• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

目指すはマシュマロふっくらバスト。今からでも胸は大きくできる

Date:2014.08.25

男性の好みは、おっぱいの大きな女性。体は痩せていても、胸だけはふっくらしてほしいと言う何とも、わがままな理想を持っているのです。

私は生まれつき貧乳だから、ダイエットしたらおっぱいまで痩せてしまったとあきらめてはいけません。おっぱいは大きくできるのです。そしてただ大きいだけが、魅力的な胸ではありません。

マシュマロのようなふっくらとした形の良いバストを、目指しましょう。それを作る方法を、紹介していきます。

食べ物でバストアップ

食べる物によって、私達の体は作られています。バストアップを助けてくれる食べ物がありますので、それを積極的に食べましょう。

  • 大豆製品
  • 私達の体は、たんぱく質によりできています。胸を大きくしたいなら、たんぱく質を多くとるのがおすすめです。

    肉や魚も貴重なたんぱく源ですが、特にお肉は食べすぎに注意です。脂質が多いので、付いてほしくないところにも肉がついてしまいます。低カロリーでヘルシーな味噌や納豆、豆腐などの大豆製品を、積極的に取りましょう。

    大豆には、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。エストロゲンには、美肌つくりを助けてくれる、胸を大きくしてくれるなど女性らしい美しさを出すために、欠かせない働きをしてくれます。一日のうち、必ず大豆製品を一つ取るように心がけましょう。

  • 野菜
  • 野菜や果物には、ビタミン類が豊富です。ビタミン類には、お肌にハリや潤いを持たせてくれる働きがあります。食べることで、ハリのあるバスト作りに一役買ってくれます。

  • 生の食品を摂る
  • 生の野菜、お刺身には、天然の酵素がたっぷり。酵素は新陳代謝を活性化してくれる効果があることは、有名な話ですね。バストの新陳代謝もよくなりますので、マッサージなどの効果が現れやすくなりますよ。

揺らして集める!

おっぱいは、脂肪により構成されています。盛りあがったマシュマロバストを作るには、その脂肪の流れを中心に持ってくるようにすればいいのです。

そこで、おっぱいを揺らして脂肪の位置を整えましょう。おっぱいを反対側の手で持ち上げて、それを中心部分に向けて揺らします。これを、30回程度繰り返し、反対のおっぱいも、同じ手順で行います。脇から、上から、下からそれぞれ中心に向かって、揺らします。

おすすめは、体の血行が良いときに行うこと。お風呂に入っているときや、入浴中に実践すると血行がよくなりますので、効果が出やすいですよ。

筋肉を鍛える

つんと盛りあがったバストに見せるためには、背筋がまっすぐ伸びていることが重要です。自分の姿勢を、鏡でチェックしてみてください。それでもわからないときは、壁に背中を付けて立ってみます。そのときに、肩が壁にくっつかず、浮いている人は、猫背です。背中が丸まっている人は、バストが小さく見えて損しています。

猫背を治す方法は、肩甲骨を鍛えることです。腕立て伏せや、肩回しをして、筋力をアップしましょう。肩こりの解消にもなりますので、一石二鳥の効果が得られますよ。

補正効果のあるブラをつける

自分のサイズにあった、ブラを身に着けていますか?テレビCMでもおなじみの、寄せて上げるブラを使ってみるのもおすすめです。胸の周りの脂肪を、真ん中に集中して補正する効果がありますので、付けるだけでふっくらバストが手に入ります。

ただし、下着を過信するのは禁物です。それを付けていたからといって、胸がふっくらしてくるとは限りません。下着だけに頼りすぎると、ブラを取った後の自分の胸にがっかりします。ブラの力にだけ頼るのではなく、マッサージと食事を組み合わせて、バストアップを目指します。

胸の大きさは生まれつきではありません。生活習慣や、努力で大きくできます。魅力的なふっくらした胸を自分の力で、手に入れましょう!

この記事をシェアする

関連記事