• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今度こそできる!無理をしない、作らない卒煙の方法

Date:2013.08.18

わかっちゃいるけど、やめられない。そうです。たばこは健康にも美容にも良くないとわかってますよね。昨今は喫煙できる環境も減ってきて、肩身の狭い思いもします。

「そろそろやめなきゃ」とさまざまな禁煙方法を試したものの、なかなか続かないことも多いのではないでしょうか。

私も何度も失敗いたしましたが、今、たばこをやめて1年が経ちました。まったく無理なく1円もかからずに成功したので、その方法をご紹介します。

期間限定でやめてみる

「もう二度と吸わない!」と何度誓ったことでしょう。「一生タバコを吸えない」と思えば思うほどなんだか重たい気持ちになりませんか。吸えないからもっと吸いたくなるという悪循環になってしまいます。

そこで「とりあえず3日間だけやめてみるか」という軽い気持ちで初めてみてください。3日後にはたばこが吸えるという環境に自分をおくことで「今、吸わなくてもいいか」と自然と思えるものです。

とはいえ、3日後にまた吸い始めてしまうと元の木阿弥・・・。少し工夫して期間を設定してみます。

期間は人によってできそうな日数がいいでしょう。1週間ならできる!と自分に自信がもてる期間ではないと楽しめません。ただしニコチンが体内からぬけるには3日間ですので、最低でも3日以上にしてみてください。

そして期間が終わる日を1月1日の元旦に設定してみましょう。1ヶ月やめる、と決めた人は12月1日から開始。3ヶ月やめる、と決めた人は10月1日から開始。

元旦は「さあ今年もがんばるぞ」という気持ちが大きい日です。喫煙再開日を元旦に設定しておくと「よーし、今年もたばこ吸うぞー」よりは、「せっかく新年もはじまったことだし、ここまで禁煙できたからもうちょっと続けようかな」と思えるはず!

この元旦パワーをかりて「もうちょっと続けるか」の連続で、いつのまにか長い期間がたち「今吸ったら、ここまで禁煙したことがもったいな」という気持ちへ変化していきます。

変化を楽しみましょう

たばこをやめて、確実に変化することが3つあります。時間が増えること、お金が減らないこと、健康になること。この禁煙して良くなったことを存分にかみしめてください。

特に時間が増えることは実感しやすかもしれません。たばこを吸う時間はもちろんのこと、買いに行く時間、喫煙所まで行く時間、すべて自由に使える時間となります。

私はたばこを吸っていた時間を使って、ちょこっと片づけの時間に充てていました。あなたが「これやってみたいな」と思っていたことを、この時間に充ててみてください。毎日の生活の質があがりますよ!

もうひとつ、臭いも確実に変化しますので楽しみにしててください。

もう吸わなくてもいいんだ、と思う

たばこを吸わなくて良い変化を楽しんでいても、ときどき習慣でたばこを思い出す瞬間がやってくるかもしれません。

コーヒーを飲んだ時や、仕事でひと段落ついた時、緊張するプレゼン発表の前・・・。そんな時はこう思ってください。「あ、もうたばこを吸わなくてもいいんだ」。最初は忘れ物をしているような気分になりますが、そのうちたばこのことを忘れていきます。

「なんだか、たばこは昔の彼氏を忘れていく段階に似ている」って思いませんか?昔の彼氏をずーっと思い続けているより別れたからできること、新しいことを楽しんだほうが、早く忘れられたりしますよね。そして今を楽しんでると次の恋が始まったり♪

そろそろ昔の彼氏(たばこ)は卒業して、新しいあなたへチェンジしてみませんか。

この記事をシェアする

関連記事