• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏が隠れて元カノと繋がってる!嫉妬で怒り狂いそうなときの対処法

Date:2016.12.09

shutterstock_406601746

彼が昔の彼女と連絡をとっているようだ…。今は、SNSなどの普及で、同級生や職場の同僚ともネットの中で繋がる機会が多いかと思います。

懐かしい話に花を咲かせたり、全然知らない人同士が繋がりをきっかけに仲良くなったりして、おもしろい化学反応が起こる反面、男女関係には影を落とす出来事もあります。

それは、現在の彼女も登録しているSNSの中で、彼が昔の彼女と連絡を取り合っている、ということです。

これをハッキリと浮気と言い切ることはできませんが、現在の彼女は気分がいいものではありません。かと言って「今はもう友達だし」と言われてしまっては、成す術なし。

SNS以外でも、実際に彼が元カノと食事しているところを目撃したり、いつも一緒にいる仲間の中に元カノもいる、など。

「今は全然そんなんじゃないよ」と言われても、気持ちは簡単に割り切れませんから嫉妬でいっぱいです。そんな自分を責めてしまうことも。

そんな元カノ絡みの嫉妬で苦しんでいる女性が多い!ということで、今回は彼が昔の彼女と連絡をとっているとわかった時、どうしたら嫉妬しないで済むのか、を考えてみましょう。


1:彼にとっては「みんな俺の女」?今カノと元カノは同じなの?

男って本当にデリカシーないよね!ってみんな口々に言いますが、やはり代表的なのは、現在の彼女を特別扱いしない、という点ですよね。

たくさん女性がいたら、いい男なら「この女性は特別だ!俺の彼女だから!」と言ってくれますが、普通の男はたくさんの女性にモテたいので「みんな平等です。彼女もみんなも同じくらい好きです!」って感じです。

ふざけんな!って感じですが、それが男の本能なのだから仕方がない…。全ての女性に可能性を感じたいので、来る者は拒みませんし、去る者は追います。

けれど、それでは付き合っている意味や、彼氏彼女である意味が全くありませんよね。

彼女には彼女の立場というものがありますが、男性はイマイチそのへんを理解していない人も多いようです。

なので、平気でSNSで元カノをフォローしたり、元カノの記事にコメントしたりもできるのです。頭にきますよね。

元カノもチャンス有りの範囲内!ほぼ確実に狙っているって本当?

では、彼は一体どんな気持ちで元カノと繋がっているのでしょうか。

これは人によっても様々ではありますが、男性の意見を聞くと十中八九「チャンスがあったら狙っている」というもの。

結局下心あるんじゃん!腹立つ!って感じですが、そうでなければ、わざわざ連絡しようと思いませんし、優しくもできません。

少なくとも、「もしかしたらいけるかも」という範囲の中には含まれている、という感じです。でも、表向きは「昔付き合ってたけど、今は友達」。

都合のいい話ですね。

男性にとって元カノは、別れ方にもよるとは思いますが、好き・嫌い以前に、関係さえ持ってしまえば“俺の女”です。

今付き合っている云々ではなく、かつて関係があった女性はみんな“俺の女コレクション”のひとつなのです。

彼女が友達になろうと、人妻になってしまおうと、心の中では「でもアイツ、俺と男女の関係になったもんね」と思っています。

SNSで現在も繋がっていたい、連絡を取りたい、と思っている、そしてそれを実行している、ということは、元カノのことは好き・嫌いという感情は抜きにしても、男女関係に持ち込みたい!とは考えている可能性が高いでしょう。

