• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

胸を小さくする方法。時間をかけて徐々に小さくするのがポイント!

Date:2017.08.28

胸は大きければ良いというかというとそうではありません。何事もバランスが大事。大きいからこその悩みもありますよね。

小さい人から見たら何を贅沢な!と思うかもしれませんが、大きいことがコンプレックスになることだってあるんです。

着たい服が着られない、胸が目立つと他人の視線が気になるなど、大きいなりの悩みがあるんです。

もう胸の大きさで悩まないように胸を小さくする方法をご紹介します。


胸を小さくするためのマッサージ

まずはマッサージ!毎日続けることで効果が出てきますから、お風呂タイムや寝る前など、毎日の習慣にしてください。

胸の肉を背中に流す

バストアップとは逆のマッサージです。大きくしたい時は背中の肉を集めてきますが、小さくしたい時は逆に、谷間から背中に流すようにしてマッサージします。小さくしたいのですから、寄せないんです。

  1. 右の胸を両手で優しく包み、谷間から背中の方へ肉を流していきます。
  2. 反対側も同様にやってみてください。

ただし、あまり強引にやってしまうとクーパー靭帯という胸を支えている靭帯が切れたり伸びたりして、胸が垂れてしまいます。

形が崩れる原因にもなりますし、胸が大きな人は垂れやすいので、優しく行ってくださいね。

胸の脂肪を燃やしやすくする

胸は肉ではなくて脂肪の塊です。ですから、脂肪を燃焼させれば小さくなるわけです。そのためのマッサージをしてみましょう。

胸を下から手で支え、小刻みに上下に揺らしてマッサージします。1回10秒、3セットやってください。できれば朝晩2回やりましょう。

痩身クリームを塗りながらマッサージ

マッサージをする時に、服の上からでももちろん良いのですが、痩身クリームやスリミングジェルを使うとさらに効果的です。

これらのクリームやジェルには脂肪燃焼効果のある成分が配合されているので、マッサージとの相乗効果が期待できます。

胸を小さくするための運動

胸を大きくするための運動があるなら、小さくするための運動もあるんです。効果があるのは筋トレよりも脂肪燃焼効果のある有酸素運動です。

縄跳びで脂肪を燃やす

脂肪を燃やすには有酸素運動が一番!中でも縄跳びが一番おすすめなんです。

縄跳びをすると、全身の体脂肪を燃やすのはもちろん、胸が上下することで胸の脂肪を燃焼しやすくなるので、サイズダウンさせたい人にはおすすめです。

実際に縄を使って外でやらなくても、家の中で出来る「エア縄跳び」で十分です。

専用の器具もありますし、何か持ち手の代わりになるようなものがあればそれを持って部屋の中でできますよ。

ただし、揺れ過ぎると胸が垂れる原因になりますから、しっかりホールドできるスポーツブラなどをつけて行ってください。

脂肪燃焼といえばウォーキング

器具がなくてもOK。仕事の行き帰り、買い物に行くついでにもできるウォーキングはやりやすい有酸素運動ですね。

もし時間や体力に余裕があるならもちろんジョギングだってかまいません。胸だけでなく、全身の体脂肪を落とすことが出来ますから、ぜひ毎日の習慣にしてください。

有酸素運動の前の筋トレ

胸を小さくするには、筋トレよりも有酸素運動といいましたが、有酸素運動の効果を高めるのが筋トレなんです。

縄跳びなどをする前に少し筋トレをして、筋肉を使って温めておくと脂肪燃焼効果が高まります。

胸を小さくするための筋トレとしておすすめなのが腕立て伏せです。でも、腕立て伏せなんてきつくてできない!とう人のために、壁を使って行う方法をご紹介します。

  1. 壁から少し離れて経って、手を肩幅に開いて壁につきます。
  2. 肘が少し曲がる程度の距離からスタートします。
  3. そのまま腕立て伏せと同じように、腕を曲げたり伸ばしたりを繰り返します。
腕立て伏せは胸が大きくなるというイメージがあるかもしれませんが、筋肉がつくということは脂肪が燃えやすくなるので、そういった意味では筋トレも取り入れていくと、有酸素運動の効果がアップしますよ。

猫背はダメ!美しい姿勢を保つこと

胸が大きいと目立ちたくないという思いもあって、どうしても前かがみになりがちですが、これは実は逆効果。

猫背になると逆に胸が大きく見えてしまいます。それは全体が「丸い」印象になるためで、ぽっちゃりして見えてしまうんですね。

ですから、しっかり胸を張って美しい姿勢を保つ方がスッキリ見えます。姿勢を良くしている方が胸を支える大胸筋の血行もよくなるので、胸が垂れるのを防ぐことにもつながります。

胸を小さくするための食生活

食事でも胸を小さくできるんです。食べる食材に注意しないと、もしかしたらバストアップするものを食べてしまっているかもしれませんよ。

大豆製品を避ける

大豆を使った食材は大豆イソフラボンという栄養素が入っています。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、胸を大きくしてしまうんですね。

ですから、小さくしたいなら

  • 豆腐
  • 豆乳

など、豆腐製品は控えましょう。

アブラナ科の野菜を食べる

アブラナ科といってもよく分からないと思いますが、例を挙げると以下の野菜類です。

  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • 青梗菜
  • 大根
  • 菜の花
  • クレソン
  • 水菜
  • 小松菜

これらの野菜に含まれるインドールは女性ホルモンの分泌を抑制するので、胸を小さくする効果があるといわれています。

インドールは熱に弱いので生で食べるのがおすすめ!出来れば生野菜のサラダで食べましょう。

ただし、アブラナ科でもキャベツは別の栄養素にバストアップ効果があるので、避けた方が良いとされています。

1日3杯以上コーヒーを飲む

スウェーデンのルンド大学のヘレナ・ジャンストーム教授の研究によると、1日3杯以上のコーヒーが胸を小さくすることが分かったのだとか。

300人の女性を対象に調査したところ、1日3杯以上コーヒーを飲む女性は胸のサイズが17%も小さくなるということが分かりました

ただし、コーヒーをがぶ飲みしたからといってすぐに小さくなるわけではないので、継続することが大事です。

飲み過ぎると胃を傷めたり、カフェインの利尿作用によって水分が排出されすぎてしまうということもあるので、1日3杯までにしておいて下さい。

しかも、特定の遺伝子を持っている一部の人にはあまり効果がないということも分かっているので、がんばって続けても効果が出ないこともあります。

胸を小さくする美容整形手術

効果がいつ出るか分からない方法では我慢できないという方は、美容整形という方法もあります。豊胸手術があるのと同じように、小さくする手術もあるんです。

余分な脂肪を除去する手術

余分な脂肪や乳腺を除去しながら、バストの整形もしてくれるので、バランスの良い理想のバストを手に入れられます。手術をしても将来授乳することは可能です。

手術の方法によっては、若干傷跡が残るので、あまり年齢を重ねてからの手術はおすすめできませんが、若いうちなら時間とともに傷跡も目立たなくなっていくでしょう。

胸の大きさを服装でカバーしよう

胸をすぐに小さくすることはなかなか難しいので、マッサージや運動を継続しながら服装で胸が小さく見える工夫をしていきましょう。

胸を小さく見せるブラジャーを使う

胸を小さく見せるには、下着選びも重要です。3/4カップや1/2カップは谷間を作るには適していますが、胸が大きい人がつけると逆効果です。

小さく見せるにはフルカップブラでスッキリ見せるのがコツ。しっかりと胸を包んでくれるブラジャーを選びましょう。

胸元がスッキリしたデザインの洋服

タートルネックや首周りにフリルのある服は胸が大きく見えます。胸元はスッキリしたデザインの服がおすすめ。

かといって谷間が見えるほど開いているものもダメなので、鎖骨が見える程度のスッキリ感がいいでしょう。また、トップスに膨張色を持ってこないように。胸を含めてふっくらして見えます。

淡い色を使いたい時は、ピンクや黄色などではなく、パープルやブルーなどの寒色系を使うと少し引き締まって見えますよ。

ストライプなど細く見える柄

上半身をスッキリ見せるにはストライプが大活躍!縦のラインを強調することで胸が目立たなくなります。

これも淡い色を使うよりはブルーやネイビーなどの寒色系を使った方が細く見えます。

ストールでIラインを作る

柄ではなくて小物使いで胸元をスッキリ見せるコツもあります。それはストールやマフラーを使ってIラインを作ること。

縦のラインが強調されるのと、ストールでカバーされて胸も目立ちません。

胸を小さくするためにやってはいけないこと

胸を小さく見せたいためにやっていたことがもしかしたら逆効果だった?ということはないでしょうか。胸を小さく見せるためには、以下のことに注意してくださいね。

小さなブラジャーで押さえつけるのはダメ

小さなブラジャーで押さえても、胸の肉がしっかりとカップにおさまらないので、逆に大きく見える可能性があります。

また、胸の形とあっていないブラジャーを着けることで、胸の肉が押しつぶされて形が崩れたり、垂れる原因になりますから、胸にとって決していいことではありません。

極端なダイエットはダメ

ただダイエットをしても胸だけが小さくなることはありません。

ダイエットをした時に、手首や足首、ふくらはぎなどもともと脂肪が少ないところは痩せやすいのですが、胸は痩せにくい部分です。

胸が痩せてくるまでダイエットを続けるのももちろん良いのですが、それにはしっかりと計画を立て、時間をかけて行うことが大切です。

くれぐれも、胸の肉を落としたいからといって、極端な食事制限などはしないで下さい。数日食事を我慢したくらいで、胸は小さくなりません。

時間をかけてバストダウンしていこう!

毎日運動する時間がなければ、マッサージと食事を組み合わせてもいいですし、なかなか自炊が出来ない人は胸を小さく見せるブラジャーで何とかするなど、自分に合った方法を見つけてください。

いずれの方法も時間がかかります。胸の靭帯を痛めずに、美乳を保って徐々に小さくしていくためには毎日のケアが大切です。

できればマッサージや運動を少しずつ取り入れながら、時間をかけてバストダウンしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント