• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

オーバー35の大人かわいい女子がハマる「無糖派」ファッションとは

Date:2012.11.09

最初に「無糖派」という文字を見たとき、一瞬「糖分を一切摂らないダイエット女子のことか???」と思ってしまったのですが、どうやら最近流行りのファッション用語らしいのです。しかもオーバー35のアラフォー女子に人気とあれば、気になりますよね?

無糖派ファッションとは

地味目カラーをうまくコーディネートした大人女性のカジュアルファッション。カジュアルの中にも上品さと女らしさを出すのがポイント。しかし、ただ地味目のカラーをチョイスすればいいというわけではなく、無糖派なりのルールがあるようです。

ルール1:ニュアンスカラーを選ぼう

無糖派ファッションの3大キーカラーは、グレー、ベージュ、カーキ。はっきりした色ではなく曖昧なカラー同士をうまく組み合わせて絶妙なグラデーションを作ります。単色では地味になりがちなこのような色も、ルール2以降のテクニックを駆使すれば大人っぽく仕上げることができます。

ルール2:重ね着テクを学ぼう

オフショルダーの服からチラっと見えるタンクトップ、胸元の開いたカットソーからのぞくインナーなど、妙にセクシーになりすぎずアウターとの色のバランスを考えてチョイスしたいもの。

自分ではなかなか難しいという初心者におすすめなのが、レイヤード風Tシャツ。通販雑誌などによく載っています。もともと2枚の布を重ねて作られているので、1枚でオシャレな重ね着をしているように見せてくれるという優れモノ。無糖派カラーの組み合わせを選んで。

ルール3:ゆる+ピタでバランスよく

体型カバーをしたいのはわかりますが、上下ともゆるゆるでは「おばちゃん」です。逆に上下ともピッタリキメ過ぎだと固い雰囲気に。そこでオススメしたいのがトップスにゆるニットを持ってきてパンツはピッタリ目を選ぶ「ゆるピタ」スタイル。適度な女性らしさと遊びがある大人カジュアルのできあがりです。

ルール4:ストールを上手にまとって

無糖派ファッションのグラデーションに華を添えるストール。洋服とアンマッチにならないようなニュアンスカラーを選んで、さりげなくざっくりと巻いてみましょう。動きのあるストールを取り入れることによって立体感を出す効果が期待できます。

ルール5:アクセサリーはカジュアル路線で

長袖をちょっとまくって七分袖風にして手首を見せるとぐっと女っぽい無糖派ファッションになります。その手首に素敵なアクセサリーがついていたらどうしても目が行ってしまいますよね?

そこで選びたいのが高価なものではなく、存在感のあるカジュアルブレスレット。じゃらじゃらっといっぱいつけてしまっても洋服が地味目なので決して派手になることなく、ちょうどいいアクセントになります。

無糖派カラーでショートパンツも格好よく!

もういい歳だしショートパンツなんて…と思っていませんか?オーバー35だって元気ファッションの代名詞であるショートパンツを素敵に履きこなすコツがあるんです!

まず選ぶカラーはやっぱり無糖派♪そしてトップスにはショートパンツのタケと同じくらいか少し長めのカーデガンなどの羽織物をチョイスします。気になるヒップ周りをカバーできるだけでなく、太ももをチラ見せするセクシーさも演出できます。

無糖派+流行カラーをうまく合わせて

基本は無糖派の地味目カラーでまとめて1個所だけ流行のシャーベットカラーを取り入れるという方法も。カーデガンだけ、パンツだけという風に。あまり強い色ではないシャーベットカラーなら無糖派色とも相性がよく、ちょっとしたアクセントになってくれるでしょう。

足元にも無糖派を

ブーツとサンダルが一緒になった「ブーティ」。若い子が履くものだと思っていませんか?いえいえ、無糖派カラーをセレクトすればオーバー35だって似合うんです!特にベージュのブーティを選んで、上記でご紹介した「無糖派ショーパン」ファッションと合わせれば、脚長効果大です!

一人ファッションショーでコーディネートチェック!

無糖派カラーの服を選んではみたけれど、微妙なニュアンスカラーのためコーディネートが難しい。ええいっ、黒を合わせてしまえ!なんてやってしまいがちですよね。確かに黒はどんな色とも合わせ安いですが、ちょっと待って!

黒は私も好きなカラーですが、いつも黒ばかりでは変化がなくてつまらないですよね?そこで無糖派同士の最強のコーディネートを見つけるために、鏡の前で一人ファッションショーをしてみてください。自分の持っているアイテムで「この色とこの色合いそう!」と思うものを次々と着てみるのです。

すると、自分ではいいと思っていても実際に着てみると「あれっ?」となったり、逆に「意外といいかも!」なんていうのを見つけることができます。

そして気にいった組み合わせが見つかったら、セットにしてクローゼットにかけておきます。こうしておけば朝の忙しい時間に、トップスはどうしよう?パンツは?と焦ることもなくなりますよ。

体型の変化を受け入れる

先日読んだ雑誌のインタビューで、牧瀬里穂さんがファッションについて「太ったわけじゃないのにチビTが似合わなくなったり。それは年齢とともに体型が変わってきたから。

でも自分の好きなテイストは簡単に変えられないし、変えたくない」ということを言っていて、「まったくその通り!!」と思ってしまいました。テイストは変えずにうまく体型をカバーする服を選んだり、決して無理な若造りではない程度に元気なファッションにも挑戦したい!

残念ながら、体型の変化を理由にオシャレすることを諦めてしまうアラフォー女性も多く見受けられます。そんな女性たちに是非挑戦していただきたい無糖派ファッション。

若い子では似合わないような地味目カラーも年齢を重ねて内面が充実してきた今だからこそ、オシャレに着こなすことができるのです。さあ、あなたも今日から無糖派の仲間入りをしてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント