• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

モテる人に共通のポイントは「共感力」にあった!

Date:2013.09.28

異性にモテたいと思うのは普通の欲求だと思います。モテないよりはモテたい、くらいに思っている人もいるかもしれませんし、モテることを頑張っている人もいると思います。では「モテる人」とはどんな人なのでしょうか?

周りを見てみると、容姿がいい人はもちろんモテると思います。しかし、特別美人ではないのに「なぜかモテる人」っていますよね?一体なにが「モテる」要素なのでしょうか?

「モテる」=一緒にいたいと思わせること

外見をのぞいた「モテる」要素とは「一緒にいたい」「付き合いたい」と思わせることだと思います。では何が「この人と付き合いたい」と思わせるのか。それは気持ちを共感することです。

「自分のことを分かってくれない人」より「自分のことを分かってくれる人」の方が一緒にいたいもの。つまり、容姿に関係なくモテる人は「共感力」が強い人なのではないでしょうか。「共感力」が強い」とは「聞き上手である」とも言い換えることが出来ます。

モテるのは話し上手より、聞き上手

モテたいと思った時、あるいは気になる人と接近したいと思った時に、「どんな話をして盛り上げよう」「うまい話を彼を喜ばせよう」と話す方を頑張る人がいると思いますが、それよりも「聞いて盛り上げる」「もっと話を引き出してあげるには」と考える方が、共感する瞬間を得られると思います。

恋に消極的な人こそチャンス?

話に共感する一番簡単な方法は相槌を打つことです。上手な返しやツッコミが出来なくても頷きながら話を聞いたり、「それで?」と続きを求めることは簡単だと思います。なので、話すのが上手じゃないと自分で感じているような人ほど、聞き上手になれるチャンスです。

秘密を共有したり、相談を受けたりすると親密になれるのは共感する瞬間やポイントが多いからです。

そのタイミングや言い方が絶妙にうまい人がモテるという訳です。いきなり上手にはなれないので、恋やトークに自信がない人はしっかり相槌を打つところから始めてみてはどうでしょうか?

特定の人と仲良くなるには共通の趣味や話題が必要になりますので、不特定の人に「モテたい」、あるいは「職場など、全体の人と仲良くなりたい」と思っている人は「共感すること」を意識して話してみることをオススメします。

この記事をシェアする

関連記事