• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

1サイズUPなんて当然!胸を大きく見せる効果のあるブラの選び方

Date:2012.12.02

shutterstock_86812669

「高校まではCカップだったんですけどぉ~、気づいたらいきなりFカップになってたんですぅ~」

というグラビアアイドルの言葉を聞いて、「へっ!そりゃ外科的な力に頼ったんじゃないのお?!」なんて鬼がわらのような表情浮かべて思ったりしていませんか?

いえいえいえ。CカップからFカップへのステップアップは、自然現象なのです。超常現象ではないし、決して有り得ないことではないのです。

それを叶えるキーワードは、『ブラの選び方』にあります。「(パッド詰めて)Cカップなの」と後ろめたくなりながら答えている女子は、ぜひこの記事で紹介するブラの選び方を参考にしてくださいね。1サイズ、2サイズUPだって夢ではないかも?!

ブラにだってある、任務と責任感

控えめバストの人ほど、ブラに“はめるだけ”“あてるだけ”の役割しかあたえていません。ブラジャーは!は、め、る、だけ、じゃ!だめ――――!!もうね、大声で叫びたいです。

でもこれ記事だから、音は出ないから、ぜひとも巨大フォントでお伝えしたい次第であります。

ブラはキャップじゃありません。はめるだけ、あてるだけじゃ、その責務を全うしていないんです。

ブラに任されたミッションは、寄せる・持ち上げる・キープする、この3つです。この3つを満たしていないブラなどブラではなくて、ただの布。胸当ての布です。

ブラを選ぶ時は、寄せる・持ち上げる・キープする、の3つの仕事をきっちりこなしてくれるタイプのものを選びましょう。理想は、両手でバストを持ち上げた時の状態。この状態に近づけてくれるブラがベストです。

両手で持ち上げた時の位置をキープ!

両手でバストを持ち上げてみると、うっとりするような美バストになったりしますよね。オーバー30の女性にとっては「嗚呼、これは5年前のバスト・・・・」なんて郷愁にかられちゃったりして。

それなのに、ブラを着けた途端に見慣れた“いつものバスト”、こんにちは。ああ、むなしい・・・・。

そんな時は、ブラの肩ひもをぐぐっと短くしちゃいましょう。肩ひもを短くするとバストの位置が高くなるし、不思議とバストのボリュームもUPするのです。

特に下垂が気になるオーバー30の女性たちは、カップからこぼれそうになるほどのボリュームに驚くはず!はめるだけ、のブラから卒業するためにも、肩ひもを5cm短くしてみましょう。ぜひ、一度お試しを!

アンダーバストを1サイズ下げて、カップサイズUP

アンダーバストを1サイズ下げると、カップサイズがUPします。例えば、C70の人がアンダー65サイズのブラを選ぶとEカップ(E65)になるのです。

実は、C70のカップとE65のカップはほぼ同じ大きさ。同様に、E75とF70も同じくらいの大きさだと言われています。要するに、“1サイズ大きい”と思っていたカップサイズは、実は手の届く距離にあるってことです。

そしてアンダーを締めて逃げ場のなくなったお肉をブラのカップに収めれば、簡単に1サイズUPできちゃいます。あとはその人の胸板の大きさだとか、着け心地の問題なのですね。

「自分のアンダーはこのサイズ」と思っている方は、ぜひ一度、今のアンダーよりもワンサイズ小さめのブラを試してみてくださいね。

そうしてアンダーを締めて余ったお肉をきちんとブラのカップに収めれば、簡単にバストのボリュームUPができちゃいます。このテクニックを使えば、1カップ2カップのサイズUPも叶えられちゃいますよ。

肩ひもを短くするのも、アンダーサイズをワンサイズ小さくするのも、自分の体調と相談しながら行ってくださいね。

「ブラサイズを変えたら、肩こりがひどくなったー」なんて、それは身体に合っていない証拠。美バストと健康の天秤がちょうど釣りあうところを探して、健康的なバスト美人を目指しましょうね!

この記事をシェアする

関連記事