• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

わがままを可愛いにチェンジ!愛されわがままの特徴とは?

Date:2018.04.13

女性のわがままと聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?
マイナスなイメージを思い浮かべる人が多いと思います。

「わがまま = 嫌われる」

そんな方程式がでてきませんか?一言に「わがまま」といっても、色々なタイプがあります。嫌われると思っていたわがままが、彼に愛され可愛くなるわがままもあるんです。

意外と男性は、彼女にわがままを言ってもらえると嬉しいものですが、喜ばれるか嫌われかは様々な要素が左右します。

これは人間の心理に関係しています。一体彼のどのような心理をくすぐればマイナスイメージのわがままを可愛く思ってもらえるのでしょうか。

男心を理解して、彼の心を揺さぶることができる素敵な女性を目指しましょう。早速、これを読んであなたも愛されわがままをマスター!


「彼だけへの特別」で自尊心を満たしてキュン心をゲット!

わがままを言われると面倒臭いと思う男性がほとんどです。そんな面倒臭いわがままを、可愛いわがままに変えることができるのです。

もちろんそれには方法があるのですが、どんなわがままだと可愛いと感じて思えると思いますか?

まず大事なことは、相手の男性に、「自分にだけ特別なんだ」と感じてもらう事が大切です。

自分にだけ!と特別感を味わってもらうのです。 しかもそれが彼からみて「こんなわがままだったら可愛いな」と思って聞いてもらえたら愛情が深まりますね。

さっそく、例をあげてみましょう。

「◯◯くんと一緒じゃないと楽しくない!」

ただ、自分がしたい事や行きたいところを「◯◯したい!」「◯◯行きたい」と言うだけでは、ただの自己中心的なわがままになります。

彼とだからしたい・行きたいという感情を強調して伝える事を意識してください。あなたと一緒じゃないと…なんて言われると彼からしたら表には出さないものの内心はとても喜んでいるはずです。

「俺と一緒だから楽しめるのか」と彼女にとって自分の存在は必要不可欠だと感じられます。 彼女の行動の中に自分の必要性を感じられたら、彼は喜んでわがままを叶えてくれるでしょう。

「こんなことお願いするのは◯◯くんだけだよ?」

ちょっと上目遣いで可愛く言ってみて。

大好きな彼女に「自分にだけ」のわがままを言われたら、それはわがままではなく可愛い彼女のお願いになります。さらに愛らしさが増しますね。

ここで大事なのは、相手の名前を入れて「あななだけにだよ」「あなただからだよ」ということをしっかりと伝えることです。

その意図が彼に伝われば、嫌な気分にはなりません。こんなわがままなら可愛い!と思ってくれるでしょう。

まずは、彼に特別を感じてもらえるわがままで今まで以上に愛されましょう。

やっぱり彼女に頼られたい!可愛く頼って男心をくすぐろう

男性は女性に常に頼られると「いい加減自立しろよ」と思い嫌になりますが、やっぱり多少は女性に頼ってもらえる方が嬉しいものです。

彼女に頼られるというのは男性の自信に繋がります。そうすると男性のモチベーションが上がり、女性に対しても仕事に対してもプラスに働きます。

男性が頼られていると感じて、可愛いと思ってもらうわがままにはポイントがあるのですが、それは、男性の特徴や得意ジャンルをおさえる事です。

彼女自身でもできることだと、彼からすると「自分でできるでしょ」と思い拒否をされる可能性が高いです。

しかし、その男性の特徴を生かせる頼み事を何気なくさらっと言うと快く聞いてくれます。

「棚の上に手が届かないから取ってもらえないかな?」

例えば、身長の高い彼氏には、自分の手が届かない物をとってもらうのに、困った表情でお願いすれば笑顔で取ってくれるでしょう。

身長が低く手が届かない彼女を見て、微笑ましくなり快く聞いてくれます。

ただし、自分で少し動けば取れる物や身近な物を「それとって~」というのは避けてくださいね。

「◯◯くん、これ持ってもらえないかな〜?」

肉体を鍛えている彼氏には、その筋肉を活かせるお願いをしてみましょう。例えば、一緒に買い物をして荷物が重く耐えられない時に可愛く言ってみてると…。

口では「しょうがないな〜」と言いながらも内心「頼られてるな」「可愛いなこいつ」と思い荷物を持ってくれますよ。

ただし、自分のバッグを持ってほしがったり、毎回同じ事を言うのはNGです。頻度が高いと不快に思われたり、逆に怒らせてしまうことになるので気をつけてくださいね。

そして、わがままを言ったら、必ず「ありがとう!」と心をこめて笑顔でお礼の気持ちを伝えましょう。

せっかく、わがままを聞いてもらっても当たり前のような顔でいると彼はせっかくしてあげたのにとがっかりして聞いてくれなくなります。

しっかりと相手を観察・理解して頼られている事を感じてもらえるわがままを見つけましょう。

ここまで、内容について書きましたが愛されわがままの特徴として内容以外にもポイントがあります。

命令口調はNG!可愛い口調でおねだりするようにお願いしよう

愛されるわがままとはあくまで、男性を不快にさせないように可愛いと思ってもらうことです。

「〜やってよ」
「◯◯じゃなきゃやだ!」
「私がしたいんだから」

などと命令口調やツンツンした口調で言うと男性は、

「面倒臭いな」
「うざいな」
「なんで俺が」

と感じます。

マイナスな感情を抱かれると、ただ単に可愛くないわがままな上、自己中な女性に見えるようになっていきます。

また、遅い時間や仕事で疲れてしまっているのに
「今すぐ会いに来て」
などと強い口調で言われると、男性からすると恐怖心を抱いてしまいます。

柔らかく、命令口調にならないような優しいトーンで話すことを意識してみてくださいね。

女性らしい柔らかい雰囲気で言い方と表情をマスター!

お願いするように…と何度か言いましたが、大事なキーワードは口調と表情です。

わがまま言う時って自分では気づいていないことが多いですがついつい怒り口調だったり、命令口調になりがちなんです。

そんな言い方をされると今まで可愛い彼女だったはずが、違う人に見えてきてちょっとした事でも聞く耳を持たなくなります。

言葉のチョイスと表情で彼が感じとる気持ちは大きく変わるのです。

怒った顔でトゲのある言葉を使うのではなくて、相手の心にスッと入っていく言葉遣いと相手の気持ちが揺さぶられるような笑顔や困惑顏などの表情をマスターしましょう!

さらに、大事なのはわがままを言うタイミングをしっかり見極めることです。

誰にでも気持ちに余裕がある時とない時がありますね。男性は特に仕事に左右されやすいです。 そのため、仕事が忙しく気持ちに余裕がなさそうな時は避けましょう。

彼の気持ちや表情に余裕があることを見極めて愛されるわがままを言うようにしてくださいね!!

また、あまりに非現実的な事だと、男性からすると面倒臭いわがままになります。現実的な内容で、あくまでお願いするという口調で言うことを忘れずに。

最後に…

何事もやりすぎは禁物です。頻度が高かったり内容によっては、最初は可愛かったのにそのうち嫌がられる…ということもあります。

また、どんな言い方や表情でもわがままはわがまま!という男性もいます。あなたの彼がどんなタイプなのかをしっかりと知るところから始めましょう。

わがままさえも彼から可愛いと思ってもらえたら嬉しいですよね。

時と場合を考え、彼への想いやりを持つことを常に忘れないようにして愛されわがままをマスターしましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント