• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

目指せ!24時間むくみなし!時間帯別むくみの原因と解消法は?

Date:2014.09.04

朝起きたら顔がむくんでいた、仕事が終ったら足がパンパンになっていた…など、むくみは24時間いつでも襲ってきます。しかも、時間帯や環境によってもむくみの原因はそれぞれ違い、予防方法も変わってきます。

“24時間むくまない女”でいるために、時間帯別のむくみをリサーチしてみました。

むくみの“中身”を知ろう

そもそも、いつもよりも膨らんだフェイスラインや、ぱんぱんにむくんでしまった足には、一体何が入っているのでしょうか?

むくみの正体は、健康な状態であれば排出されるべき“水分”や“老廃物”です。なんらかの原因でそれらが体から出られず、溜まってしまうことで、見た目に膨らんで見えるのです。

原因としては、血流の悪化がほとんどですが、むくみがなかなか引かない場合は、内臓機能の異常が疑われるので、酷いむくみが治らない場合は一度病院にかかった方がよさそうです。

朝、昼、晩でむくみ対策をしよう!

では、いよいよ、時間帯別のむくみ対策をチェックしてみましょう。

朝のむくみ

≪原因≫
起き抜けの顔がむくんで、まるで別人…という経験をした女性は多いと思います。体が水平になる睡眠時は、起きている時と比べて体を動かすことが少なく、長時間同じ姿勢でいることになります。すると、血行が悪くなり水分や老廃物がたまりやすくなります。

また、飲み会の翌朝のむくみは、多くの場合アルコールが原因です。アルコールを飲んだ後は体が水分を溜めこんでしまうため、むくみやすくなります。

≪解消法≫
自分に合った枕や寝具を使って、自然に寝返りができる睡眠環境を整えましょう。

また、朝はどうしてもむくみやすいので、メイク前のスキンケア時に血行促進のフェイスマッサージをすると、メイクを終える頃にはむくみもすっきりとしてきます。

血行を良くする為に、朝からテキパキと家事をこなして体を動かすのもおすすめです。

昼のむくみ

≪原因≫
通常、朝のむくみが引きすっきりした状態の日中ですが、環境次第ではむくみ始めることも。
オフィスで午前中からずっと同じ姿勢で作業をしていたり、空調が効きすぎて寒いと感じる状況に長時間いたりすると、血行が悪くなり足からむくんできます。

≪解消法≫
特に仕事中の場合は体を動かすことも自由にはできません。その為、血行を良くするために、体を温めることが大切です。

ランチタイムに、スパイスを使ったメニューを食べたり、味噌汁に七味を入れたりなど、体を内側から温める工夫をしましょう。また、コーヒーなどのカフェインが入る飲み物は体を冷やし、血行を悪くするので、ハーブティーなどのホットドリンクで水分補給を心がけて。

夕~夜のむくみ

≪原因≫
デスクワークや販売などの立ち仕事でも、長時間同じ姿勢でいると、血液などの体内の水分が足にたまってしまい、むくみが目立つ時間です。

一日中歩き回ったと言う人でも足がむくむことがあるのは、筋肉を使い続け疲労したことで、血液の循環が滞るせいです。また、一日の疲れや、忙しい時にはストレスでも、血行は悪くなり、むくみに繋がります。

≪解消法≫
血行不良になっている個所を、マッサージで適度に刺激してあげましょう。オフィスではやりづらいという人は、日中トイレに行くたびに足首を回す、アキレス腱を伸ばすなどのストレッチをしておくと、むくみが酷くなりません。

また、帰宅する際の駅までの道をいつもより早歩きをしたり、階段を使って足を動かしたりするのも効果的です。

NGポイントは“同じ姿勢”“冷え”

むくみのほとんどの原因は、血行不良です。筋肉が正しく動かせていない時、体が冷えている時に、血行は悪くなり、結果老廃物が排出できない状態になります。

自分が人よりむくみやすいという人は、オフィスでもできるだけ動き、寒いと感じたら一枚はおれるような準備をしておきましょう。

女性は特にむくみやすいとは言え、いつでもすっきりとしていたいもの。予防策はどれも簡単に実践できるものなので、ぜひ一日を通してすっきり美人をキープしてください。

この記事をシェアする

関連記事