• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自爪にネイルシールを上手に貼って長持ちさせるコツをマスターしよう

Date:2014.04.11

ジェルネイルやネイルアートを気軽にたのしみたいと思っているのにサロンに行く時間も金銭的な余裕も無い時の救世主が「ネイルシール」です。

細かい作業が苦手な人でも簡単に指先をデコレーション出来ますし、仕事でマニキュアが禁止の場合でも仕事がお休みの日だけネイルアートを楽しむ事も出来ます。では、どの様にネイルシールを上手に貼れるのかコツを書いていきましょう。

ネイルシールを選ぶ

最近はドラッグストアーやスーパーの化粧品コーナーにも特設販売箇所を設けている場合も多くありますし、ネットでも沢山の柄や色を見つける事ができます。

安いシールですと100円しない物から1000円位までの物が多く平均で500円前後といった所でしょうか。その時の気分やファッション等とマッチングさせながら選ぶと楽しいでしょう。

爪先、指の表面を綺麗に整える

まずは付属のヤスリを使ってでも良いですし、自宅にあるヤスリ等を使って爪の凹凸を整えます。ここで丁寧に作業すればシワ無く綺麗にネイルシールを貼る事が出来ます。

爪の幅に合わせたシールを選ぶ

実際の爪よりも1ミリ程度小さいサイズを選ぶと貼りやすいでしょう。また、貼る向きはラウンドにカッティングされている方が爪の根本に貼る方になります。

爪にシールを貼ってヤスリで切る

実際にシールを貼ってから余計な部分を取り除きます。この際にシールをハサミで切るのでは無くてヤスリで撫でるように擦ってあげると簡単に爪の長さに合わせて取り除く事が出来ます。

この際に強く擦らないようにしましょう。強く擦ると折角貼ったシールが歪んでしまう場合もあります。

トップコートでしっかり固定

ネールシールを貼ると思いの他の粘着力でしっかりと張り付いている事に気が付くかと思いますが、その上にトップコートを貼ると断然強くシールが貼りついてくれます。また、シールの表面に光沢が出てより美しく見えます。

以上がネイルシールを貼る際の基本になります。剥がす時は丁寧にゆっくりと脇から剥がし、剥がしきれなかった部分は除光液で取り除きます。是非洋服や帽子を着る様にネイルシールを楽しんでもらえたらと思います。

この記事をシェアする

関連記事