• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気になる彼は脈あり?脈なし?好きな女の子に対する男の態度

Date:2016.01.13

シャイな男性

もうかなりうちとけてきたのに、全然進展しない!とお悩みのあなた。

女性は確かに「そろそろかな」と思うタイミングがありますが、男性はとってもマイペース。周囲のカップルがどうしてるというのを気にしない男性も多いのです。

そこで、今回は何もしてくれない男性が本当に脈アリかナシかを探る方法をご紹介します。

チェックすれば、不安は和らいで彼のアクションを待てるはずです。

脈あり?なし?男性の気持ちと行動からチェックしよう

ハートビート

付き合い始めて3ヶ月、週末はどこかに出かけたり、そろそろ打ち解けてきたかな、という頃。彼の部屋にお呼ばれ。

一人暮らしの彼の部屋はきれいに片付いていて、でも「男の子の部屋だな」って感じ。

いつもより入念に歯磨きもしたし、無駄毛の処理もバッチリ!さあ、何か進展はあるかな…そう思ったけど、何もなかった!

映画見て、お菓子食べて、彼の作ったお昼ご飯食べて終わり!

彼も「そろそろ帰らないの?」って感じ。

まって、嘘でしょ!私のこと、もしかして友達としてしか見ていないの!?

このように、付き合っている男性から何もアクションがないことに不安を覚える女性は多いようです。

直接問いただすこともできず、モヤモヤは溜まっていくばかり。

  • 「普通、こんなシチュエーションがあったら、男ってキスしたいとか思わないの?」
  • 「密室で二人きりなのに、何もしないってことは好きじゃないんじゃないの?」
  • 「何でこういう時に手を出さないのよ!いくじなし!」

な~んて、直接は言わないけれど、大体の女性は考えてしまいますよね。

けれど、ちょっとその気持ちを立ち止まって考えてみて下さい。

その、普通、という基準の認識がもしかしたら間違っているかもしれません。人によっては恋愛の進め方は異なります。

男性は何を考えているの?とお悩みのあなたがどういう風に考え判断するべきなのか、7つの項目でみてみましょう。

1、まずは「男はこう!」というイメージを変えていこう

イマジネーション
今まで何人かの男性と、お付き合いしたことがありますか?

もしくは、お付き合いしたことがなくても、誰かから話として聞いてる?本で読んだ?

「こういう時、男はだいたいこうする」とか「男がこういう時、だいたいああいうことを考えている」と、恋愛指南書には書いてありますし、実際にそういう男性は多いのかもしれません。

今までの恋愛だって、友人の話だって、きっとそんな、一般的な男性の場合、だったかもしれません。

しかし、女性だってすべての女性が同じでないように、男性も様々な人がいます。

必ずしも「こういう時はこうだ!」と、決めつけてしまうことはできません。では、なぜ今不安なのでしょうか。

男性は密室に入ったら、女性とキスしたいと思うものだ?好きな女性とはすぐにでもキスしたいと思うものだ?

…そんなのは、女性に都合のいい、決めつけです。

今持っている、普通という概念を一旦手放してみると、心に浮かんだ不安もなくなることがあります。

まずは、当たり前だと思っていた認識を改めてみましょう。

彼のトリセツを作るのはあなた!

女性誌に載っている、こういう男はこうだ!というのは、一般論に基づいて書かれているものがほとんどです。

つまり、例外には対応していません。

しかし、いろんな男性がいますから、筆者の経験からしてもほとんどの男性が例外だと言っても過言ではありません。

一人として同じ人はいませんし、喜ぶツボや怒るツボみたいなのも、人それぞれでした。

ということは、きっとキスしたくなる瞬間だって人それぞれです。

彼の取扱説明書は書店では売っていませんし、まして一面識もない人が知っているはずもありません。

彼のことをよく知る人だって、本当のところはわかっていないかもしれません。

彼に関しての取扱説明書は、一から作らなければなりません。

この食べ物が好きなんだ、嬉しい時はこういう表情をするんだ、という彼だけの取扱説明書です。

彼にキスしてもらえずに不安になってしまう女性は、このプロセスを無視していることがあります。

私はこういう人間なのよ!と見せたら、彼も本心を見せてくれて、お互いに幸せになりましたとさ。めでたしめでたし。

そんなインスタントなものでしょうか。

それに、キスしたり体に触れたり、というのも、いわばこの取扱説明書を作る過程においての情報収集にほかなりません。

面倒かとは思いますが、目の前の男性は今まさに、彼女の取扱説明書を作っている最中です。

彼は何もしていないのではなく、しっかりあなたを観察しています。

そのような過程をすっとばして、キスから入ろうとするのは、いささか順序が異なるような気がします。

彼がそうしているように、まずは彼の行動を観察してみましょう。焦る必要はありません。彼もきっとその時が来れば動き出すはずです。

皆が皆そうじゃない!男だって十人十色

男性の部屋に入って「案外きれいにしてるんだな」とか、「男なのに清潔だな」とか、思ったことはありませんか?

もしくは「男のくせに化粧してる」とか、「男のくせにナヨナヨしてる」とか。このような男性に対する固定観念も、不安の原因です。

「普通、男ってもっと男らしくするじゃん!?」と思っていれば、ちょっと優しい口調の男性を見ると「あの人、オカマじゃない?」となります。

自分の彼がそうだったら「もしかして、私の彼オカマだから女に興味ないんじゃない?」と不安になります。

ほとんどの不安は、このように原因は本人にあります。

もちろん不安が的中することもよくあるのですが、なんでも「きっとそうだ!そうに違いない!」と決めつけて、わざわざ自分を不安に追い込むことはありません。

女性が思っているよりも男性は真面目ですし、清潔ですし、きちんとしています。

「男って手のかかるもの」と言われますが、そうでない人も多いです。

女性の持っている基準や常識は、正しいものだとは限りません。

だからこそ、よく観察する必要がありますし、どんな人なのかを知る必要があります。

数ヶ月、1年、2年と付き合っていても、わかったように思えて本当はまだまだ理解しきれていないこともあります。

好きならば、ドーンと腰を据えてゆっくり観察し、さらにその観察する行為そのものを楽しむ気持ちを持ちましょう。

彼が特別なアクションを起こしてくれるまでの期間を楽しむことができるはずです。

2、彼は目を見つめる?そらす?答えは彼の視線の先にある

目をそらす男性
おそらく、心配なのは「もしかして私のこと好きじゃないのかな」とか「他にも女性と付き合っていて、キスなどは間に合っている?」ということではないでしょうか。

これは言い換えれば、「私、騙されてる?」とか「私が勘違いしてるの?」ということかもしれませんが、それを決定するのはまだ早すぎます。

本当は彼に直接問いただすのが一番いいのですが、かと言って「私のこと好き?」と聞けば、好きじゃなくても「好きだよ」と言えてしまうのが男性。

本心が必ず言葉になって出てくるとは限りません。では、言葉ではなく態度や行動から本心を探りたいのですが、どんな方法で探ったらいいでしょうか。

彼がソワソワしてる!どんな意味があるの?

目は口ほどにモノを言う、とよく言いますが、きっと彼は言葉より目の方が正直でしょう。

でも、ただ一言に「こういう目の動きをしたから嘘!」と決め付けることはできません。

それもやはり、例外は必ずあるので、彼に当てはまらない場合ももちろんあるからです。

それによって早とちりして「彼やっぱり、私のこと好きじゃないんだ!」となれば、不安は膨れ上がります。

そうではなく、いつもの彼のことをよく思い出してみてください。

いつも、彼は目を見つめて話しますか?それとも、目をそらしながら話しますか?

目を見て話す人は自分に自信がありますから、例え嘘をついても目を見て話します。

目を見て話すことによって、相手に疑われないからです。

また、目をそらしている人は自分に自信がありません。

恥ずかしいとか、照れているということかもしれませんね。

思い出してみてください、彼と密着した時やもしくは密室に二人きりになったときに彼はいつもと同じような様子でしたか?

動揺したり、焦った様子はありませんでしたか?

もし落ち着いた様子で、いつもの彼と全く変わらず目を見て話してくれる彼ならば、まだ本心を彼女には見せたくないということかもしれません。

まだ完全には彼女を信用していない、ということです。

逆に、彼女と二人きりになって多少の動揺を見せて、いつものように視線を合わせない彼なら自分のことをコントロールできていないということ。

つまり、彼自身も「この時点でキスしても失敗するかもしれない」という不安を抱いている可能性があります。

もしくは、動揺しているけれど、いつもと違ってやたら視線を合わせてくる場合は疑われることを恐れています。

つまり、何かを隠しています。

その何かとは、

  • 「キスしたいと思っていること」や、「ドキドキしていることを悟られたくない」
  • 「他に彼女がいることがバレるんじゃないか?」
  • 「元カノの写真を見つけられたくない」

など、が考えられます。

人は隠したいものがある時はいつもと違った行動をします。

人によって行動は様々ですから、今後付き合っていく上で、彼の行動の変化を観察しましょう。

彼の目線は大きな手がかりになることも!

例えば、レストランに行くと、メニューに写真が載っていますが、美味しそうだなと思うと自然とそこに目がいきます。

人は気になるものを、無意識に凝視してしまうものです。

女性同士でも「この人、胸大きいなあ」と思っていると、自然と胸にばかり目がいってしまうこともあります。

男性も同じです。付き合っている彼女と恥ずかしくて目を合わせられない彼もそう。

無意識に彼女の胸ばかり見ていたり、うなじばかり見ていたり、唇ばかり見ていたりすることがあります。

その視線は、少なくとも嘘ではありません。

なぜなら、見ようとして見ているわけではないからです。

そのような視線を感じたなら、彼は「何もしてくれない」のではなく「今は何もできない」可能性が高いです。

彼の中に願望としては「触れたい」というものがあります。

あるけれども「彼女に嫌われたくない」などの理由があって、行動に移せないだけです。

これは、当然脈アリとして判断してもいいのです。

しかし、この視線に対し「いま見てたでしょ?なに?」などと言ってしまうと彼はさらに意識してしまいます。

これにより、やっと近づいた距離が離れてしまうこともあるので注意です。

「彼は私のこと見てるな…」と思ったのなら、ひとまず安心してもいいでしょう。

しかし、油断して「彼は私のこと大好きなんだ!」と過信するのもよくないです。

彼はまだ、彼女をのことを観察中で、どういう女性なのか知りたい、という段階かもしれないからです。

興味を持たれているのですから、キスしたくなる女性になるよう磨くことを怠らないようにしましょう。

3、彼のタイミングを待つ…男の段取りを無視すると嫌われる?

迫る
彼がされて困るのは、用意していた計画を女性の一時的な感情で乱されることです。

誰だってそうですが、入念に調べて作った旅行の計画を誰かのわがままひとつで壊されたら「ふざけんな!」と思います。

まだ何もしてこない彼の場合、彼なりの計画をきちんと持っていて、その計画に沿って行動している可能性もあります。

もしここで「どうしてキスしてくれないの!」とか、彼女から無理やりキスを奪うようなことがあると、彼の中の計画は崩壊…

今の関係を続けていられない場合もあります。

それくらい男性は繊細でセンシティブです。

その為、このような彼を持った場合、彼のタイミングを気長に待つしかありません。

ただしあまりにも期間が長いと、女性の方がウンザリしてしまいます。

他の男性に心が移ってしまうこともあるので「何もしてくれないの?」と催促するのも有効です。

アドリブの効かない男に期待してはいけない

なぜそんなに計画を重視するかと言えば、突発的に起こった出来事に「瞬時に状況判断して対応できる能力が乏しい」ためです。

行き当たりばったりで行動できる人は「まあ、なんとかなるでしょー」という感じで、さほど荷物も持たずに旅に出ることができます。

けれど、対応能力に乏しい人は、咄嗟の判断ができませんから、とにかく何があっても対応できるように予習し、荷物をたくさん持っていきます。

もちろん、それが功を成す場合もありますので、一概に否定はできませんが、彼らにとって計画というのは骨組み。命綱のようなものです。

骨を抜かれた人間は立っていることも座っているこもできません。

計画が壊された男性は、もうそこから一歩も歩けなくなる危険性もはらんでいます。

けれど、女性は割と荷物を持たずにふらりと旅行に行ける男性をかっこいいと思いますし、また男性にはそれを期待してしまいます。

でも、そんな期待に応えられない男性は多いものです。

先週は何もしなかった、今日も何もしなかった…それは彼の計画の一部なのでしょう。

業を煮やして男の逆ギレを誘発しない

上記のような、状況に融通のきかない男性は、その内面の繊細さから女性に責任転嫁する場合もあります。

女性が業を煮やして自分からキスしに行った場合など、彼はおそらく「自分の計画が狂った!」と思うのでしょう。

そして、「君はなんて女性だ!そんな人だとは思わなかった!」と彼女のせいにしてしまうパターンです。

女性にしてみれば「ハア?ありがたく思いなさいよ!」って感じですね。

しかし、彼は自分が傷つきたくないので、悪いのは計画を壊した彼女なんだ、俺は悪くない!と思うことで自分を守ります。

当然かもしれませんが、女性だって生き物です。

いつまでも待っている、ということはできません。もし彼が行動を起こさないのなら、いつのまにかいなくなっていることもあります。

けれど、このような男性は、それが理解できないことがあります。

なので、先走って女性から行動することは、とても女性側の技術が必要でしょうし、難しい技です。

また、男性の「女性というものは、こうあってほしい」という期待を裏切ることになる可能性もあります。

彼女のイメージが清純でおとなしく、自分からキスするようには見えない場合だと、彼はやはり「裏切られた!」と思うでしょう。

男性の逆ギレを誘発しない為にも、無理やり勢いで行動を起こしてしまうようなことは避け、あくまで彼のタイミングの様子を見る、という方法が望ましいようです。

4、大切すぎて!本命彼女には手が出せないという気持ち

照れている男性
好きすぎて何もできない!そんな悩みを抱える男性もいます。

キスもなにもしなければ、きっと彼女は「この人、なにもできない人なの?」と思われて嫌われるかもしれない。

けれど、好きすぎて、汚したくないし、彼女が乱れるところも見たくない!

…このような、本命彼女だからこそ、手を出せずに苦しむ男性は、意外に多いようです。

いつかは何かしてくれるかもしれませんが、彼女だって時間は永遠ではありませんから、ただ待っているだけ、ということも難しいでしょう。

ただ、この場合は「好きだから手が出せない」ということ。

愛されていることには変わりありません。

これを「そんなに愛してくれてるの?」ととるか、「何もしてくれないなら付き合ってる意味ない」ととるかは、彼女次第です。

男と女の恋愛のビジョンは違うということ

人それぞれ、「こんな恋愛がしたいなあ」という希望があると思いますが、今付き合っている彼と、そんな希望が合致しているとは限りません。

彼女が「いつも彼と一緒にいて、常にくっついていて、ラブラブな恋愛がしたい」と望んでいても、彼は「時々手を繋いで歩く程度で、あとは心のつながりを大事にする恋愛がしたい」と思っている可能性もあります。

では、もし二人が持つ恋愛のビジョンに相違があったら…歩み寄って譲るか、別れるか、という選択になります。

キスしてくれない!というのもこれと同じで、彼女がキスしたい時に、彼がしてくれない。

これに対しても、我慢するか、別れるか、ということになります。

彼はキスなどしなくても、一緒にいることだけで満足している可能性は十分にありますし、かと言って恋愛は二人でするものですから、彼だけ満足していればいいか、と言ったらそれも違います。

お互いの意見を尊重していくのが理想的な交際ですから、ただ無闇に我慢するのも考えものです。

その為、キス云々の前に「恋愛ビジョンについて」二人で話会ってみてはいかがでしょうか。

「私は少女漫画の〇〇っていう作品の恋愛に憧れてて」とか「俺は映画で言うなら〇〇っていうのに憧れてて」

このような話し合いができれば、お互いが持っている恋愛のビジョンが、なんとなくわかってくるのではないでしょうか。

合う・合わないで交際する人もいますが、最終的にはピッタリ合う人なんかいませんから、やはろお互いに合わせて行くしかないのだと思います。

けれど、相手の形がわからないままでは合わせることも難しいので、せめて「どういう恋愛がしたいのか」を話の上だけでも理解して、譲り合っていく姿勢はとても大事です。

5、女友達の多い彼…女友達と彼女の扱い方をよく観察しよう

彼の友達への扱い
彼は女友達も多いし、女性の扱いには慣れているはず。

けれど、そんな慣れている彼なのに、どうして?

女兄弟に生まれた男性や、いつも女性に囲まれて過ごしている男性を見ていると、きっと女性の気持ちなんて手にとるようにわかるだろうし、どこか肉食な感じもするでしょう。

ただ、女の扱いに慣れている=恋愛上手、ということではありません。

他の女友達とはベラベラと何でもしゃべっているのに、私と二人になると無口になって、何もしてくれない。

そりゃ、不安にもなりますよね。

けれど、このような男性は、頭の中で明確に友人と恋人を区別しています。

同じ女性だから、という感じではなく、むしろ周囲の女性のことは男性のように思っているかもしれません。

女性慣れしている男性は頭の中がキッチリ整理されている?

誰のことでもみんな異性として意識する、ということはないと思いますが、とくに男性の場合は、アリかナシか、という判断をして、明確に分けて見ています。

頭の中に整理する棚があって、女性を見たときに、「この人はアリ」、「あの人はナシ」という感じで分けてしまいます。

女性慣れしている男性は特に顕著で、女性の嫌な部分も知っていることがありますから、余計に女性に対する態度に現れやすいです。

その為、気軽に話せる人はただの友達で、本当に好きな子は特別扱いします。

「他の子には明るいのに、私にだけ冷たい?」そう心配する必要はありません。

男性は「付き合ってるんだから好きに決まってるし、彼女ももちろんそのつもりだろう」と思っています。

女性に囲まれているから、と言って不安に思うことはありません。

6、遊ばれてる?もしも彼が他の女性とも同時に交際していたら

二股の彼
彼が何もしてくれない!で、連想するのは、「もしかして、彼は他の女性とも交際していて、他で済ませているから私には求めてこないのでは?」ということです。

これは確かに、このような事例も多々あります。

同時に複数の女性と交際できる器用な人もいます。

けれど、例えそうだとしても、体を求めてこない、ということは少なくとも体目当てではない、と言えるかもしれません。

先ほどの、本命彼女には手を出せない男性も、本命でない彼女にはいくらでも手が出せます、なぜなら、大切ではないからです。

逆に、付き合って間もないのに、すぐに体だけ求めてくる男性の場合は、それほど大切とも思っていない可能性があります。

遊ぶための女と本命彼女…本命彼女は飾って置いておきたいもの

先ほどご紹介した通り、男性の頭の中には棚があって、明確に分けているのですが「アリ」に分類した女性の中でも、遊びの女と本命彼女はキッチリわかれています。

もしかしたら、彼は他に女性がいて、そっちとは体の関係を持っている、という可能性もあります。ただし、付き合っていて、それなりの期間が経過していて、密室にいても何もしない。

これは、「付き合っているのだから当然好き」という前提のもとで考えると、ほぼ確実に「大切に思っているから手が出せない」と言えるのではないでしょうか。

本命彼女というのは、好きすぎるがゆえに、外に出したくないし、できれば部屋にずっと置いておきたい、とさえ思う人がいます。

その為、体を求めてこないのに、優しくしてくれているのなら「大切にされているんだな」と思って、受け止めておくのもいいのかもしれません。

7、焦りは禁物…彼の歩調に合わせる良い女になる

歩調を合わせる
良い女とは、彼の要望をすべて叶える女ではありません。

誰だって、彼が何も言わなくても、彼の希望がわかって、そのとおりにしてあげられたらいいなあ、と思いますが、肝心の彼の考えていることがわからないからです。

それは、男女に限りません。

例えば親子でもそうですが、母親がなんでも子供の欲しいものを用意してあげることは、子供が自分で欲しいものを掴みに行く意欲を削ぎます。

自分で欲しいものは、自分で取りに行かなければなりませんし、誰かが用意してくれるのを待っていることは良いことではありません。

男の欲しいところに、いつも欲しいものを用意しておける女性になるよりも、男性が頑張って、欲しいものを掴みに行こうとする道のりで、歩調に合わせて歩いて、隣で褒めてくれる女性の方が良い女です。

彼の信号に耳を傾けて!拒否しているのは女性の方だった?

彼が何もしてくれないなあ、どうして?そんな時、彼はとてつもない壁に直面して、立ち止まってしまっている可能性があります。

キスの仕方も知っているし、どうすればいいのかも知っている。

けれど、そういう雰囲気が出来上がらないと行動になかなか移せません。

リスクを恐れる男性は多いですから、最初のキスは肝心、と思っている場合、「今だ!」という雰囲気が完全に出来上がらないと、怖くて一歩を踏み出せません。

女性はそんなこと関係ないと思ってますし、雰囲気なんて男性が作るもの、と思っている人も多いですから、そんな雰囲気作りに苦労する男性の気持ちがわかりません。

待ってるのに、してくれないなあ、とぼんやりしていても、隣で男性は必死かもしれません。

また、「まだしないのかな?」と待っている女性の姿は、男性にとってプレッシャーです。

できるだけ自然な流れで、いやらしくないように…と、不器用な人は、彼女には見えない部分で大変な苦労をしています。

スマホを触っている時や、テレビを見ている時、ちょっとした瞬間、動いた時の彼女の顔は、どことなくキスやスキンシップを拒否しているようにも見えてしまうのです。

ここは、彼女から歩み寄って、彼からキスしやすい雰囲気作りをしてみてはいかがでしょうか。

ぴったりくっついて座ってみる。じっと顔を見つめてみる、などです。

最初の壁さえ超えてしまえば、2回目、3回目はスムーズなものです。

最初だけ、彼女の手を貸してあげる形でも、ずいぶん彼の気持ちはラクになるはずです。

女性側にある矛盾?彼を敵として見るか・仲間として見るか

男性と交際する際に、男性と向き合う方法は大きく分けて二つあります。

それは、敵としてみること。そしてもうひとつは、仲間として見ること。

敵として見る場合は、まさに恋愛ゲーム。

駆け引きを楽しむ場合です。嘘もつきますし、他のプライベートも分けて楽しみます。

仲間として見る場合は、相手がどんな人間か知り、知ってもらった上で、協力して一緒に前に進もうとする関係です。

彼に対して「何もしてくれない」と言っている女性は、後者のような関係を望んでいるのに、なぜか前者的な考え方をしています。

それは「恋愛って支えあって行くものでしょ?」と言いながら「男性にはエスコートして欲しい」と言っているようなもの。矛盾しています。

確かに男性から行動がないからと言って、女性から攻撃を仕掛けると、「そうじゃない!」と逃げていく、という大変扱いにくい生物ではあります。

ですが、男性にはきちんと取扱説明書が存在し、しかもそれは男性本人でさえ理解できていないものでもあります。

男性はなぜ男ってこうなのか、自分でもよくわかっていないのです。

そこで、隣にいる女性が調べて作った取扱説明書を読み上げてくれる。

これほど頼もしいことがあるでしょうか。

女性は男性に積極性を求めているかもしれませんが、実際は女性の方がずっと積極的かもしれません。

彼の取扱説明書には、きっとそれが載っています。

彼の立場になって考えてみる…どこかに改善点があるかも?

気持ちを考える
「あなたは男性だからこうしなきゃダメ」と強いているのは、むしろ女性かもしれません。

女性も、ほんの少しプライドを捨てて、彼の立場になって考えてみませんか?

なぜ彼が行動に移さないのか、彼の気持ちになって考えた時、改善できることがみえてくるかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事

コメント