• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

復縁を後悔しやすい理由。「別れた原因は改善するか」がポイント

Date:2018.04.05

この記事のタイトルとURLをコピーする
復縁を後悔しやすい理由。「別れた原因は改善するか」がポイント|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/motokarefukuen67225/

別れた相手とヨリを戻す、復縁。好きなのに恋人と別れた人にとって、復縁するのはとても嬉しいことです。

1度別れたものの再び恋人に戻ったので「今度は別れないようにしよう」と考えますよね。しかし、復縁しても後悔する人の方が多いとされています。復縁は後悔しやすく、復縁後またすぐに別れるカップルも少なくありません。

なぜせっかく復縁できたのに、後悔してしまうのでしょうか。

復縁を後悔する理由や、どんな人が復縁を後悔しやすいのかご紹介するので、確認してみましょう。復縁を考えている人は、後悔しない恋愛をするためにもチェックしてみてください。


悪い部分が改善していないのに復縁すると、後悔しやすい

復縁する時には、

  • 悪い所は直すから、ヨリを戻そう
  • 今度からちゃんと返信する
  • 絶対に束縛しない

このように相手から宣言され、了承してヨリを戻すカップルがほとんどでしょう。

しかしいざ付き合い始めても、別れた原因である相手の悪い点が改善されないことがあります。「悪い所は直す」と言われたはずなのに何も変わっていなければ、復縁をOKした人は後悔しやすくなります。

別れた理由である行動や言動を変えようとする兆しが見えなければ、

  • やっぱりOKしなければ良かった
  • 彼から「ヨリを戻そう」と言ったのに

などのように、復縁を後悔します。

悪い点が改善していないうちは、復縁を避けた方が良いでしょう。

別れた原因が改善されずにいると、ケンカが増える

別れた理由が相手にある場合、復縁しても悪い部分が改善されなければケンカの原因にもなります。

例えば、忙しくて会えないことが原因で別れたとしましょう。彼から「会う時間を作る」と言われて復縁したにも関わらず、特に会う時間を作ろうとしなければ、不信感が募ってしまいます。

現状が変わらないままならケンカの原因になり、再び別れる可能性も高くなります。

また、復縁直後は悪い点が改善されたように見えても、時間が経つと悪い点が見え隠れする場合もあります。

「もう無駄遣いしない」と言われ復縁直後は改善したように思えても、しばらく経つと部屋に物が増えていれば、「やっぱり前と変わっていない」と感じますよね。

悪い点を改善しないとケンカしやすく、

  • 「直すって言ったのに全然直っていない」
  • 「何も変わっていない」

上記のように、復縁したことで以前よりもケンカが増える場合もあります。ケンカが繰り返されると復縁を後悔し、また別れを決意することになりかねません。

一度は別れた相手。嫌な面が気になり、目に付きやすい

別れた原因はカップルによってさまざまですが、どちらかに嫌な部分があって別れるケースは多々あります。

  • ガサツ
  • 嫉妬深い
  • 浮気した

上記は一例ですが、相手のこのような部分が原因で別れた場合、復縁するとどうしても嫌な部分が目に付きます。

彼の嫌な面が気になると、

  • こういう所が嫌いで別れたんだった
  • 彼のこんな部分が直らないから別れたのに…

このように後悔し、復縁したことで余計に嫌な面が気になってしまいます。

一度別れた相手に対し、嫌な面はそう簡単には忘れられません。復縁すると良い思い出を振り返ることもありますが、嫌な面が脳裏に焼き付くと、後悔につながりやすくなります。

嫌な面が不安の種になり、後悔につながりやすい

ヨリが戻ると、彼と再び一緒に過ごすことができて嬉しく思い、喜びも大きいはず。

しかし一度は別れた相手なので、過去の悪い部分を思い出すことも少なくありません。相手が何も悪いことをしていなくても、

  • 他の女性に言い寄られたら、また浮気するんだろうな
  • 今は良い関係だけど、また別れるのかな

このような不安が尽きません。

別れるぐらいの原因が相手にあるなら、復縁できてもその原因が頭から離れず、かえって辛くなることもあります。ヨリが戻っても過去を引きずって辛い思いが溜まり、「前よりも今の方が辛い」と後悔しやすくなります。

価値観の違いで別れた場合、復縁しても長続きしにくい

価値観の違いが原因で別れるカップルも多くいます。違う考え方の相手と一緒に過ごすのが苦痛になるため、別れに至ります。

自分と価値観が完全に同じ人はそうそういませんが、

  • 話しても分かり合えない
  • 考えを押し付けてくる

上記のような状態の人と復縁しても、別れる可能性はとても高いと言えます。

価値観を相手に合わせるのは難しく、短期間でこれまでの価値観を変えるのは容易ではありません。特に譲れないことがあって相手に自分の意見を強要する人とは、復縁しても長続きしにくいでしょう。

価値観の違いが原因で別れたにも関わらず、

  • 考えが違っても、理解するように努力する
  • 自分の意見を押し付けず、価値観を合わせるようにする

このような理由で元彼が復縁を迫ってきたら、後悔しやすいため注意が必要です。

女性側も同様に「価値観が違うから別れたけど、やっぱり元彼が好きだから復縁したい」と考えても、復縁するのはおすすめしません。価値観が違う相手と復縁して一緒に過ごしても居心地が悪く、後悔するのも時間の問題です。

相手の気持ちに押し切られて復縁しても、後悔するだけ!

復縁は、基本的にどちらかがヨリを戻したいことを伝えます。中には、さほど復縁したくないのに相手に押し切られて復縁する人もいます。片方が相手のことを忘れられず、復縁を強く望むケースです。

しかし押し切られた側は復縁しても好きな気持ちが再燃せず、だんだん2人の間で気持ちに差が生じてきます。

  • ヨリを戻そうと言われて復縁したけど、あまり楽しくない
  • 何となく復縁をOKしたが、もう相手への気持ちは冷めている

押し切られた方は復縁すると、上記のような思いが強くなります。時間が経つほどお互いの気持ちの差が大きくなり、再度別れる可能性が高くなります。

「相手に押し切られたから…」と何となく復縁すると、自分の大切な時間を失い、いずれ復縁したことを後悔します。復縁したくないならきっぱりと断り、復縁する際はお互いの気持ちを確かめ、覚悟を持ってヨリを戻しましょう。

こんな男性とは復縁NG!元彼に「復縁したい」と言われても断って!

復縁を後悔しやすい理由を、ケース別にご紹介しました。

ここからは、復縁しても後悔する可能性が非常に高い元彼のタイプをお伝えします。元彼から復縁を迫られても、安易に了承しない方が良いことがあるので、チェックしておきましょう。

1度目の浮気を許して復縁しても、また浮気される可能性大!

復縁で要注意なのは、浮気が原因で別れた場合です。浮気した彼から

  • もう浮気はしない
  • 今回だけだからヨリを戻して

などと言われて復縁を迫られることもあります。

1度目の浮気なら許し、ヨリを戻す人もいるかもしれません。しかし浮気を繰り返す男性は多く、一旦浮気癖がつくとなかなか直りません。復縁してもまた浮気される可能性が高く、後悔しやすくなります。

復縁する際に「浮気しない」と言われても、二度と浮気しない確率は低いことが大半です。ヨリを戻してもどこかで「また浮気されるのでは…」という不安も拭えませんし、復縁はおすすめできません。

暴力やギャンブルの問題は、ヨリを戻しても解決しにくい

次のような男性と別れたら、「復縁したい」と言われても断った方が良いでしょう。

  • 酒癖が悪い
  • 暴力を振るったことがある
  • ギャンブル好き
  • 借金がある

ヨリを戻すと苦労するのが目に見えており、きっと後悔します。

「別れたけど、やっぱり彼のことが好き」だと思っていても、上記のような特徴がある男性は

  • 生活に支障をきたす
  • 再び暴力を受ける

などの問題が彼女側へ生じる可能性があります。復縁したばかりの頃は「この人といると楽しい」と感じても、借金や暴力は再び浮上しやすい問題です。

復縁を後悔する確率が非常に高いので、元彼から復縁を強く望まれても、きっぱり断ることをおすすめします。

復縁して後悔しやすい女性。相手に依存する人は要注意!

