• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

胸を小さくしたい女性が増えている、その女性の心理とは?

Date:2013.03.11

胸を小さくしたい女性が増えている、その女性の心理とは?
昔は胸を大きくしたい、胸を大きく見せたいという女性が多かったのですが、最近では胸の大きな女性がわざと小さく見えるようにしているという変わった状況になっています。

胸は女性の魅力の1つ、なのにどうして小さく見せよう、小さくしようとする女性が増えているのでしょうか。

胸が大きくて嬉しいのは男性だけ

昔は女性同士でも、カップ数などが大きい女性の方が羨ましいと思っていたこともあります。今でもそう思っている女性がいるのは事実です。しかし最近では胸が小さい方が羨ましいと思う女性が増えているのも現実です。

「胸が大きい方が魅力的だし色気を感じるから好きだ」と思っているのは男性だけであって、「自分の好きな人が胸の大きな人が好きだから」とか「胸が大きい方が男性が振り向く率が高くなるから」といってしぶしぶ胸を大きく見せるようにしている女性もいるのです。

男性にとって胸が大きいのは魅力的なのでしょうが、女性全員が「胸が大きいから私は魅力的だ」と思っているのではありません。好きな男性のために頑張っている女性も、実際は小さい胸がいいと思っているかもしれません。

胸が大きいと太って見える

洋服を買う時、トップスはバストのサイズで洋服を購入します。バストが大きいとどうしても大きなサイズの洋服を買わなければいけません。実際は痩せているのにバストサイズで買うだけで「太ってるのかな?」と思われるのも女性としては嫌なのです。

そして洋服の着こなしです。どうしても胸が強調されてTシャツなどを着ても胸元が伸びた感じになったり、胸の部分だけピチピチになってしまうのでどうしても洋服が窮屈に見えるのです。

そして胸が大きいと太って見えるのは胸の分だけ体に厚みがでるからです。すごく痩せてるのに胸が大きいと胸板のところの厚みが出てしまい、錯覚で太ってみえてしまうのです。

よくグラビアアイドルとかでも、足元を見たらすごく細いのに目線が上にあがってくると「あれ、この人グラビアなのに太ってる?」と見えるのは胸で、胸元が胸の小さい人に比べて厚みがあるからです。

この厚みを抑えることで太って見えないようにと努力している人もいるくらい、胸が大きいというのは意外に不利な部分があるのです。

胸が大きいとかわいい下着がない

胸が大きい女性の悩みの2つ目はかわいい下着がないというところです。胸が小さいと、かわいいものから色っぽいものまで、いろんなデザインやカラーもあるのですが、大きくなればなるにつれて、色もベージュやピンクといった偏ったものが増えてきて、デザインもワンパターンなものが増えてきます。

「下着なんてそんなに見せるものではないから別にいいのでは?」と思う男性もいるかもしれませんが、女性同士で温泉や旅行に行った時に、自分だけ地味な下着だとちょっと悲しくなったりするのが女性の心理です。

それ以外でも好きな男性に見せる時に「かわいい下着つけてるね」と思われたいけれど、胸が大きくて色もデザインもかわいくないものつけてたら「おばさんっぽい」と思われるのではないかと不安に思うのです。

大きくなれば大きくなる程、ファッション性が乏しくなるのが下着売り場に行くだけで分かってしまうので「胸を小さくしたい」と女性は思ってしまうのです。

胸が小さく見える下着まで!

実は胸が大きいのが嫌だという声が多くなり、下着メーカーでは胸を小さく見せるブラジャーまで販売するようになりました。

これは胸を痛くない程度に押さえつけるようなブラジャーで、谷間なども見えないようになっているらしく、発売当初は「こんなもの買う人がいるのだろうか」という声もあったけれど、意外に売れ行きは好調なのだそうだ。

他にも、普通のブラジャーだと谷間が強調されてしまうのを嫌って、スポーツブラを使うという女性も増えているそうです。以前のように胸を強調するというのを嫌がる女性が増えているということです。

胸の大きさにも時代の流れがあるのだとビックリでしたが、今や胸などで魅力を出すのではなく、内面から湧き出る魅力を磨いている女性が増えているのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事