• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

モテ男を虜にしよう!縛りつけず許す女は最後に選ばれる!

Date:2014.01.09

モテ男は、特定の女性を作らずに数人の女性と同時進行で付き合うことが普通と考えているために、出会って関係を持つとすぐに別れるなんてこともあるそうです。

しかし、中には一度ではなく二度も三度も会い続け、自然な流れで交際に発展して結婚することもあるそうです。モテ男を虜にする女性とは一体どんな人でしょうか。

今回は、モテ男を縛りつけず寛容な心で向き合って、結婚へ辿りついた女性たちの恋愛ストーリーをご紹介します。これを読めば、あなたが気になっているモテ男を虜に出来るかも?!

とことんいい女を演じたIさんの場合

モテ男と仕事を通して出会った会社員Iさん(28歳)は、当初友達の一人と割り切って彼と会っていたそうです。それがいつの間にか本気になってしまい、Iさんはいい女を演じようと心に決めたそうです。

「彼と出会った時に、既に複数の女性の影がありました。真面目な男性がタイプでしたし、仕事の付き合いがある人と恋愛になっても面倒なので、彼とは友達として付き合おうと思っていたんです。私を口説くことはなかったので、多分彼も同じ気持ちだったとも思います。

でもあることがきっかけで彼を男性と意識するようになったんです。それは二人で飲んだ時のことでした。疲れが溜まっていたせいか気分が悪くなってしまって、朝起きたら彼とホテルに居たんです。

ホテルに居たことにびっくりしましたけど、それ以上にびっくりしたのが私はベッドで彼はソファーで寝ていたことです。男女の関係になってもおかしくないのに・・・。

テーブルには薬やスポーツドリンクなどが散らばっていて、その日は会社を休んで二日酔いの私を気遣ってくれました。イケメンの彼にそんなことされたら、もうね、駄目ですよ。彼のことを好きになってしまいました。

それからは、彼に女性として見てもらえるように、彼の周りの女性たちの中で一番になれるようにと色々努力しました。何をして欲しいかということを常に考えて行動して、都合のいい女的なことも沢山しました。

連絡されるとうざくなるからそういう女性はNG、俺を一番に考えない女性はNGとか、友達だからこそ聞ける話しは沢山あったので、聞いたら即実行していました。

そしたら月1回会うだけの関係から週1回、週3回と徐々に増えていって気付いた時には男女の関係になって、それからは同棲から結婚へとあっという間でした。

女性遊びが好きな彼ですが、私と関係を持ったのは同棲を始める少し前で、それまでは友達以上恋人未満という関係だったように思います。

関係をもってすぐに『付き合おう』と言われたわけじゃないんですけど、友達の頃から『関係を持った女性とはすぐに別れる』って聞いていたので、私と関係を持っても連絡をくれるということは付き合っているのかなと勝手に考えて、いい女のまま傍に居続けました。

それが実を結んだんでしょうかね。今は、彼とマイホーム探しを楽しんでいる所で、資料請求や現地見学会で大忙しですからね、彼は浮気とかしている暇はないと思いますよ」

待ち続ける女性を演じたHさんの場合

モテ男と付き合っていた美容師のHさん(29歳)は、今は専業主婦をして幸せな毎日を送っているそうです。

「彼とは前に勤めていたお店で出会いました。まだアシスタントだった私は、彼のシャンプー担当として月に数回会っていました。

シャンプーやブローの間に彼と話していたんですけど、話しがすごく面白くて元気が出てきて、普通のお客さんとは違う印象を持っていました。そしたら、ある日の閉店間際に彼が来て『飲みに行かない?』って誘われたんです。

お客さんとの交際を制限するようなお店じゃなかったので、店長に押し出されてそのまま飲みへ行きました。そしたら、二人きりのせいか口説きがすごくて・・・最終的には『今日から俺の彼女な』って言われて付き合うことになったんです。

気になっていた彼からの告白というか交際宣言は、すごく嬉しかったんですけど、苦労の始まりの日でした・・・。

彼は、アパレル関係の仕事で休日は不規則でしたけど、週に3回くらいは会えたんですが、だんだん会える日が減少して、おかしいなと思って彼が席を外した時に彼の携帯を見たら女性の履歴でいっぱい。

お店のお客さんと思おうとしましたけど、メンズ担当なのであり得ない。真実を聞きたかったんですけど、追及されるのが嫌い人なんでここはしばらく様子を見ようと思ったんです。

それからしばらくして『長期休暇がとれたから旅行する』と言われて、てっきり一緒に行くのかなと思って『私は難しいかもしれないけど、3日くらいならなんとかなるかな』って言ったら『一人で行くから来なくていい』って。

絶対おかしいと思ったんですけど、追及しちゃだめですから『わかった、気をつけてね』と送り出しました。旅行から戻ってもしばらく連絡はなかったんですけど、私はじっと待ちました。

連絡が来て会ったのは旅行から2カ月位経った頃で、もはや恋人とは思えない状態でしたけど彼は前のまま何も変わらずで、普通でした。

そんなことが何度かあってもひたすら連絡を待っていたら、ある時に『こんな風に俺を信じて待っていてくれる女性とは会ったことが無い。結婚しよう』って言われたんです。もちろん不安はありましたけど、結局戻る場所は私のことしかないと確信したのでOKしました。

不安になる時間もないくらいすぐに妊娠して、今は彼と二人目を検討中です。彼は結婚後も不審な行動をすることはありますけど、これだけ待って来たんでもう慣れていますからね、いつかは戻るでしょうという感じで待っていますよ」

モテ女を演じたYさんの場合

派遣社員のYさん(31歳)は、派遣先で出会った会社員の男性に一目惚れしたそうです。しかし、彼は社内でモテ男として人気が高く、付き合うことは諦めていたそうです。

「派遣先でいいなと思う人は結構いたんですけど、告白なんて出来ないので派遣期間が終わると同時に恋心にも終止符を打っていたんです。

そしたら『今日で終わりって聞いたんだけど、今度飲みに行こうよ。これ連絡先』とプライベートの連絡先が書かれた紙を渡されたんです。あまりに突然だったので『お世話になりました』と言うのがやっとでした。

翌日からは別の派遣先が決まっていたので、連絡をしたのはそれから1週間くらい経ってからでしょうか。すぐにデートというか食事をしたんですけど、モテ男って感じで女性の扱いが上手なんですよね。

一緒に居れば居るほど魅かれてしまう不思議な魅力があって、どうすれば彼の彼女になれるんだろうかと考えて、思いついたんです。モテ女になれば彼も気にしてくれるかなって。

だって、彼の周りには彼を誉めたたえるような女性たちばかりで、彼が主導権を握っていますからね、ここで優位になるには同じことをしても意味が無いなと思って。その日から演じるための努力をしました。

男性にモテる仕草や話題など片っ端から勉強して、男性の影もちらつかせる話をしてみたんです。そしたら何度目かのデートの時に『俺さ、Yさんみたいにモテる女性と付き合ったことないからデートの時に毎回緊張するんだよ』って言われたんです。

彼は完全に私がモテると思い込んでいるので最後の一手としてこう言ったんです。『今ちょうどお付き合いしている男性が途切れた所なんですけど、良かったら付き合いませんか?』って。そしたら『お願いします』って言われたんですよ。

モテ男からお願いされるなんてことなかったので、嬉しかったんですけど気持ちを抑えて『いいですよ』って微笑みましたよ。

付き合って間もなく、彼と私の間に子供が出来て結婚しましたけど、彼は今も私がモテると思っているので子供共々大事にしてもらっています」

モテ男を虜にするならプランが必要?!

ご紹介した女性たちにはある共通点があります。それはきちんとプランを立てていたことです。モテ男を虜にしたい場合は、その男性の性格などを分析して最も効果的なアピール方法を考えることが必要なのかもしれません。

交際へ発展しそうにないモテ男と付き合っている方は、冷静に彼の性格や好きな女性のタイプなどを分析してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事