• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

メイクを長持ちさせる9つの方法。いつでもきれいなあなたを作る!

Date:2014.11.21

いろいろ研究したメイク方法に、高価なメイク用品。メイクしたての私はパーフェクト!!なのに、半日たったら、あの美しさはどこへやら…油浮きした自分の顔にがっかりしたことはありませんか?

がんばったメイクをできるだけ長持ちさせるためにできる、簡単な9つのコツをご紹介します。

①きれいな肌

メイクの前に、角質落としか、せめて洗顔をするようにしましょう。どんなメイク製品を使っているとしても、ベストに働いてくれるのは清潔で滑らかな肌だからです。

もしどうしても時間がない!というときは、メイク落とし用のコットンで顔を拭き、化粧水と乳液で整えてからメイクに入りましょう。

②下地

メイクの前に下地を忘れずに!うっかりつけるのを忘れてしまいがちな下地ですが、これこそがメイクを長持ちさせる大事な要素です。オイルフリーや、シリコンベース、ミネラルタイプの下地がおすすめ。

毛穴かくしや色素補正、テカリ防止など、自分の目指す肌用の下地を探しましょう。少しだけシマーなものを選べば、より若々しい輝きをプラスすることができます。

③ファンデーション

長持ちするファンデーションは、クリームタイプかリキッドのもの。スポンジかブラシで伸ばしましょう。ミネラルファンデーションやオイルフリーのものがおすすめ。

その後お粉を叩いて、必要であればメイク固定のスプレーを吹きかけます。このスプレーは持ち歩いて、必要な時には顔にかけられるようにしておきます。

④口紅

長持ちするリップのコツは、最初に唇に載せる、ファンデーション。その後リップペンシルでラインを描き、リップバームを塗って、最後に口紅を。丁寧に1つ1つ載せて行きましょう。

⑤まぶたにも下地を

まぶたに下地を塗りましょう。目の下にも塗るのを忘れずに。この小さなコツでマスカラやアイシャドウが崩れてくるのを防ぐことができます。アイライナーはパウダータイプよりもリキッドの方が、より長持ちします。

⑥まつげ

くるっと上向きカールを長持ちさせるには、ビューラーをドライヤーで温めて使うこと。熱くなりすぎないように注意が必要ですが。ホットビューラーをお持ちの方は、その方が便利ですね。

まつげの根元から中間、先まで丁寧に、優しく、しかしできる限りカールさせながら仕上げます。

その後、マスカラをオン。マスカラも下地とトップコートまでしっかり重ねづけすれば、それだけ長持ちしてくれます。

⑦チーク

ファンデーションと同じように、チークもメイクブラシで仕上げるのがおすすめ。ジェルでもムースでもパウダーでもこれが長持ちメイクのコツです。ブロンザーも同様にブラシでオンします。

⑧ウォータープルーフ

ファンデーション、マスカラ、ブロンザーなどメイク製品をウォータープルーフで揃えると、長持ちメイクの強力な助っ人になってくれます。

⑨あぶらとり

どんなに準備しても、皮脂は浮いてくるもの。メイクが流れてしまう前に、こまめにあぶらとり紙で皮脂をとってあげましょう。

夕方でもキレイなメイクを保つために

メイク長持ちのコツ、いかがでしたか?肌作りから、メイクまで1つ1つ丁寧にしっかりプロセスを追っていくことできれいなメイクを長時間保つことができそうですね。夕方まできれいなお姉さんになれますように。この記事がお役に立てば幸いです。

この記事をシェアする

関連記事