• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

何気ない一言が友達を失う?口に出す前に相手の気持ちを理解しよう

Date:2013.08.11

「その服ちょっと派手じゃない?」これはKさんが友人の服に対して言った単なる感想です。普段なら「やっぱりそうかなぁ?セールだから買っちゃったの」と笑って終わる場面ですが、この日は友人の様子が違っていてそうです。

無言のままその場を立ち去り、それきり連絡は断たれてしまいました。友人が悩みに悩んで購入した高価な服であることを知ったのは、随分経ってからでした。

何の思惑も無く口にした一言が相手を傷つけることもあります。今回は、友人を不快にさせた人たちの一言を集めてみましたので参考にして下さい。

友達の家で言ったNさんの一言

Nさんには、交際歴3年の彼氏が居ました。久しぶりに彼の家で過ごすことになったのでお菓子やお酒などを買いこんで向かうと、彼はずっとパソコン画面を見つめています。

近頃の彼は、インターネットのゲームにハマっているようで、手元にはクレジットカードがありました。「それって課金するゲーム?」とNさんが聞くと「レアアイテムを手に入れる為にはあと3000ポイント必要なんだ」と。

Nさんは、パソコンや携帯ゲームをしたことがなかったので彼にこう言ったそうです。「現実の世界じゃないんだからさ、お金を捨てる様なものじゃない」。彼は、バーチャルの世界に月々3万円~5万円程度使うほどはまっていたので、Nさんの一言に憤慨。

数日後に彼から別れを告げられました。Nさんは、彼の様にゲームにハマっては居ませんが、ファッションにハマっていて、彼と同様に月々一定の額を服や靴につぎ込んでいます。

人にはそれぞれ世界がありますし、独身の彼やNさんがそのお金をどこに注ぐかは本人の自由。一緒に暮らしている、結婚しているなどの場合を除いては、干渉する発言を控えたほうが良いかもしれません。

ご近所さんに言ったHさんの一言

ゴミ出しへ出掛けたHさんの目の前でゴミを片付けている女性が居ました。彼女はご近所のAさん。ご近所ネタで30分盛り上がることもあるほど親しい仲でした。

「おはようございます」と声をかけると「カラスにゴミを荒らされたのよ」とほうきとちりとりで片付けしている最中。

連日の猛暑日でその日の気温は、既に気温は29度。Hさんは、「手伝いますよ」とゴミ拾いを始めました。

手伝うHさんへAさんはこう言いました。「生ごみをしっかりくわえて飛んでいけばいいのに、口が緩いのかしらね。まき散らしらしながら飛んでいくから余計に汚れるのよね」と。

汗だくになって掃除するAさんへ「それってなんか怒りを通り越して笑えますね」と言いました。この一言でAさんの怒りはHさんへと向けられました。「私が本気で怒っているのにふざけるなんて冗談じゃないわ。後はお願い!」と。

暑さ+本当に怒っている相手には、笑う余裕もないものです。怒っている人の前では相手の気持ちに寄り添って、共感することをお勧めします。

職場の後輩に言ったSさんの一言

会社員のSさんの会社には数年ぶりに新入社員が入社し、Sさんにも部下がつきました。張り切って仕事を教えていたSさん、それに応えようと頑張った新入社員。そんなある日にSさんが言った一言で新入社員は退職することに・・・。

デスクワークする新入社員の元へコーヒーの差し入れへ行ったSさんは、彼女の顔を見てこう言いました。「目の下のクマひどいけど、寝不足?」と言った直後に、新入社員が立ち上がりました。「S先輩は、人の欠点や非難ばかりですよね。もう無理です」

Sさんはもともと人を褒めるタイプではなかったのですが、気遣いは出来る女性です。目の下のクマを心配して言った言葉でしたが、常日頃から褒められず、認められていないと思い込んでいた新入社員には気遣いだと気づく余裕がありませんでした。

寝不足や疲れで精神面が敏感になっていたことは、退職理由を聞かされて知ったそうです。張り切り過ぎたSさんは、仕事量を見直して、その後は新入社員を褒めることも始めたそうです。

疲れや精神的に追い詰められている人は、言葉を敏感にキャッチしてしまうので気をつけましょう。

芸能人の浮気話で言ったEさんの一言

引っ越してきたばかりのEさんは、子供が居らず日中の時間を潰す為に愛犬と近所の公園へ出掛けました。子供連れで賑わう公園でたまたま隣同士に座った女性は、専業主婦Fさん。

年齢が近かったこともあり、挨拶程度の関係から友人になるまでそれほど時間はかからなかったそうです。そんなある日のこと、オシドリ芸能人夫婦が旦那の浮気で破局というニュースを口にしたEさんは、こう言いました。

「多忙な旦那とは言え、浮気に気づかないなんて奥さん平和ね」。この言葉を聞いてすぐにFさんの表情が変わり、「用事がある」と言って子供を連れて帰ってしまったそうです。

EさんはFさんの表情の変化を見逃さなかったので、すぐにメールを送ってどうしたのかと聞いたそうです。

返信メールにはこう書かれていました。「妊娠中に浮気されて離婚危機になったことがあったの。それまでも浮気に悩むことがあったから全然平和じゃなかったわ」と。

他人や芸能人など自分や相手と無関係の人の話しでも、不倫や浮気の話をする時には「男女間って大変よね」「縁がなかったのかしらね」など当事者が居ることを想定して話した方が良いかもしれません。

親しい人ほど傷つけやすい?!

親しい人や身近な人に程、言葉のガードが甘くなって深く考えることなく言葉にしてしまうものです。言葉で人を傷つけたことがある方も無い方も、心を許せる人を失わない様にある程度の節度と気遣いを忘れずに接してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事