• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性らしさを維持するために、ムーンテラピーを実践しよう!

Date:2013.09.29

月の満ち欠けにあわせて暮らす

ムーンテラピー、ムーンサイクルテラピーなどと呼ばれる、月の満ち欠けのリズムに合わせた生活。このムーンテラピーは女性には欠かせない心身のケア方法のひとつです。

月の満ち欠けによって引力が変化し、潮の満ち引きが変わるということは多くの方が知っていることですよね。体の多くの部分を水で構成している人間も、実は月の引力によって日々変化を繰り返している可能性があると言われています。

より女性らしくいることができますし、体の内側から魅力を引き出していくことができるのです。

新月の時期

新月とは、月が満ち始める最初のスタートを表しています。呼び方としてはニュームーンや三日月の時期とも呼ばれます。

  • スポーツを始める
  • 資格の取得
  • 趣味を見つける
  • 生活習慣を正す

日ごろから、始めたい気持ちはあるけれどなかなかきっかけがないということ、あると思います。この新月の時期に思い切って新しいことにチャレンジしてみると良いでしょう。この時期は高揚期であり、行動力や気力が沸き起こります。

新月がスタートする数日前までに始めたいことのプランを練っておきます。準備期間を設けておくことで、スムーズにムーンサイクルに合わせた暮らしを始めることができます。

何かに取り掛かるということだけでなく、精神的な目標を立てるということでも良いでしょう。

  • 気分を上げて前向きになる
  • 人のうわさや陰口をやめる
  • 失恋を忘れ、新しい出会いを探す

自分の暮らしを変化させるという意味では、このような目標も新月時期に立てると効果的。心機一転するために、月のパワーを借りてみてはどうでしょうか。そしてその効果をより高めるためにおすすめなエッセンシャルオイルをピックアップしてみましょう。

《ブラックペッパー》

心と体をやる気で満ち溢れさせてくれる精油。滋養強壮、食欲増進など体調面にもスタミナを与えてくれるものです。血液、サトルエネルギーの循環を良くするため、体の中から元気になれる効果が期待できます。

《クラリセージ》

交感神経を刺激することで、自律神経をバランスよく整えてくれる精油のひとつ。神経を強化する効果もあり、精神的なバランスも同時に整えられます。新月時期に月経が始まる女性も多いため、このような沈静、抗うつ効果のある精油を取り入れてみてはどうでしょうか。

上弦の月の時期

上弦の月とは、月が満月に向かって満ちていく過程の時期を差しています。この時期は何でも内に溜め込んでしまいやすい時期。エネルギーやプラスとなるエッセンスを溜め込むこともできますが、悪い物も同時に溜めてしまうのが注意点。

ストレスや疲れも溜め込んで我慢してしまいやすいため、無理がたたって体調を崩すことも。この時期はあせらずゆっくりと過ごすのがおすすめ。また、自分の今を見つめなおすための期間でもあると思います。休養をとること、リラックスタイムを設けることを意識しましょう。

上弦の月の時期に効果的なエッセンシャルオイルは以下の通りです。

《サンダルウッド》

自分の内面を見つめ、観察したいときに役立つ精油です。瞑想状態のような感覚で、自分を客観的にみることができると言われています。

うっ滞除去や利尿、リンパの滞りを良くする効果もあるので、体の中に溜め込んだ悪い物も排出しやすくしてくれます。体と心の溜め込んだものを出してくれ、香りも東洋人好みの甘い香りです。

《フランキンセンス》

気持ちを軌道修正するのに最適な精油。新月で張り切った気持ちのまま、上弦の時期まで突っ走ってしまい、疲れも出てくる時期。

途中経過をよく観察し、自分がどういう方向に進みたいのかを再確認することができます。免疫力も刺激され、殺菌・消毒効果もあるので、疲れが病気に悪化しないように予防することにも効果的。

満月

満月には大きなパワーがあるとイメージされている方も多いはず。確かに引力のパワーは一番強い時期ですが、人の心身は不安定になりやすく敏感な時期です。攻撃的になり、イライラしたりする女性は少なくないでしょう。

また、普段から明るく活発な人はよりそのパワーを増幅させます。一方普段からネガティブで静かな人は、いつも以上にパワーダウンしてしまう傾向にあるようです。満月には心を落ち着かせて、沈静するようなオイルを選んでみましょう。

《マンダリン》

攻撃的になったり、イライラして怒りっぽくなる人にはこの精油がおすすめ。周囲の人に優しく、穏やかになりたいときに使う精油と言われています。鎮静、自律神経の安定、抗うつ、抗不安などの効果が高いので、気持ちが落ち込んでいる場合にも有効です。

《ラベンダー》

ラベンダーは言わずと知れた、安定剤のような存在。心も体もすべてを安定させることのできる精油です。最も手に入りやすい精油で、数滴なら原液をそのまま使用できるのが特徴です。

イライラや落ち着きのなさを感じたら、さっと手首や耳の後ろなどに塗ってフレグランスとして使ってみましょう。女性特有のPMS(月経前症候群)にも推奨されている精油です。

下弦の月の時期

満月がだんだん欠けて、新月に戻っていく時期です。この時期は、解毒や洗浄をするのに最適な期間です。デトックスやダイエットをすると効果が見られやすく、それが持続しやすくなります。もちろん、心の中の悪い物を出すということも重要です。

《キャロットシード》

デトックスが必要だと感じるときに使いたい精油。リンパの流れを促し、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。もちろん精神面にも良い効果があり、固定概念を取り払って気分一新できる作用が。

《クラリセージ》

新月の時期に月経が始まる女性は多いです。その前の下弦の月の時期は、ちょうどPMSが起こりやすい時期になります。この時期はクラリセージでホルモンバランスを整えましょう。

クラリセージは、月経痛、月経不順、おりものの異常や膀胱炎などにも効果的。クラリセージに含まれるスクラレオールが女性ホルモンと似た作用を持っていることから、このような効果が期待できます。

この記事をシェアする

関連記事