• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

嫉妬をやめたい!元カノを意識しないほうが良い理由5選

Date:2015.12.28

couple

好きな男性と両想いになって付き合うことになった時、気になることと言えば元カノではないでしょうか。

今も連絡を取っているのか、どんな別れ方をしたのかなど気になってしまい、あれこれ質問して嫉妬してしまうこともあるのではないでしょうか。元カノ話はどれだけ聞いても得をすることはないのです。

今回は、彼氏の元カノを意識しないほうが良い理由を5つご紹介しましょう。

意識することは仕方ない?!ほとんどの女性が彼氏の女関係を気にしている!

リクルートグループのサイトであるキキララ☆ゼクシィにて全国のゼクシィユーザー362名を対象に恋愛について調査(2015年5月)したところ、こんな結果が出ました。

20代から30代の女性に対して元カノ話を彼氏や夫から聞くことがあるかという質問に対して、なんと55%の女性が聞いたことがあると回答したのです。

約半数以上の女性が元カノについて彼氏に聞いたことあると答え、聞かれた男性のほとんどが聞けば話してくれるということがわかったのです。中には、彼氏のほうから元カノ話をすると答えた女性11%いました。

基本的には、彼氏から元カノの話をするのではなく、彼女が聞くから話すという男性が多いようです。

自分の好きな男性が過去にどんな女性と付き合っていたのかを気にしてしまうことは自然なことかもしれませんが、過去にこだわっても二人の関係が良くなるわけではありません。

では、どうして元カノを意識しないほうが良いのでしょうか。具体的な理由を次の項目で詳しくご紹介しましょう。

元カノを意識することは時間の無駄!彼氏と自分のことだけを考えよう

大好きな彼氏がこれまでどんな女性とどんな付き合いをしてきたのか、とても気になることでしょう。しかし、好奇心や不安を解消するために聞くことで知らなくてよかったことまでわかってしまい、嫉妬してしまうかもしれません。

ここでは、元カノを意識しないほうが良い理由について5つご紹介しましょう。

理由1 彼氏と自分だけの世界ではなくなるから

付き合うということは、彼氏とあなただけの世界を広げていくということですが、元カノが入ってしまうとふたりの世界が変化してしまいます。彼氏から話を聞いて元カノへの意識を強くしてしまうと3人の世界になってしまうのです

例えば、元カノがイタリアン好きと聞いてしまうと、彼氏とふたりでパスタを食べているはずなのに、あなたの脳裏には元カノの存在がちらつくでしょう。

元カノが好きな歌手や芸能人を聞いてしまうと、彼氏とふたりでドラマや映画、音楽番組を観ているはずなのに、元カノが好きだった人が出ることで、またしても元カノの存在がちらついてしまうでしょう。

何をするにも元カノの影がいちいち気になるようになると、3人の世界で恋愛を進行することになってしまいます。元カノを意識したくない、意識することは止めようと思っても、質問を続ける限りは情報が増えるだけ負のスパイラルにハマります。

気になる→質問する→気になる→質問する→元カノへ嫉妬していく→元カノのことを考えないようにする→これでまでの情報が膨らんでいく→元カノと彼氏と自分の3人の世界になってしまう。

元カノに関する情報が増える分だけ意識せざるを得なくなってしまうのです。

自分が気になることを耳にした時、聞いたことを忘れるということはとても難しいものです。元カノのことは意識しないほうが彼氏とあなたのふたりだけの恋愛を楽しめますから、どんなに気になっても元カノに関する話は聞かないほうが良いでしょう。

理由2 知らない部分が無くなることで気持ちが冷めるから

何でも話してしまう男性よりも秘密がありそうな男性のほうが魅力的に感じることはありませんか?ミステリアスな部分あることが魅力をアップさせるのですが、これはドイツの心理学者クルト・レヴィン博士が提唱するツァイガルニク効果によって起こります。

ツァイガルニク効果とは、人は達成できた事柄よりも未達成の事柄に対して強い印象を持つという効果です。

例えば、未完成のサグラダファミリアや若くしてこの世を去った芸能人などが記憶に残りやすく、人を惹きつけることはこのツァイガルニク効果と言われています。

この効果は、恋愛にとっても当てはまります。元カノのことを意識するあまり、関係について全て聞いてしまうと、彼氏の見えない部分(過去の恋愛など)が明確にわかってしまって冷めてしまうことがあるのです。

大好きな彼氏のことは全て知りたいと思うかもしれませんが、元カノとの付き合い方について何もかも知り尽くしてしまうと彼氏について知らない部分が無くなってしまい、ミステリアスな彼氏には見えなくなってしまいます。

