• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

素敵な恋を掴むため…知っておきたい男の脈ありサイン徹底解明!

Date:2014.06.28

恋愛において、恋の駆け引きは大事。そう思ってはいても、なかなか行動で作戦どおりに運ぶことが出来ないのが人の心ですね。素敵な恋をモノにするために、相手の本心が見えたらいいのに…なんて思ったことはありませんか?

そこで、この恋が脈ありなのかどうかを見極めるための、男性のしぐさや行動をピックアップして紹介していきたいと思います。女性はしたたか…でも男性は女性に比べ、本当に好きになった人にはとっても素直です。

ただ、その素直さが招く行動やしぐさが、女性の感覚と男性の感覚ではかけ離れているためにかえって不安になったりもしてしまうのです。サインをしっかり見逃さないために、チェックしておきましょうね。

メールの返信、しっかりきていますか?

女性は、メールをあまりにすぐ返してしまうと「なんか、重いな…」と思われてしまわないかとか、「随分積極的だな…」なんて引かれてしまわないかなど悩んで、ワザと返信を遅くしたりもしますよね。

男性は、好きになった女性からのメールには基本的に速攻返事をすると考えて間違いありません。もちろん、仕事中などはすぐには返信できません。ですが、気のある女性相手から来たメールに目を通したからには、ワザと返信を遅らせるようなことは、しません。

女性のように打算、計算が男性の恋愛にはありません。”愛だけじゃ食べていけない”女性はそんな現実的な考えが根底にありますが、男性って実は”愛があればなんだってできる”と多少夢見がちな生き物だったりします。

なので、本気で好きになったら一直線。回りくどいことは避けて、しっかりメールにも返信を欠かさず送って来てくれます。なんだか日常的に忘れたころにやっと連絡のくるような男性は、脈ナシと判断したほうが賢明でしょう。

脈ありなのに、内容によって返信がグッと遅れるケースがあります。それは、”なんて答えたらよいかわからない内容”のときです。女性が軽いおしゃべり感覚で送った内容こそ、男性の悩みの種。

一体なんて答えたらいいんだ…どんな風に相槌を打つべきかも、男性にはわかりません。ですから、モノにしたい恋の相手には、しっかり聞くことは聞いて、相手が返信に困る内容は避けた方がよいでしょう。

自分のことを聞かずとも話してくれていますか?

女性は、好きになった相手のことはなんでも知りたくなってしまいます。どんな人なのか、なにを思っているのか、なにが好きで、どんな未来を思い描いているのか…知らなくて良かったことまでも知りたがってしまいます。

それに対して男性は、好きになった相手には自分を知ってもらいたい本能があります。そして、そんな自分を受け入れてほしい願望もあります。ですから、本命の女性には率先して自分のことを話してくれるものです。

自分のことを、女性側から聞かずとも話出してくれることは脈ありと考えてよいでしょう。

次の季節の話が自然とできる事が大切です

夏生まれの誕生日のプレゼントに、冬に着るニットを貰った…そんな素敵な話を聞いたことがあります。なぜ素敵なのか、お気づきでしょうか。それは、「冬も一緒に居られますように」という気持ちの表れだからです。

今が楽しければそれでいいという快楽主義の男性は、今しか大事にしていませんし、今しか見ていません。今のことしか考えていませんから、次の季節の服やモノ、予定などは一切考えていません。

ですから、夏に旅行雑誌を見て冬の観光に興味を示したりする男性は、あなたとの未来を考えてくれている、ということになります。

今が楽しいことは確かに大切ですが、将来を一切考えないお付き合いというのはさびしいですよね。今も将来も一緒に楽しめるパートナーを掴むためにも、このポイントは欠かさずチェックしてくださいね。

複数人で会うのを避けないのは…

2人きりでしか会いたがらない…それはあなたとの時間を大切にしたいから、という場合もあります。けれど、実は考えたくないもう一つの理由のことも頭においておかなければなりません。

それは、あなたといるところをほかの誰かに見られたくないから、ということです。やっぱり、フリーの男性と彼女持ちの男性だったら、皆フリーの人に寄っていきますよね。

あなたのことはキープしつつも、もっといい子がいたらそっちの子のほうがいいなぁ…そんな邪念のある男性は、人ごみでのデートを避けがちです。友人同士で会うのも避けたりします。

ですから、繁華街でのデートに抵抗なく誘ってくれるような人は、脈ありと考えて間違いありません。自分が1番か、本命か気になる方は繁華街デートや友人を誘いあわせてのお出かけを提案して相手の出方を見てみましょう。

この記事をシェアする

関連記事