会だけにして(宅飲みならなお良し)、男性のいる飲みの席では飲んだふりを心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事