元カノのことはもう好きじゃない?好きじゃないから狙える相手

よくそう簡単に別れた彼女と「友達だよ」と平気で言えるよね?と思いますが、それは簡単なことです。もう好きじゃないからです。

彼は確かにワンチャンスを狙っているかもしれませんが、本当にもう恋愛感情がないから平気で連絡をとることができるのです。

どういうこと?と思われたことでしょう。

これは、矛盾していると思われるかもしれませんが、男性は恋愛感情と性欲を分けて考えることができます。

つまり、今付き合っている彼女のことは恋愛感情として好きなのです。

好きな相手としたい、と思うことは自然なことですが、男性は好きじゃない相手ともしたい、と考えることがあります。つまり、性欲と愛情は必ずしもイコールではないのです。

元カノはもう好きじゃない、友達だから本音も言える、体の関係を持っても罪悪感がない、って感じです。

恋愛感情を持った相手には、「嫌われたくない!」と思いますが、元カノはもう好きじゃないので「嫌われても構わない」という前提で付き合えるので、気持ちが楽なのです。

付き合っている彼女のことは大事にするけれども、元カノにはアブノーマルな要求をすることも。

つまり、多くの場合は「よりを戻したい」というよりも、単純な下心のみで元カノと連絡をとっている男性が多いようです。

2:ほんとに浮気しない?元カノに連絡する彼の本当の気持ち

どこからどこまでが浮気なのか、という定義が曖昧なのですが、少なくとも元カノは過去に彼と関係を持った女性であることは確か。

肌が触れるとか、キスをするとか、手を繋ぐなんてことは、いくら今カノが嫉妬しても、彼らは何とも思っていないかもしれません。

それが当時の当たり前だったからです。

問題は、そこに恋愛感情があるのか、ということですが、好きじゃなくても手を繋ぐことはできます。これも浮気に数えていたらキリがありません。

肉体的な浮気は、物理的に阻止できるとしても、精神的な浮気はどうなのでしょうか。

元カノと連絡をとったら、また「好きになってしまった!」ということはないのでしょうか。

少なくとも嫌いだったら連絡しない!元カノにはいい思い出がある

大丈夫ですよ、彼は絶対浮気するような男性ではありませんよ。そんな気休めな言葉を言う人がいますが、彼の心の中までのぞける人はいません。

実際、筆者の知人男性も、SNSで再会した元カノに「やりなおそう」とアタックするも惨敗。諦めて今カノと同棲している、なんて人も。

ズルいじゃん!ケジメをつけろや!と、思いますが、このようにたくさん保険をかけておいた上で勝負に出て、ダメだった時の為の生きる道を残しておく人が多いのが現実。

元カノだってバカじゃないでしょうから「俺は今彼女いるけど、浮気しないか?」と言われたら、正直「ハア?ふざけてんの?」と思うでしょう。

そういう意味で、浮気が未遂に終わるパターンも多いのです。

「うちの彼氏は浮気したいとか思わないもん!」と思われる人もいると思います。

そうです。絶対浮気しない人はしないし、絶対浮気する人はします。

ただ、絶対浮気しない彼でも、元カノと連絡をとっている、ということは元カノと付き合っている間にいい思い出を作ったのでしょう。

それを反芻して楽しんでいるのなら、それもまた浮気と捉えられても仕方のないこと。

男女の交際に大事なのは、”現在”という時間の概念です。自分と会っている、目の前にいて会話している。この瞬間が現在ですから、この瞬間だけ自分を見てくれていれば、それは付き合っている、ということです。

自分と会っていない時、完全な彼のプライベートな時間、彼が何をしていて何を考えているのかまで踏み込んで考えていてはいけません。

もう一度好きになることはある?男の恋愛感情はどうなってるの?

女性は以前付き合っていて別れた彼のことを思い出して、もう一度付き合いたいな、と思うことはあるでしょうか。

もちろんそういうこともありますが、男性と比べると少ないように思います。

別れる、ということはそれなりの理由があるから別れるので、嫌いになって別れるというパターンも含めると、元彼とやり直すことは少ないと思います。

まして好きで付き合い始めた新しい彼氏を捨てて、元彼に走るということは、事象としてあることはあるのですが、まれかもしれません。

けれど男性は女性のことが嫌いになって別れたのならともかく、フラレた場合や、うまくいかなくなって別れた場合は、死ぬまで覚えています。

もちろん、久しぶりに再会して以前よりきれいになっていたら、好きになってしまうかもしれません。

ただ、恋愛感情は水もの。

一瞬好きになっても、次の瞬間はまた別の人のことを考える、ということは日常茶飯事。男性は愛をひとつに限定せず、あっちこもこっちも全部好き!と言えるのです。

だから、彼の心が一瞬揺れて恋愛感情が動いたのだとしても、「最後は私のところに着地するんだったらそれでいいわ」という今カノの自信と懐の深さが試されています。

彼が誰のことも見ないように目隠しすることよりも、自分の女度を磨いて、彼が帰ってきたときに「やっぱりお前が一番だ」と言わしめる女性がイイ女です。

3:堂々とSNSで繋がるということ=俺はモテ男!アピール

「俺たち、もう別れたけど、今は友達として仲良くやってます!」という男女は結構いますが、あれは何かメリットがあるのでしょうか。

一見すると、友達=いい関係、という感じですが、どこか「こいつ、俺の元カノ!」「この人私の元彼!」とマーキングしているようにも見えます。

これは、男性にとってまさに動物のマーキングと同じようなもので、元カノとSNS上で繋がるということは、実際に直接会わないにしても「俺の支持者がここにいる!」というアピールです。

つまり、俺はかつて女性と交際していたことがある!、俺のことを好きだと言う女性がたくさんいる!、俺はモテる!=優良な遺伝子を持っていますよ!というアピールに繋がります。

男はどこまでモテたいの?できることなら無限大にモテたい!

恋愛は結構面倒なことも多いので、たくさんの人と交際したいか、と言えば話は別ですが、モテる分にはいくらでもモテたいと男性は考えます。

モテることはウェルカムです。

いくらモテようとしてもできない人がいるように、モテるということはごくひと握りの人しか与えられない称号。

イケメンであるだけで尊い、というのはあながち笑えない話です。

男性の本能は「ひとりでも多くの子孫を残したい」ということにありますから、彼女がいても、結婚して奥さんがいても、すでに子供がいても、ほかの女性にモテたいと思うことは仕方がないことです。

それはSNS上でも同じで、中には結婚していることを隠して登録する人や、別人の写真を使ってモテる気分を味わう人もいるほどです。

元カノと友達アピールをすることもその一貫で、元カノがいた、という証拠を突き出すことによって、自分は生殖能力がありますよ!というアピールになるのです。

また、元カノともフラットに友人として付き合っていけるさっぱりした人間性であることのアピールであることと同時に、「この女はすでに俺のマーキングを受けているぞ」ということでもあります。

つまり、他の男性への牽制の意味もあるのです。まるで殿様が何人も側室を抱えているような感じ。本人に直接そういう意識はなくても、自然と男性的な思考になるとマーキング行為をしてしまっていることがあります。

他の男性を蹴散らし、女性にたくさんモテる。これは男性の性としての目的でもありますし、コントロールできる範囲のものではない、とも言えるでしょう。

元彼とSNSで繋がりたい女は一体何を考えて近づいて来るの?

男女の友情が成立するかどうか、という議論については、正直どこでもまだ結論には至っていない案件ではありますが、これだけは言えます。

人それぞれによって認識は違う、ということです。

男性でも、女性との友情が成立する人がいますし、女性だってそうです。

特に女性の場合、さっぱりした性格の人はSNSで元彼から友達申請がきたら、何も考えずに、ただの数として認証するケースがあるでしょう。

この場合、別に相手が友達だろうが、元彼だろうが、「フォローしてくれって言ってるからフォローしてやった。他意はない」って感じです。

そもそもSNSはネットの世界で、リアルとは区別している人も多いですから、いくら元彼が「別れたけど仲良くしようよ」と一方的にメールを送っても無視している可能性は十分あります。

