• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

音楽で心身ともに癒されよう!健康効果抜群のミュージックセラピー

Date:2014.05.02

歌うのは苦手、楽器の演奏はちょっと…という方は居ても、音楽を聴くことが嫌いという方はそうそう居ないのではないでしょうか?音楽の好き嫌いというものはあっても、自分の耳に心地よい音というものは誰しも持っているものです。

そんな音楽には不思議な効果があり、気分をリラックスさせたり、更には健康を促進してくれたりもするのです。

この音楽を使ったセラピーはミュージックセラピーと呼ばれ、医療の現場でも取り入れているところもあります。ここではそんなミュージックセラピーの魅力に迫っていきたいと思います。

ミュージックセラピーとは

音楽は身体と心の病気を和らげてくれる魔法のようなものです。音楽は古来より「魂の薬」とも呼ばれ、情緒安定に多大な効果をもたらすものとされてきました。

その音楽を利用し、病んだ精神、身体の痛み、病気などの症状を緩和することを目的としているものがミュージックセラピーと呼ばれています。

音楽を聴いたり、歌ったりといった形式をとり、専門家である音楽療法士の元、治療を行うのが正式のものですが、一般でも、音楽を聴いてリラックスをするといったことで用いられます。

医療の現場でのミュージックセラピー

このミュージックセラピーは医療の現場でも用いられています。主には手術や治療時に置ける緊張や不安、苦しみや痛みの緩和、精神安定、てんかん、アルツハイマー病やパーキンソン病の治療などに用いられます。

その他、子供の自閉症など、精神的な病を緩和させるのにも効果が発揮されています。

日常生活におけるミュージックセラピーの使用と効果

病院で行われる以外にも、ミュージックセラピーは身近な私たちの精神的、肉体的な問題を改善してくれるものとして使用することができます。

1. 慢性的な背中痛

背中や腰の痛みは非常につらいものです。最近はオフィスワークや家でのパソコンの使用量の増加に伴い、その症状を訴える人が増えています。

そこで、音楽を聴くことで、脳からエンドルフィンを分泌させることで、痛みを減少させることができるという効果が期待できるのです。

2. 激しい運動を緩和する

エアロビクスやジムで音楽を流してエクササイズをするというのには意味があり、同じエクササイズの繰り返しによる退屈さを避けたり、エクササイズを行う精神的な負担や苦しみを減らしたりといった効果があるのです。

ジョギングの時に音楽を聴くのも同じ効果です。

3. 睡眠の向上

子供は母親に子守唄を歌ってもらい、眠りについたりしますよね。このように、穏やかな音楽は脳に働きかけ、睡眠力を向上させるのです。

4. 出産の痛みの軽減

出産の痛みは耐え難いものですが、そこに音楽を流すことで、妊婦の気持ちを他にそらし、痛みが軽減されるのです。

5. うつ症状の改善

副交感神経を刺激する音楽がつらいうつ症状を和らげてくれるという報告もあります。

6. 集中力アップ

特にクラッシック音楽を流して勉強をすることで、集中力アップに結びくという報告もあります。

実際にやってみよう

ミュージックセラピーは音楽療法士について行うことが普通ですが、自分自身で音楽を聴くことでもある程度効果が期待できます。

ベッドに寝転んだり、ソファーに座ったり、湯船につかったりと、自分がリラックス出来る状態でヒーリング音楽を聴いてみましょう。

自分の好きな音楽を聴くのも確かに気分は上がるのですが、CDなどで売られている、ヒーリング用の音楽を聴くのが一番効果的なのです。また、お勧めが、モーツァルトです。モーツァルトの曲、特にK218、K219が有名です。

更に、モーツァルトの音楽はダイエット効果もあるとも言われているのです。音楽を聴いてリラックスができ、更に病気も改善され、健康になり、ダイエットできれいになれるというのであれば、試してみて損はありませんよね!

この記事をシェアする

関連記事