• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

『ながら美容法』で忙しいキャリアウーマンも専業主婦もいつでもキレイ

Date:2012.12.23

仕事好きの女性は本当に時間がありません。夜は遅くまで仕事をして家には寝に帰るだけ。休日も仕事をしたり、平日にできない家事をすることで精いっぱい。

専業主婦も時間があるようでないもの。毎日の食事の支度や掃除、洗濯、買い物などをするだけでも時間がかかるのに、さらに細かいところの掃除や部屋の模様替え、ママ友とのお付き合い、子どもの塾の送り迎え、などで手がいっぱい。

そんな時間のない女性たちに送るのが『ながら美容法』。スキンケアに時間をかけることのできない女性に何かをやりながらでもできるスキンケアを紹介します。どんなに忙しくても、いつもキレイでいたいですからね。

シートパックを活用する

スキンケアをおろそかにしてしまうと、肌は瞬く間に乾燥していきます。しかし、時間がないとじっくりパックをして肌に水分を補給させて保湿ケアをする、なんてケアができなくなってしまいます。

そんなときにはシートパックを使いましょう。市販のものでも、コットンに化粧水を含ませてつくるパックでもOK。これを顔に貼り付けて、他の作業をすればいいのです。あまり激しく動き回る作業は向いていませんが、パックをしながらパソコン作業や手作業などは可能ですね。

化粧水とオイルを混ぜてワンステップ保湿

化粧水をつけたら、乳液をつけて、さらに美容液で保湿して、というステップは肌の調子をみながら行うもので時間がないときには省略してしまいたくなるものですね。

それを解消するには、化粧水にオイルをミックスさせてスキンケアを。これでワンステップで保湿完了です。アプリコットカーネルオイルやセサミオイルなど、保湿効果の高いキャリアオイルを利用するといいですよ。

歯磨きしながらほうれい線ケア

小鼻の両脇から口元にかけてできるほうれい線。これができていると10歳も老けて見えることもあります。このほうれい線をながらケアで解消しましょう。

紹介するのは歯磨きをしながらのケア。歯磨きをして口をすすぐ際に、口の中から刺激を与えてあげるのです。上下、左右を繰り返し、水と空気で勢いをつけながらすすぎます。毎日行うだけで、口元のたるみも解消され、ほうれい線もできなくなるでしょう。

ガムで顔のたるみを解消

ガムを2粒口の中に入れて、左右両方の奥歯で噛みます。ガムを噛むことで、口の周りの筋肉が鍛えられて、フェイスラインがスッキリします。顎のトレーニングにもなり、顔のゆがみ解消にもつながりますよ。

ガムを噛むと集中力も高まるし、リフレッシュできます。ガムは虫歯予防や口臭予防になるキシリトール入りのガムがおススメです。

料理をしながら割りばしエクササイズ

体と同様、顔のトレーニングをしないと顔はたるんできて、老けた印象になってしまいます。そこで、料理をしながら、掃除をしながらできる割りばしを使ったエクササイズを紹介しましょう。

使い方は簡単。割りばしを上下の前歯で軽く噛むだけ。このとき、口角が割りはしのラインよりも上になるように意識して30秒から1分間キープします。

割りばしが平行になるようにするのは、どのように、どこまで口角を持ち上げればいいのかを顔の筋肉に覚えてもらいましょう。美しい笑顔も作れるようになりますよ。

ゴルフボールで足のむくみ解消

壁に手をつき、ゴルフボールを足の裏で踏みます。足の裏全体でゴルフボールを転がすようにしましょう。足の裏にはツボがたくさんありますね。ゴルフボールを踏むことで、つぼが刺激され血行がよくなりますよ。

ちょっと強さは弱くなりますが、イスに座ってもできますね。これならテレビを観ながら、本を読みながらでもできる足裏マッサージです。足裏をマッサージすることで、その日の足の疲れも取れ、むくみも解消されますね。

この記事をシェアする

関連記事