また、「別れたら基本的には他人だと思っている」という女性もいます。つまり、「俺たち別れたけど友達!」と騒いでいるのは彼だけで、女性は何とも思っていない場合です。

しかし、そういう人がいる一方で、やり直したい気満々で近づく女性もいます。今彼はいるけど、うまくいっていない、という感じかもしれません。

未練がある、というよりは、心に空いた穴を埋めるには元彼くらいがちょうどいい、って感じなのかもしれません。

どういう理由があるにせよ、誰を選ぶかは彼の判断です。元カノがどんなつもりで近づいてきたのか、または彼から元カノに近づいているのか。

状況やその人の考え方によって様々ですが、少なくともそんな二人は、今カノの立場や思いは無視しているから繋がっていられるのだと思います。

4:普通は今カノの気持ちを考えたらそんなことできませんよね?

普通って何?という哲学的な質問に対して、掘り下げて考えると日が暮れるのでしませんが、世の中には普通でないことを平気でやっちゃう人たちがたくさんいます。

奥さんが出かけて、忘れ物をとりに家に戻ったら、旦那さんがいつも自分と寝ているベッドで見知らぬ女性と行為の真っ最中だった…なんて話を聞くと、誰を信用していいかわかりません。

「普通こんなことできないよね!」ということを、してしまうのが人間です。

ですが、不思議なことに、まさに現在普通でないことを行っている人たちは、普通でないことをしている自覚がありません。

「なにやってんの!」と言われてはじめて、「なにやってるんだろう…」と思うのです。だから、SNSで元カノに友達申請を出している彼は「わー!元カノだー!元気かなー!」という軽い気持ちです。

友達として繋がることで、今カノが悲しむなんてちっとも考えていませんし、元カノと会ったりメールしたりすることも、何がいけないことなのかわかりません。

悪気が無ければやってもいい、ということではないのですが、相手の立場になって考えたときに、相手が悲しむような行動は控える、というのが大人です。

自分が良ければそれでいい!ちっとも彼女を大切にしない彼

彼は大切にしているつもりでも、彼女は大切にされている実感がない、ということはたくさんあります。

例えば、彼が嬉しそうに「ドーナツ買ってきたんだ!」と言うので、彼女は自分の分も買ってきてくれたのかと思って待っていると、彼は自分の分しか買っていなくて全部食べちゃった、など。

彼は彼女をそれでも大事にしていると言うし、単純に「買ってきたドーナツを見せたかっただけで、悪気はない」と言います。でも彼女は怒ります。

内緒にしていてこっそり食べるならまだしも、彼は彼女に自分がドーナツを食べているところを見せて、どう思ってほしかったのでしょうか。

また、逆の立場だったらどう思うのでしょうか。

このように、男女のトラブルは二人の認識の違いによって起こるものが多いのですが、する側とされる側という立場の違いによって、出来事に対する受け止め方が全く異なります。

彼がいくら元カノと連絡をとりあっても、それは今カノを困らせる為のものではなく、自分を満足させる行為にほかなりません。

しかも、彼女が泣いても怒っても、なぜそんなに悲しむのか理解できません。

そういう人はいくら説明しても理解できませんし、自分で経験して自分で気が付くしかありません。

そういう男性なんだ、と諦めて付き合い続けるか、もしくは理解してくれる別の男性を探すか。この選択権はあなたにありますから、自由に選択して構いません。

されて嫌なことは経験しないとわからない!パートナーを大切にするということ

誰でも「浮気されたくないなー」と思っていますが、実際に彼女に浮気された経験がある男性は、きっと「もう二度とされたくない」と思って警戒するでしょう。

人にされて嫌なことは、大切な人にはできません。それが常識です。

例えば、自分は相手に水をかけて楽しいのはいいけど、相手からは水はかけられたくない。

自分がされて嫌なことは、きっと相手もされて嫌なはず。でも自分はしたいからする。これは、矛盾しています。

その為、実際に水をかけられて嫌な思いをしたことのある男性は、「ああ、そうだ。きっと相手も水をかけられたらこんなふうに嫌な気分になるだろう」と考えることができます。

