• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もっと早く知りたかった「胸を大きくする方法」とプエラリアの重要性

Date:2015.06.02

shutterstock_131484164

ノースリーブのワンピースや水着など薄着になると目立つ部分と言えばバストラインですよね。モデルや海外セレブのような、胸の谷間が協調されるワンピースやタンクトップ姿に憧れる方もいるのではないでしょうか。

成長期であればバストサイズが大きくなる可能性もありますが、既にその時期を終えた場合には「もう無理」と諦めているかもしれませんが、バストアップの鍵を知ることで憧れの谷間は夢ではなく現実になることはご存知でしょうか。

その鍵とは、女性ホルモンです。女性ホルモンの分泌を正しく理解することでバストアップ効果を実感できるのです。

女性ホルモンとバストの関係とは?

幼児の頃の胸は、男性も女性も違いが無く意識することもありませんが、私たちのバストは、思春期から変化が起こります。

思春期には、母乳を与える時期に必要な分泌腺が発達するので20代にかけて少しずつ胸が大きくなっていくのです。

成長が早い子供であれば小学校の高学年から変化が起こりますが、成長には個人差があり、女性ホルモンの影響を受けています。

女性ホルモンは大きく分けて、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、8~9歳頃から分泌が始まります。バストの膨らみはこれらのホルモンと大きな関係があり、特にエストロゲンはバストの張りや形成に大きな役割を果たします。

成長時期が過ぎるとホルモンバランスが鍵!

バストは成長によって大きくなっていきますが、その後はバストキープやバストアップのための努力が必要です。

バストアップで意識すべきことは、女性ホルモンの分泌です。女性の体は、ホルモンバランスが乱れると生理不順や不妊、不正出血などを起こしやすくなります。

生殖機能にも影響を与え、そしてバストを小さくすることもあるので、女性ホルモンは軽視できません。女性ホルモンであるエストロゲンは、先程ご紹介した通りバストアップに関係しているので分泌を促すことがポイントです。

つまり、女性ホルモンを増やすことがバストアップに繋がるのですが、実は飲むだけで簡単に増やせるサプリメントがあるのです。

それは、プエラリアです。聞きなれない方もいるかもしれませんが、プエラリアには女性の憧れを叶える成分が詰まっているのです。

では、バストアップ効果が期待できるプエラリアについて詳しくご紹介しましょう。

プエラリアはどんな成分?どんな効能?

shutterstock_121961872 - コピー
プエラリアはマメ科の植物で、山岳地帯や亜熱帯地域に自生しており、赤と白、黒の3種類があります。女性ホルモンに似た成分とは一体どんなものでしょうか。

女性の強い味方であるプエラリアの成分

女性ホルモンに似た働きをすることで有名なイソフラボンは大豆に含まれていますが、同じ植物であるプエラリアにも含まれています。

プエラリアミリフィカの根から得られるエキスで、大豆の40倍のイソフラボン(女性ホルモン様作用)や最強の植物エストロゲン(ミロエステロール)を含み、ホルモンバランスを整え、シワやたるみの改善など多くの効果が期待できます。

プエラリアには、このほかにも2種類の成分が含まれています。

  • ミロエステロール
  • デオキシミロエステロール

プエラリアは、植物性のエストロゲンが詰まった優秀な美容植物なのです。では、プエラリアに含まれている上記の成分には具体的に効果があるのでしょうか。

プエラリアに含まれる成分の効果とは?

プエラリアに含まれているミロエステロールとデオキシミロエスについて詳しくご紹介しましょう。

ホルモンの救世主であるミロエステロール

ミロエステロールは、イソフラボンの1000倍の働きをする成分です。効果的に働きかけることから、女性ホルモン剤であるエストラジオールとほぼ同じ強さを持っています。

ミロエステロールの摂取方法は、粉末のプエラリアからのみ可能なので他の食品からの摂取はできません。

強力な作用があると飲むことに不安があるかもしれませんが、婦人科で処方される低用量ピルの5分の1程度の女性ホルモンなので、安全性は高いと言えるでしょう。

プエラリアによるバストアップ効果が実証される製品の場合は、ミロエステロールがしっかりと含まれていることが前提になりますので購入の際に確認することをお勧めします。

希少成分であるデオキシミロエステロール

デオキシミロエステロールは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ分子量です。エストロゲンは大豆イソフラボンからも摂取できますが、プエラリアに含まれるデオキシミロエステロールを摂取することで強力なバストアップ効果が期待できます。

理由は、デオキシミロエステロールがエストロゲンと似た構造を持っているからです。植物性なので強い作用を発揮しつつも作用は穏やかです。デオキシミロエステロールは、以下の効果も期待できます。