元カノを意識してあれこれ知ることで恋愛に対する気持ちが一度冷めてしまうと元に戻すことは難しいでしょう。彼氏に対する興味や関心が減ってしまい、別れに繋がることもありますので元カノのことは意識せず話も聞かないほうが良いでしょう。

理由3 彼氏が元カノを思い出してしまうから

別れを乗り越えて新しい恋人と出逢うと、過去の恋愛のことはすっかり忘れて新しい恋人との恋愛を楽しむことができます。

未練や後悔なども断ち切り、過去と決別している状態ですが、彼氏の元カノを意識して色々な話を聞き出そうとすれば、あなたは嫉妬をするでしょうし、彼氏は元カノのことを思い出して未練や後悔の気持ちを抱きやすくなります

元カノを意識して頻繁に思い出を語らせるうちに、彼氏は今の恋人であるあなたと元カノを比べることも増えるかもしれません。元カノのことを彼氏が振った場合には、彼氏の一言で復縁と言うことも有り得ます。

「ずっと待っているからね」と別れ際に元カノが彼氏に言っている場合には、あなたと別れても痛手は無く元のさやへ戻ることができるでしょうから、別れの決断も早いかもしれません。

あなたが元カノを意識して口に出すほど、彼氏も同じように元カノのことを思い出して意識することに繋がりますので、元カノのことは考えずふたりの関係を大切にすることをお勧めします。

理由4 自分より優れていると自信を失うから

彼氏の元カノが自分よりも何か劣っている部分がある場合には、元カノのことを聞いても特に嫉妬することは無いかもしれませんが、優れている場合には自信を失う可能性があります。

例えば、以下のような場合には自信喪失の引き金になるかもしれません。

  • 元カノは長身、美人でモデルをしている
  • 元カノは賢くて医師をしている
  • 元カノはセレブで裕福な暮らしをしている
  • 元カノは帰国子女で語学力が抜群

上記のことが必ずしも自信喪失に繋がるわけではありませんが、学歴や収入、容姿など何かしらコンプレックスを抱えて居る方の場合には、元カノを意識し過ぎて自分と彼氏が釣り合わないのではないかと不安になることもあるでしょう。

どこか優れている元カノの場合には、意識すればするほど自分に引け目を感じることになりますので、元カノについては彼氏が語らない限り無理に聞かないほうが賢明ではないでしょうか。

理由5 元カノの話題を聞きたくなくても聞かされるようになるから

元カノを意識して彼氏から色々な話を聞き出していると、彼氏は元カノの話題がタブーではないと思ってこちらが聞いていないのに自ら話すようになる可能性があります。

元カノのことを思い出しながら楽しそうに話す彼氏の顔を見たいという方は、なかなか居ないのではないでしょうか。それが元カノの失態や悪口などに関する内容であっても、笑顔で思い出に浸る彼氏の顔は見たくないでしょう。

話題に上がる頻度が高くなると、そのうちに以下のような間違い事件が起こる可能性もあります。

  • 元カノとあなたの名前を呼び間違える
  • 元カノとあなたの食の好みを間違える
  • 元カノとあなたの誕生日を間違える

以上のような不快な思いをすることが増えるかもしれませんし、元カノを意識して探り過ぎると、彼氏は「俺の元カノの話が気になるのかな。じゃあ、全部話してあげよう」と勘違いさせてしまうことにもなりかねません

元カノの話を日常的に聞きたくない場合には、最初から元カノを意識せずに聞かないことが得策ですから、彼氏の口から元カノ話が出ないように意識せず付き合うことをお勧めします。

元カノ話は聞くだけ意識してしまう!嫉妬したくないなら知らないままで!

彼氏がこれまでどんな恋愛をしてきたのか、どんな彼女と付き合ってきたのか、過去の恋愛は気になるものですが聞いても得をすることはありません

元カノのことを聞いたら聞いた分だけ嫉妬してしまう可能性がありますので、何も知らずに付き合うことをお勧めします。

ご紹介したように一度聞いてしまうと元カノについてあれこれ考えを巡らせてしまい、すぐに忘れることもできずズルズル引きずって彼氏との楽しい付き合いに支障が出てしまうかもしれません。

また、彼氏が元カノについてあなたに話すうちに比べる、好きだった時の気持ちを思い出すなど、興味を優先させた結果円満な恋人関係にヒビが入ってしまうことも有り得ますので、元カノには興味を示さないことに徹したほうが良いでしょう。

あなたと彼氏のふたりだけの世界を楽しむためには、後ろを振り返る時間はとても無駄と言えるのではないでしょうか。彼氏からの元カノ話を聞かず、自分自身の元彼話も語らずという姿勢で居れば、過去の恋愛に振り回される心配はありません。

恋人同士の恋愛は、過去ではなく目の前に居る相手と未来へ向けて築いていくものですから、前向きな気持ちで希望溢れる付き合い方を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント