• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

泣き虫男性は許せる?許せない?男性が泣いた時の対処法

Date:2013.10.01

男性は女性の前では涙を見せないものですね。よほど感激した、とかよほど悲しいことがあった、悔しいことがあった時に泣きたくないけれど、我慢できずに泣いてしまう、という男泣き以外は、男性は涙を見せません。

しかし、最近の男性はよくなくことが多いようです。中には、女性と同じくらい涙腺が弱いのではないかと思われる男性もいます。

それはいいことか、悪いことか、意見が分かれることでもあるかもしれませんね。しかし、女性としてみたら、男性が泣く姿は、特別なこと以外では見たくないものです。気持ちの弱さから涙を見せる男性に対しては、それなりの対処をし、泣き虫を改善していってほしいもの。

男性が泣いた時には、どのように対処していけばいいでしょうか?

仕事の愚痴を言いながら泣く男性には?

仕事がうまくいかない、上司が自分を嫌っている、今の仕事が自分に合っていないのでは?でも自分は一生懸命がんばっているんだ、などと言っているうちに、泣き出してしまう場合、それは女性になぐさめてもらいたい、という気持ちの表れです。

母親に励ましてほしくて、泣いてしまう、ということと同じこと。それを彼女に求めているわけですね。

そんな男性には、「あなたが一生懸命がんばっているのは、誰かが見ていてくれているはず。もっと前向きに自信を持って、しっかり頑張ればいいのよ」となぐさめてあげましょう。

お酒を飲んで泣く男性には?

泣き上戸の男性は、こちらの精神状態が元気でないと、イライラしてしまうもの。情けないという気持ちが先に立って、思わず怒りをあらわにしてしまいそうになりますね。しかし、気を許した女性の前だから、心の中にあることを吐露している、ということもあります。

それでも、情けないことに変わりはありませんね。時には、そんな姿は見たくない、男性として見られなくなってしまう、と喝を入れてあげましょう。

泣くことで自分のわがままを通そうとする男性には?

自分の意見が通らないから、それを通そうとして泣く男性もいます。女性にありがちですが、そんなことで泣く男性もいるのです。

そんな男性には、泣いていても何を言いたいのか分からないこと、自分の気持ちや意見は泣かずにはっきりと伝えてほしい、ということを言いましょう。

泣けばすむと思っている男性は、仕事などにおいても同じ事が言えるかもしれません。そんな男性でいてほしくないですよね。泣くだけで相手の気持ちが変わったり、自分を受け入れてもらえるとは思わないことを、教えてあげましょう。

許せる“男泣き”の場合は黙って見守る?

時には男性だって泣きたいこともあります。心を許した彼女の前では、本当に我慢できずに泣いてしまうこともあるでしょう。そんな時には黙って見守ってあげるのも一つの手段です。泣きたいだけ、泣けばいい、と言って、彼の気がすむまで泣かせてあげましょう。

楽天的な彼なら笑わせる?

もし、彼が楽天的で明るい彼だったら、笑わせて涙を止めてあげるという対応もありますね。楽しい話や愉快な話をしてあげて、なぜ泣いているのかを忘れさせてあげるのです。なかなかユーモアのセンスが問われるかもしれませんね。

そんなあなたの楽しい性格に、さらに愛情が深まるでしょう。しかし、泣くのを止めるということは、泣きたい気持ちを止めてしまうこともでもあります。

泣くことがストレス解消になることもあるので、泣いている理由や、彼の気持ちを察してあげて、時には泣かせてあげることも大切かもしれませんね。

泣いていることに気付かないフリ

男性が泣いていることを気づかないフリをする、という対応もありますね。それは男性の自尊心を尊重してあげることになります。“泣くのは男の恥”と思っている男性なら、そんな対応をありがたく思うかもしれません。

しかし、話題を無理に変えたりする必要はないかもしれませんね。その態度がかえって冷たく思われてしまうかもしれません。時には、泣いている自分の気持ちを理解してほしい、と思うこともあるのではないでしょうか。

別れ話で泣かれた時には?

別れる時に泣いてしまう男性もいます。泣いて彼女との別れを考えさせようしているなら、それはできないことをはっきり伝えましょう。泣かれると気持ちが弱くなってしまうかもしれません。でも、一時の感情に流されずに、自分の気持ちをはっきり伝えることが大事です。

彼が泣くことをやめ、気持ちが落ち着いたら、なぜ別れるのかをきちんと説明しましょう。

この記事をシェアする

関連記事