復縁を後悔する可能性が高い元彼のタイプをご紹介しましたが、女性側に問題があることももちろんあります。

どのようなタイプの女性が復縁を後悔しやすいのか見てみましょう。

  • 復縁して別れたことがある人
  • 思い当たる節がある人

上記のような女性は、軽い気持ちで復縁しないように注意が必要です。

彼氏がいないと落ち着かないタイプ。妥協して復縁しても後悔の元

常に彼氏がいないとどこか不安で、「彼氏がいない状態はイヤ」という女性は要注意です。

  • 友達は皆彼氏持ちなのに、自分だけ彼氏がいない
  • 新しい彼氏が見つからない

このように考えてしまう女性は、復縁して「彼氏がいない今よりは良い」という考えに至ることがあります。軽い気持ちで復縁し、「相手のことが好き」というよりも「彼氏がいる自分が好き」という状態です。

妥協して復縁を申し出て、再び元彼と付き合うことになっても、上手くいくことはあまりありません。

自分のことばかり考えていると、また別れにつながります。相手を大切にしなければ、それは自ずと相手にも伝わります。気軽に復縁した自分自身に後悔することもあるので、なぜ別れたのかを今一度考えましょう。

元彼に依存していた人は、復縁して更に依存する可能性が!

彼氏と別れるとこれまで一緒に過ごしていた人が急にいなくなるため、人恋しくなります。元彼に依存し、

  • 寂しい気持ちを埋めるために復縁する
  • 私と別れた後、彼が他の女性と付き合うなんて考えられない

このように考えるタイプの女性は危険です。

精神的に彼に依存していた人は、別れた途端にネガティブな思考に陥る傾向があります。復縁できたら「2度と別れたくない」と考え、彼への束縛が強くなる人もいます。

復縁したことで余計に彼へ依存すると、

  • 気持ちが重い
  • 自分の時間が欲しい
  • うっとうしい

と彼氏が思うようになり、また別れが訪れてしまいます。

別れた後に1人になり寂しくなる気持ちも分かりますが、相手のことを考えずに復縁すると、いずれ後悔します。相手に依存することなく、自分の時間を大切にしたり、趣味を見つけたりし、安易に復縁に頼らないようにしましょう。

安易に復縁すると後悔しやすい!別れた原因をきちんと見直して

彼のことが好きなうちに復縁できれば、「今度は長く付き合いたい」と願うでしょう。せっかくヨリが戻ったのですから、また付き合えたことで、今後に期待してしまいます。

しかし残念ながら、復縁しても上手くいくカップルはあまり多くありません。復縁したことで、相手の悪い点はこれまで以上に気になります。

  • 別れた原因が改善されない
  • 嫌な面が目に付く

相手に上記のような思いを抱けば、「なぜあの時ヨリを戻したんだろう」と復縁を後悔し、また別れてしまいます。

すぐには復縁せずになぜ別れたのか客観的に考え、自分に悪い点があれば改善するなどして、自分自身を見つめる時間にしてみましょう。ヨリを戻す場合には、今一度「別れた原因を改善できるか」考えてみてください。

改善が見られてから復縁するなど、ヨリを戻す前にしっかり2人で話し合うことが大切です。決して安易に復縁せず、別れた原因を見直し、お互いに納得できたらヨリを戻しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
復縁を後悔しやすい理由。「別れた原因は改善するか」がポイント|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/motokarefukuen67225/

この記事をシェアする

関連記事

コメント