• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「一度だけのつもりがズルズルと・・・」モテ女のふっ切り術とは?

Date:2014.01.12

皆さんは、酔いや雰囲気に任せて男性と関係を持ったことはありませんか?一度だけのつもりがズルズルと関係が続いていて困ることが多いという方は、関係を続けるつもりがないのであればあらかじめご自身の恋愛スタイルを確立させておくことをお勧めします。

「面倒な関係になるのは相手じゃなく自分に問題があるんです」と語るのはモテ女Iさん。今回は、Iさん流の関係を継続させずにさっぱりふっ切る方法を教えてもらいましょう。

旅行や数年後の話など二人の将来を話題にしない

学生時代から男性との付き合いが絶えることなく続いているというIさん(IT関係・29歳)は、職場の同僚や男友達などから告白されることが多く、特定の男性は絞らずに多くの男性と広く浅い付き合いをしているそうです。

そんな彼女に深入りせずに男性と付き合う方法を聞いてみましょう。

「私の場合は、関係を持つ男性とはあまり将来の話をしないようにしています。基本的にその場の雰囲気で関係を持つ男性とは長い付き合いをするつもりはないのですが、稀に何度か続いてしまうこともあります。

そうなると相手は私に『今度○○へ旅行しよう』とか『妻と別れたら同棲しようよ』など将来のことを口にするようになるので、私はそういう話題が出たら一切口を開きません。

安易に二人の将来を語ることで、彼の中での妄想が現実味を増してしまうので、関係を終わらせにくくなるからです。

『もう会わない』と言った時に『二人の将来についても語り合ったじゃないか!』と責められた時、『私じゃなくあなた一人で言っていたことでしょ』と言えばサヨナラも簡単ですから、交際を続けるつもりが無い男性とは将来の話しを絶対に口に出しません」

アドレス交換しても電話番号は教えない

見知らぬ男性と関係を持つことはあまりないというIさんは、男女の関係になる前もその後も電話番号は教えないと決めているそうです。

「電話番号を教えちゃうと一度の関係では済まなくなるので、職場の人の一部と女友達にしか電話番号は教えないようにしています。以前は、全て教えていたのですが、私が関係を持った男性って連絡魔が多かったので、何度も携帯を解約して新規契約をしました。

面倒な関係を避けるためには、相手にはメールアドレスしか教えません。会う約束をするならメールで十分だし、電話嫌いだからと言えばそれで納得してもらえます。特に一度きりの関係で終わらせたい時にはメールで別れを告げる方が簡単です。

電話だとあれこれと相手の言い分を聞かなくちゃいけなくなるので、深入りしたくない人や私に執着しそうな人には電話番号を教えないように心がけています」

真剣な付き合いが苦手なことを告げる

一度きりの関係からズルズルと続いてしまうと相手の男性は、交際していると勘違いして結婚を迫ってくることもあるようなので、Iさんは事前に自分の恋愛スタイルを告げているそうです。

「一度きりの関係と口約束しただけじゃ納得しない男性も居るんです。酔った勢いとかその場のノリと話しても『俺は本気だから付き合って欲しい』と交際を迫る男性も居て、仕方無く何度かデートをしてしまうこともありました。

結婚や将来のことはまだ真剣に考えていないので、デート中にカップルの将来設計みたいな話をされても全然楽しく無くて苦痛でした。

なので、そういうことにならないように出会った男性には『真剣な付き合いは苦手だから割り切った感じで良かったら遊んでね』と話しておきます。

あらかじめ話しておくことで関係を持ってから付きまとわれることもありませんし、実際に真剣になられたとしても私は無理な人ですって断ることが出来ますから。ズルズル関係が続いても割り切りとお互いに納得している状態なので面倒なことにもなりません。

いつか真剣に付き合いたくなった時にも同じように『真剣にお付き合いしてくれる人としかデートしません』って話すと思いますが、現状に満足しているのでそれはまだまだ先でしょうね」

相手の話しを聞いても自分のことは口にしない

割り切った関係で終わらない場合は、相手のことを良き理解者と思い込んでいることが多いと語るIさんは、関係が続かないように自分のことはあえて口にしないそうです。

「彼女や奥さんが居る人は、私を相談相手として色んな話をしてくれることが多いんです。

こちらとしてはただ相槌を打っているだけなのに、良き理解者と勘違いしてしまうこともあって、割り切りと約束しても『俺のことをわかってくれるのはIしかいない!』と付きまとわれることもあります。

だから、私自身は絶対に自分のことを話さず、付きまとわれた時には『私はあなたの話しをただ聞いていただけで、自分のことは何も話していません。あなたは私が理解者だと思っているみたいだけど私にとってはただの人です。

その証拠にあなたは私のことを何も知らないでしょ?』と言ってサヨナラします。誕生日も好きな食べ物も何もかも話していませんから、それ以上何も言われず関係は絶ち切れます」

本気になりそうな男性とは関係を持たない?!

広く浅い付き合いをしているIさんは、相手にのめりこまないように自分自身の中で「これだけは守ろう」と決めていることがあるそうです。

「深入りして傷つきそうな男性とは関係を持たないことにしています。例えば、女遊びが派手なタイプの男性や女性に慣れている男性です。一人の人に夢中になると嫉妬や束縛など自分の心を制御出来なくなるので、自分がハマりそうな男性は避けます。

割り切って関係を持ったつもりでも心が納得していないとそのままズルズルと続いてしまうことになりかねませんから。

自分の好きなタイプの男性の場合には近づかないことが一番だと思うので、潔く別れられそうにない人にはメールが来ても返さずに拒否設定してしまいます」

Iさんのように割り切った交際しかしたくない場合は、あらかじめ色んな準備や決意をした上で男性と付き合うほうがお互いに面倒な事に巻き込まれることがないようなので、興味があるという方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事