• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

飲むだけでむくみスッキリになる魔法のドリンクとは?

Date:2013.11.16

水分は体に必要なものですから、水分が足りないと、いろいろな病気になりやすいですし、美肌にもダイエットにもよくないですね。しかし、ただがむしゃらに水を飲んでも、顔がむくんでしまったり、お腹を壊してしまうこともあります。

もちろん、水分だからと、ビールをたくさん飲めば、太るし、プリン体も増えるし、肝臓にも負担がかかります。では、むくみを解消しスッキリになるには、どんなドリンクを飲めばよいのでしょう?

黒豆茶

あまり聞き慣れないかもしれませんが、豆が美容にも健康にもよいことが知られていますね。特に黒豆は、必要な場所に水分を運び、余分な水分を排出する働きがあると言われています。黒豆の種皮には、むくみを軽減させる作用もあるのだそうです。

さらに黒豆茶には、ポリフェノールの一つであるアントシアニンが豊富で、アンチエイジングにも効果的。さらにイソフラボンの作用で美肌や美白効果も。脂肪の吸収も抑えてくれるという、ダイエットにも適したドリンクなのです。

ゴボウ茶

食物繊維が豊富なゴボウ。そのゴボウのお茶ですから、ダイエットには適しているのが分かりますね。ゴボウ茶には、リンやカリウムなどのミネラルが豊富で、利用作用が高いのです。そのためむくみ解消に役立つと言われています。

さらに、ゴボウ茶にはサポニンが豊富に含まれています。サポニンには利用作用の他、油脂を溶かす作用があり、血液中の脂肪やコレステロールを排出する働きもあります。

麦茶

あまり栄養素のなさそうな麦茶ですが、麦茶には血液をサラサラにして、血流をよくする働きがあるのだそうですよ。

夏に定番のドリンク、というイメージがありましたが、今では1年中飲むドリンクになってきている麦茶。麦茶の働きとしてよく知られているのは、体のほてりを鎮めてくれる働きですね。他には、利尿作用や胃腸の働きを整える作用もあるのですよ。

体を冷やしてくれる働きがある麦茶は、お腹の調子が良くないときなどは、温かい麦茶を飲むといいですよ。ホット麦茶も香ばしくて、おいしいです。

プーアール茶

脂肪の吸収を抑えることで、ダイエットティーとしても人気のあるプーアール茶。プーアール茶は利用作用もあり、体内の余分な水分を排出してくれます。それがむくみ解消につながるのですね。

さらに、リンパの流れもよくしてくれるので、デトックス効果も期待でき、老廃物の排出も促してくれます。

フェンネル

ハーブティーの一つであるフェンネル。スパイシーで甘い香りのフェンネルは、ダイエットにもよく利用されるはハーブティーです。

フェンネルには、ビタミンやミネラルのほか、フラボノイド、アネトール、エストラゴールなどの栄養素も含まれています。美肌効果もさることながら、むくみ解消の効果も期待されるドリンクです。

ジンジャーティー

殺菌作用のあるしょうがは、風邪の予防などにも効果的と言われますね。しょうがを使ったジンジャーティーは、発汗作用もあり、代謝を活発にしてくれて、むくみ解消にも効果的と言われるドリンクです。

体を温めるしょうがは、冷え症にも効果的。血流をよくして、代謝を促し、むくみの解消につながります。さらに、ジンジャーティーは胃の調子を整えたり、免疫力を高めてくれます。ストレス解消にもおススメのドリンクです。

よもぎ茶

さまざまな効果・効能があると言われるよもぎ。その効果の一つに、ホルモンのバランスを整え、血液循環をよくするといった働きがあります。その働きのおかげで、リンパの流れもよくなり、血行がよくなるので、むくみの解消や冷え症の改善につながります。

さらに、よもぎに含まれるクロロフィルは、コレステロールの減少を促す作用が。また、クロロフィルの成分の一つである有機ゲルマニウムは、体のすみずみまで酸素を運んでくれるので、体内のそれぞれの働きを向上させ、代謝を促進してくれます。

むくみの解消、ダイエットにも効果的と言われるドリンクです。

むくみを解消する水分補給のポイント

むくみを解消するには、水分の摂取方法にもポイントがあります。

  • 冷たいドリンクより、常温の飲み物やホットドリンクを飲むこと。
  • 一気に大量の水分を摂るのではなく、こまめに水分補給をすること。トイレに1回言ったら、コップ1杯の水分を補給すること。基本的には、起床時、昼食時、おやつの時間、入浴前、入浴後、就寝前に水分補給を。
  • 水分を摂る時には、一息に飲むのではなく、一口ずつゆっくり飲むこと。
  • 寝る前のアルコールや糖分の多いジュースなどは控えること。

以上のポイントに注意しながら、水分補給をしてむくみのない体になりましょう。

この記事をシェアする

関連記事