相手のことを考える、大切にする、ということは、口では簡単に言えますし、本人がそうしているつもりでいることも簡単です。

しかし、本当に大切にできているか、大切にされている実感があるか、というのは相手にしかわからないことです。

彼がいくら「浮気は悪いことじゃない!お前に迷惑かけてない!お前のことは大切にしている!」と言っても、彼女が「大切にされている実感がない」となれば、それがすべてです。

彼がいくら「元カノとはなんでもない、ただメールしただけだ」と弁解しても、浮気していると疑われる行動をしたことは事実。

あなたがどう思ったか、どう感じたのか、という出来事への感触がすべてなので、実際に浮気したかどうかよりも重要なのは彼の考え方なのです。

5:嫉妬は独占欲から生まれる…彼は誰の所有物でもない!

元カノと今も連絡とってるなんて考えられない!とは言え、嫉妬していても、気分が悪いのは自分です。

彼も元カノもなんとも思っていないので、ひとりだけ悔しい思いをしていることになります。

彼の浮気を完全に阻止する為には、彼を監禁するしかありません。…ですが、そんなことはできませんね、残念ながら。。。

彼が浮気しないように縛り付けたり、見張ったり、携帯電話を見ても、なんの解決にもなりません。

そこはやはり、彼の誠実さを信じるしかありません。

信じると同時に、「どうでもいい!」と突き放すことも大切かもしれません。浮気によって信頼を失うのは彼です。

彼は他人です。自分自身ではないので、コントロールできませんし、所有も独占もできません。

「恋人だもん!他人じゃないもん!」という人もいるかもしれませんが、結婚していませんから他人です。

結婚したって、書面で契約した他人にすぎません。

ひとりの大人の男性なのですから、自己責任の名のもとに、自由に好きなことをしてもいいのです。ただし、もちろんリスクもあります。

彼は誰にものでもない彼自身のもの…彼はどこまで自由なの?