  • 皮下脂肪を増やしてバストアップ
  • 丸みを帯びた体つき
  • 肌に艶を与える

デオキシエステロールは、バストアップに有効な成分であることから、バストアップ関連の美容クリームにも使用されていますので興味がある方は探してみてはいかがでしょうか。

プエラリアの過剰摂取は禁物です

プエラリアを効果的に摂取する方法は、商品のパッケージや説明書に記載されている容量を守って飲むことです。基本的には、水では無くぬるま湯と飲むことで効果が良くなると言われています。

また、1日3粒の場合には一度に飲むか小分けして飲むかのどちらかを選ぶことになります。効果をより実感したい気持ちから用量以上を摂取したくなるかもしれませんが、先程ご紹介した通り強い作用もありますので。

サプリメントの摂取は薬と同様に個人差がありますし、効果を実感したいからと過剰摂取することで体に不具合が出ることもありますので記載されている用量を摂取するように心がけましょう。

知っておいて損は無い!副作用はどんなこと?

プエラリアに限らず、サプリメントはアレルギーがある方や疾患がある方は予め主治医に相談することをお勧めします。特に、女性ホルモンと似た働きをするプエラリアの場合には、婦人科系疾患の治療薬と併用することが望ましくない場合もあります。

特に体に問題が無い方は既定の用量を飲んでも問題ないでしょうが、吐き気やアレルギー反応が出た時には直ちに服用を止めて医師の診断を仰ぎましょう。

バストアップが期待出来る運動やマッサージ方法をご紹介

shutterstock_215161582 - コピー
出産がバストサイズを大きくする機会だからと言ってそのために妊娠する方はなかなか居ないですよね。ご紹介したプエラリアを併用するとお勧めの方法があります。妊娠や出産以外でもバストアップが期待できる運動とマッサージをご紹介します。まずは、運動編をご紹介します。

両手押し合い

バストを大きく、ハリを与える運動です。

  1. 仏壇に向かう時のように両手を合わせて、バストラインに高さを合わせる
  2. バストに意識を集中させながら、肘を張った状態で手と手を押し合うようにくっつける
  3. 10~15秒程度を目安にして1日数回行う

プールウォーキング

バストアップをしたい場合には、ウォーキングやジョギングはNGです。これらの選手にバストが大きい選手が居ないことからバストアップ効果はあまり期待できないからです。お勧めの運動はプールで行うウォーキングです。

  1. 顔を出せる深さのプールに入って両手をバストトップの高さに固定する
  2. バストの真ん中で手を合わせたまま水中を歩く
  3. 深呼吸しながら行うことで有酸素運動になり、ウエストを引き締める効果もある

続いてはマッサージ編です。バストアップ目的の場合には、乳腺を刺激するマッサージが効果的です。

乳腺刺激マッサージ

バストアップ効果を高めたいのであれば、血流が促進されるお風呂上りがお勧めです。以下の方法をお試しください。

  1. 右手を左の脇の下に置く
  2. 次の順番で手を滑らせていきましょう
  3. 左の脇の下→左のバストの下部分→バストの谷間→右のデコルテまで
  4. 反対側も同じように行う
  5. 左の乳房の上に右手を乗せ、左胸の下に左手を置く
  6. 右手は左の脇へ向かって、左手は谷間へ向かって撫でるようにマッサージ
  7. 反対側も同じように行う

急がずにゆっくり、毎日行うことがバストアップへ近づくポイントです。あまり力を入れすぎると刺激が強くなりすぎて効果が出ない場合もありますので、手の滑りを滑らかにするオイルやクリームの使用をお勧めします。

また、妊娠初期の場合には乳腺を刺激するマッサージによって子宮の収縮を招く危険性もありますので、安定期に入ってから行うことをお勧めします。

体を動かさずにバストアップが期待出来る方法をご紹介

shutterstock_224737129 - コピー
運動やマッサージなど体を使わずにバストアップが期待できる方法もありますので、5つご紹介しましょう。

1 食べ物

バストアップは、以下の食べ物や成分を摂取することでも期待できます。

  • バストの形成に欠かせないたんぱく質が含まれている鶏肉
  • 女性ホルモンのエストロゲンの働きを高めるキャベツ
  • 女性ホルモンと似た化学構造を持つ大豆製品
  • 女性ホルモンを活性化させるビタミンEを含むアボガド
  • 筋肉を作る際に欠かせないアミノ酸を含むチーズ

2 姿勢

日頃の姿勢は、バストの大きさを左右するのですが、皆さんは正しい姿勢で過ごしていますか?ここで、簡単なチェック!壁に背中をつけたまま立ちましょう。

  • 体のどこかに痛みを感じませんか?
  • ここに文章を入れる肩や背中が丸くなっていませんか?

どちらか、或はどちらも当てはまる場合には姿勢が悪くなっていることが考えられますので、バストアップのために正しい姿勢に戻しましょう。

正しい姿勢は、3ステップなのでとても簡単です。

  1. 頭の中心が空から引っ張られているようなイメージを持つ
  2. 顎は軽く引いて胸を開く
  3. おへそに軽く力を入れたまま腿を内側へ寄せるような感じで立つ

正しい姿勢を意識すると胸を張り過ぎてしまい、背中や腰に負担をかけることになるので注意しましょう。

正しい姿勢は、バストアップだけではなく内臓の活発化や脂肪燃焼促進などにも効果を発揮しますので、気づいた時だけでも正しい姿勢を意識する生活を送って、少しずつ姿勢を癖づけしてみてはいかがでしょうか。

3 ツボ押し

バストアップ効果があるツボを2か所ご紹介します。

女性ホルモンの分泌を促進するダンチュウ
左右の乳首を結んだ真ん中部分にあるツボで、両手の指を重ねて押すと効果的
乳腺促進に繋がるテンケイ
胸部と乳房の境目にあり、乳首と同じ高さにあるツボで、親指で押すと効果的

4 ブラジャー

家に居る時や寝る時にはブラジャーを外すという方も居るかもしれませんが、バストアップに励むのであればブラジャーは付けたまま過ごすことをお勧めします。なぜなら、ブラジャーを付けて過ごすことには以下のメリットがあるからです。

  • バストアップ効果がある乳腺を適度に刺激する
  • 丸みがあって形が良いバストを作る
  • 背中やお腹に胸の肉が流れることを予防する
  • バストを上向きにする

就寝時には締め付けが気になる方も多いでしょうから、実際に着け心地を試して選ぶことがポイントです。お勧めは、ノンワイヤーで伸縮性のあるブラジャーです。

体に負担がかからないブラジャーを見つけて、バストアップだけではなく理想的な形のバストも手に入れてみてはいかがでしょうか。

5 睡眠

肌のゴールデンタイムは、寝ている間に訪れます。PM11時からAM2時の時間帯と言われていますが、実はバストアップにも効果的な時間なので、できるだけこの時間帯には就寝することがお勧めです。

この時間帯は、成長ホルモンが最も活発化するので女性ホルモンを安定させるためには睡眠が効果的なのです。バストアップは女性ホルモンの分泌と関連があるので、できるだけこの時間帯には寝ていることが大切です。

「でもこの時間帯には眠れない!」という方に朗報です。成長ホルモンは、就寝して2時間後に活発化することから、この時間帯を外しても熟睡することさえできればバストアップ効果が期待できるのです。

ポイントは熟睡することですから、睡眠時間を十分に確保できない場合には安眠できるような枕やマットレスを選んで女性ホルモンの分泌を促しましょう。

日本人と外国人でバストの大きさはなぜ違う?

下着メーカーの調査によると日本人の平均バストサイズはBカップやCカップが多いそうですが、海外ではDカップやEカップなど日本人の平均バストサイズ以上の女性は珍しくありません。

特にアメリカやロシアなどの白人が多い地域では、バストサイズの平均はDカップ以上ということで日本の女性と比べると豊満なバストと言われています。

海外と日本の女性にはバストに対する意識の違いがある!

海外の女性も日本の女性も同じようにバストに対する悩みがありますが、実際には悩みの内容が全く違うのです。海外の女性の悩みの理由は、バストが大きすぎることです。

海外の食事は日本よりも脂質を沢山摂取できることから、脂肪細胞は常に満たされている状態です。脂肪はお腹だけではなくバストにも蓄積されるので、豊満なバストの女性が多くなるために、様々な悩みが出てきます。

  • 肩がこる
  • 胸が重い

バストの大きさは脂肪の量に関係しているので、海外の女性の間では胸を小さくするための手術が主流になっています。一方日本の女性は、脂肪の割合も少ないので小さくなりやすいために、美容外科では様々な処置方法があります。

  • シリコン注入
  • 脂肪移植
  • ヒアルロン酸注入

これらの豊胸手術の場合は、痛みも伴いますがサプリメントでバストアップを行う場合には飲むだけで苦痛や痛みは無いので安心と言えるでしょう。

大きい?小さい?女性の多く悩むバスト問題とは?

shutterstock_185853488 - コピー
ブラジャーをつけ始める思春期に周りの友達と自分の成長を比べて、小さいバストに悩んだ経験はありませんか?大人になってからもモデルや女優と自分のバストラインを比べてため息がこぼれることもあるでしょう。

