• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼に「何が食べたい?」と聞かれたときのスマートな答え方

Date:2013.06.12

長年付き合っているカップルや夫婦なら「何が食べたい?」と彼に聞かれて「何でもいいよ」と答えても、あまりケンカになりませんね。

お互い食べ物の趣味が分かっているので、相手が嫌いなものは避けるということが自然とできるので、それほど気を遣わずにすむからです。

しかし、まだ付き合いも浅く、相手の好みも把握できないときに「何でもいい」と言われると彼は悩んでしまいますね。

「何が食べたい?」と聞かれたら、できるだけ彼が困らないようなスマートな返答をしてあげると、彼も困らないし、その後の雰囲気も険悪にならずにすみますよ。

反対に聞き返す

「何が食べたい?」と聞かれたら、「うん、そうだな、あなたは何が食べたい?」と聞き返してみましょう。

何でもいいと答えると、彼任せで冷たく聞こえてしまうかもしれませんが、こう答えると、一緒に考えて決めよう、という意志が見られますね。彼の食べたいものも聞くことができますし。

どんな感じがいいか答える

あっさりしたものがいい、さっぱりしたものがいい、こってりしたものがいい、などどんな感じの食事がいいのかを伝えてあげるのも一つの方法。幅も持たせてあげられるので、彼も候補をあげやすいかもしれません。

食事の種類を答える

中華がいい、和食がいい、フレンチがいい、イタリアンがいい、とお店の種類や食事の種類について言えば、もっと彼の答が引き出しやすくなるかもしれません。

レストランなどのお店のことをよく知っている彼なら、沖縄料理やドイツ料理、スペイン料理がいい、などと言うと彼は「よし!あそこにしよう」と決めやすいですね。

どれくらい食べたいか答える

お腹がすいているからお腹いっぱいになるまで食べられるところ、お腹はそうでもないからお酒が飲めて軽く食べられるところ、ちょっとつまめるところ、などどのくらいの量を食べたいか、どれくらいお腹がすいているかなどを伝えてあげると、お店を決める目安になるでしょう。

特定のものを挙げてみる

おいしいワインがあるところ、パンがめちゃくちゃおいしいところ、お米がおいしくてご飯がウリのところ、景色がいいところ、など特定の希望を言ってみるというのもおススメ。

ただし、あまり特定のものだと彼を困らせてしまうことになるので、過去に一緒に行ったことがあるお店にしてあげましょう。

食材を言ってみる

お肉が食べたい、と言えば「焼肉?ステーキ?しゃぶしゃぶ?」と選択肢も出てきますね。お魚が食べたい、と言えば「お寿司?焼き魚?ムニエル?」となります。そういった会話ができれば、必然的に行くお店がスムーズに決まるでしょう。

合間に、彼は何が食べたいかも聞いてあげましょうね。

○○よりも○○の方がいい

和食よりも洋食の方がいい、パスタよりもご飯の方がいい、脂っこいものよりもさっぱりしている方がいい、お酒は飲める方がいい、などこっちよりもこっち、という希望を言ってみましょう。彼も決めやすくなりますよ。

旬のものを挙げる

季節によって旬のものってありますよね。牡蠣だったりサンマだったり、夏野菜や鍋料理、ちょっと高いですがマツタケやフグなど旬のものを提案するのもアリですよね。でも、それだとかなり決まった食事になるので、彼の意向も聞いてあげましょうね。

大事なのは会話

大切なのは会話を楽しむことです。「何でもいい」とか「○○がいい、○○じゃなきゃイヤ」などと言っては会話が成り立ちません。

何となく険悪なムードでお店を決めると、後になって「ホントは○○がよかった」などと言いたくなるもの。そんなことを言われたら、彼を怒らせることに。

仮に「何でもいい」と言ったら、彼の連れて行ってくれたお店に素直に従わなければいけませんよ。

しかし、食事に関する話をすることで、好みや嫌いなものをお互い知ることができますし、今度はここに行こう、とか次は○○を食べに行こう、など次のデートのことまで話が進み、楽しい雰囲気で食事をすることもでき、楽しいデートになるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事