男女で交際することは「あなたは私の彼氏、私はあなたの彼女」ということになりますが、そこには法的拘束力はありません。ただの口約束です。

なので彼は彼女の恋人ではありますが、だからと言って何かに制限ができるか、と言えばNOです。

普段通りの生活を送ることができますし、毎日メールしなきゃいけない、という義務が生じるわけでもありません。

彼は恋人ができたからと言って、何かに拘束されることはなく、あくまで自由に、したいことはできる範囲で好きなようにしてもいいのです。

SNSで元カノと交流しようが、さらに新しい浮気相手を探そうが自由です。それを恋人が阻むことはできません。

彼女ができることは唯一、彼を自分の魅力だけでつなぎとめておくことだけです。

恐怖で支配しようとしたり、物理的に制限を加えたりしても、彼の心は離れていくばかりでしょう。

嫉妬しても何もはじまらない!彼には自由な時間を与えよう

SNSで彼が元カノと繋がっている、または元カノと会っている、メールしているなどで、不安に駆られるとは思います。

しかし、いくら不安に思っても、嫉妬しても、彼が浮気する時はしてしまいますし、元カノとよりを戻したいと思う可能性だって十分あります。

けれど、そんな彼が「やっぱり今の彼女が一番」と思うのは、自由にさせてくれた時です。

不思議なもので、「あれはダメ!これもダメ!」と言われるとやりたくなりますが「どうぞご自由に」と言われると不安になってしまうものです。

その為、彼が浮気しそうになったら「どうぞご自由に」と背中を押して自由な時間を与えることによって、後ろめたさが倍増します。

自由なはずなのに「いいのかな、もしかしてこのまま浮気したら、今カノに嫌われるんじゃないかな」と冷静になることができます。

逆に「絶対浮気しないでよね!」なんて言われると、陰で「あいつ、束縛が酷いんだよな」なんて言いながら、別の女性のところに行ってしまうものです。

SNSやメールでは、本音を言いやすいものですから、彼は「今カノは束縛が酷い」と思えば、そのまま誰かに送信している可能性も。

それが元カノとよりを戻すキッカケになることだってあります。

付き合っていることや、恋人である自覚というのは「自覚持って!」と言っても芽生えるものではありません。

彼女が遠くに行ってしまうような気がした時に不安になって感じるものです。

6:浮気は犯罪ではない…彼の浮気を止めるために今できること

元カノとまさか浮気…!と頭に血が上ってしまう気持ちは理解できます。

許せませんし、悲しいです。でも、浮気は犯罪ではないので、裁くことはできません。

そんな彼の浮気を全力で阻止したい!と思った時、どうしますか?嫉妬に狂ってしまいそうな時、どう対処したらいいのでしょうか。

彼を責めるでもなく、自分を責めるでもなく、柔らか気持ちになって前向きになる為に、今すぐできることがあります。

頭の中をいいイメージでいっぱいにする…スマホ・PCを閉じて

彼が浮気する時、問題は彼にあると思ってしまいがちですが、そうではありません。

美味しい料理が目の前にあっても、それを美味しいと思えなければ意味がないのと同じです。

彼が何をしようと、彼女が今、恋愛以外のことで満たされて幸せな気分であれば、嫉妬などとても些細なことなのです。

今はまだ彼は浮気はしていないのかもしれませんが、まだ浮気をしていない段階で「浮気したらどうしよう!」と焦っている、ということは、食べもしない料理を目の前にして「まずかったらどうしよう!」と悩んでいるようなものです。

美味しい料理を美味しく食べる為に、何ができるのかを考えてみましょう。

  • 夜はしっかり眠り、朝決まった時間に起きて、規則正しい生活をする。
  • 人の悪口が聞こえる場所には行かず、きれいな景色だけを見ていましょう。

ネット上は、汚い言葉が散乱しています。彼が元カノとどうにかなっていないかチェックするのは、とても辛いことです。

そんなことよりも、もっと自分自身の為に時間を使いましょう。

嫉妬に駆られた女は醜いです。誰か別の女に彼を盗られるんじゃないかと思えば、地球上のすべての女性を敵に回します。

彼と会っていない時間も女性として輝いて、いつも楽しくしていれば、彼はあなたから目が離せなくなります。

一旦、スマホやPCなど、ネット環境から離れて、彼とも会わず、自分自身を見つめる時間を作りましょう。ぎゅっと凝り固まった自分の心を、自由に解き放つことが一番、浮気防止効果があります。

7:嫉妬する側から嫉妬させる側になろう!今よりイイ女になる

嫉妬というのは不思議なもので、嫉妬している時点で負けを認めているようなものです。「私はあなたによってダメージを受けました!」という証明みたいなものです。

これではまるで、戦う前から負けを認めているようなもの。女性は正々堂々と戦わなければなりません。嫉妬する側ではなく、嫉妬される側になりましょう。

男性は素直なもので、二人の女性が並べば自然とイイ女を選びます。付き合っているから比べられていないかと言えばそうではなく、付き合っている時でも、常にほかの女性と比べられているのです。

彼の恋人である限り、常に彼には選び続けられなければなりません。誰と並んでも負けない魅力を手に入れることが、自分を奮い立たせ、嫉妬心に打ち勝つ方法です。

本当の敵は、元カノではありません。過去の自分です。

彼の気分に振り回される恋愛はやめよう!自分の魅力で勝負しよう

今日より明日、明日より明後日。過去の自分から良い方向へ変化していくことです。

それは、元カノ以外にも、彼を誘惑する女性すべてに対する嫉妬心をおさめる為に必要な、自分自身への自信でもあります。

彼はなぜ元カノに興味があるのか。どうして私だけを見ていてくれないの?それは、とても自分勝手な束縛です。

彼が見ていたくなる女性であり続けなければ、遅かれ早かれ彼は離れて行く。

そのことに気がつかなければ、彼の気分に振り回されるだけでこの恋は終わってしまうでしょう。

この記事をシェアする

関連記事