バストの大きさは女性にとっては悩みの種ではないでしょうか。バストの大きさは脂肪細胞が左右していることをご紹介しましたが、それ以外にもバストの大きさを左右する理由があります。2つご紹介しましょう。

理由1 遺伝問題

遺伝が関連する癖毛やワキガなどと同様にバストにも影響が出ることがあります。ご自身の母親のバストが大きいのに同じように大きくならない場合は、父親側の遺伝的要因を引きついている可能性が高いと言えるでしょう。

理由2 加齢問題

大きくても小さくてもバストは老化によって変化していきます。その変化とは縮小です。バストラインは加齢によって乳腺が萎み、肌のハリも失われる事から小さくなっていくのです。

大きければ多少バストサイズが落ちてしまってもダメージは無いのではないかと思われるかもしれませんが、バストが大きい場合にはサイズダウンだけではなく垂れる可能性もあります。

バストサイズが小さければ垂れることも無く、必要があればパットを利用してサイズアップすることも可能です。また、バストが目立たない服を着ることで年齢の変化にも対応できるでしょう。詳しいファッションを次の項目でご紹介します。

バストが気にならないファッションとは?

shutterstock_243473455 - コピー
バストアップ方法を試してもすぐには効果が出るわけではありません。薬ではないので即効性を求める場合には、ファッションで補うことをお勧めします。片想いの男性と会う時にお勧めのバストの印象を良くするファッションをご紹介しましょう。

バストを隠すファッションは以下の2つです。

1 ふわふわ系のマフラーやストール

まずは、普段通りの服装で出来るバストアップを目立たなくする方法です。バストラインをさりげなく隠すファッションアイテムとして、マフラーやストールをお勧めします。バストを隠すように胸元に両端を垂らすことで目立たなくする効果があります。

最近では寒い季節だけではなく夏でもコットンや綿製のストールを使用することも珍しくありません。首元の日焼け予防にもなりますし、バストを目立たなくする役割も果たしますの。

マフラーやストールは、スカートやパンツなど関係なくどんなファッションにも合いますので、ふわふわ広がる素材を探してみてはいかがでしょうか。

2 ルーズな服

体のラインにフィットする服は、痩せ効果がありますがバストを大きく見せたい時には不向きです。できるだけ体のラインにフィットしないワンピースやチュニックを着てルーズ感を出すことでバストを目立たなくすることができます。

バストにボリュームを出すファッションは以下の2つです。

1 ボリュームを出すフリル

胸元にリボンの飾りやフリルがついていると目線がそこに集中すると考えるかもしれませんが、フリル系の飾りがついている服はバストのボリュームを出したい時に最適です。

全体にボリュームを出すと強調したい部分であるバストラインの印象が薄れるので、リボンやフリルはバストにだけついている服をお勧めします。

2ショート丈ボレロやカーディガン

ショート丈のトップスは、ウエストが強調されることでバストラインにボリュームを出す効果があります。ボレロやカーディガンを羽織ることでバストアップ効果がありますので、綿やGジャン素材のトップスを選んでみてはいかがでしょうか。

出産前と出産後のバストの大きさが変化する理由

バストサイズが小さくても妊娠や出産によって、バストサイズが大きくなることもあります。これは、乳腺の発達によるものです。

妊娠初期はバストサイズにそれほど変化はなく、乳頭の色が変化する、敏感になるなどで、妊娠中期から後期にかけてバストが変化していきます。

出産までの過程で、脂肪が増えることだけではなく乳房も大きくなっていき、出産後は母乳が出ることでパンパンに膨れて人によってはスイカのように大きなサイズへ変化するのです。

人生の中で最大のサイズになる時期が妊娠中から出産後と言われていますので、胸が小さいと感じている方にはとても貴重な時期と言っても過言では無いでしょう。

バストアップは日々の努力が大事!

shutterstock_155769515 - コピー
バストラインは、女性らしさを際立たせる部位の一つですが、なかなか理想的な大きさに導くことは難しい部位でもあります。プエラリアは、ご紹介した通りバストアップ効果が高いので、女性の魅力を倍増させる優秀なサプリメントと言えるでしょう。

サプリメントはあくまでも補助的に摂取するものですが、効果は曖昧なこともあります。プエラリアは、バストアップ効果が高いことから胸の変化を実感すればするほど「飲み続けよう」という意欲も湧くのではないでしょうか。

バストアップだけではなく、理想を手に入れるためには日々の努力が必要です。サプリメントとバストアップが期待できる方法を併用し、豊かなバストを実感してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント