• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

やめたいと思った時がやめ時!駅でのお金の無駄遣いに後悔する前に!

Date:2014.03.05

生活の中に、金欠につながる意外な落とし穴があることをあなたは知っていますか?駅、そう、普段何気なく利用している駅に、実は金欠につながる落とし穴があったのです。

最近は駅の中にコンビニや、ショッピングモールがあるというのも、めずらしくはなくなってきました。

電車を待つ間、ついつい駅の中にあるお店に入ってしまって、そこで買う気もなかった商品を買ってしまい、気づいたら無駄遣いしてしまった…という経験、誰もが一度はしたことがあると思います。

ではどうしたら「駅での無駄遣い」をしなくて済むのでしょうか。そのためには、まず駅の中にあるお店というものの構造をしっかり理解しなくてはなりません。

駅の中のお店には、「物を買わせる」不思議な力があります。人間の「つい買ってしまう」という衝動を駆り立てる何かがあるのです。ここではその「駅の中のお店」について徹底分析していきたいと思います。

電車の発車時刻というリミットが人を焦らせる

駅の中にあるコンビニ、ショッピングモール。人はどうしてそこに立ち寄ってしまうのでしょうか。

買うつもりもなかったのにふらっと入ったお店で何かしら買ってしまうということ、誰しもが一度は経験したことがあると思います。では、なぜ買ってしまうのでしょうか。

それは電車の発車時刻というタイムリミットがあるからです。普通の街中にあるお店であれば、本当にその商品が必要か必要じゃないか、じっくり考え、吟味する時間の余裕があります。

しかし駅というのはそもそもが電車に乗ることを第一目的として利用するものなわけですから、頭の中には常に「何時何分の電車に乗らなきゃ」という焦りが存在することになるわけです。

駅の中にあるお店に入り、何か商品を手に取るとその瞬間から電車の発車時刻との戦いになるわけです。

その商品が本当に必要かどうかわからないけど、電車が来ちゃう!そうなるともう焦りしかありません。結果あまり必要ではないものまでもレジに持っていってしまうのです。

これが基本的な駅における無駄遣いの構造です。身に覚えはありませんか?あとでレジ袋を覗いて、「これ吟味する時間がもっとあれば買わなかったかもしれないな…」と思ったこと。発車時刻に迫られながらでは冷静な判断はできません。

電車に乗ったら、数十分は暇だから…という焦り

さて発車時刻だけではなく、人が駅で無駄に物を買ってしまうのにはまた別の理由があります。それは電車に乗ってしまったらしばらくは暇になって、手持ち無沙汰になってしまうという焦りから、必要のない雑誌や本を買ってしまうというもの。

これは長い時間電車に揺られなければならない人、都外に住んでいる人であれば経験があると思います。長く乗らなければならない電車の中って本当に退屈。

それを避けるために、電車に慣れている人はカバンに文庫本などを忍ばせておくものです。しかし、この本が落とし穴。最近では本屋が設置されている駅も珍しくはなくなりました。

立ち寄って、最初は時間つぶしのつもりで見ているだけでも発車時刻が近づいてくるとなぜか見つかる「読んでみたい本」。そして買ってしまう。これが続くと財布にもダメージが。

一冊500円の本を10回買ったら5000円。ちょっとした飲み会に出て、おつりが来るくらいの値段です。本当に欲しいと思う本以外、衝動買いは避けるようにしましょう。

たくさんの人が利用する駅だから、売り切れるのは早いと思ってしまう

駅の中にある洋服屋さん、雑貨屋さんに立ち寄ったことはありますか?なぜ人は駅で必要のないものを買ってしまうのか。それにはまたもうひとつの理由があります。

それは駅が多くの人々が利用する施設だから。人が多いということは、その店に入るお客さんも多いということ。

つまりは次にその駅に戻ってきたときにはその商品は売り切れてしまう可能性が高いということです。帰りに寄ったらもう無いかもしれない。そういった思いが利用客を焦らせるわけです。

そしてそのことが購買欲につながっていくわけです。売り切れを心配するあまり焦って買ってしまうなんてことにならないように自制する気持ちも大切です。

それでも、効率的に買い物できる素敵な場所

さて、駅の中にあるお店での無駄遣いについて書いてきましたが忘れてはいけないことがあります。それは駅というのは効率的に買い物ができる素敵な場所であるということ。

わざわざ駅の外に出て遠くのお店に買い物に行く時間が無いとき、帰りがけに何かを買いたいと思う時。そんな時、駅の中にあるお店は強い味方です。

そのことは忘れないように駅の中のお店とのうまい付き合い方をしていけるようにしたいですね。もし購買欲をそそられたらしっかり吟味する。そして無駄に焦らない。これが駅の中での無駄遣いを抑えるポイントです。

この記事をシェアする

関連記事