• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

散歩やデートの楽しみ倍増!よく見かける春の野の花カタログ

Date:2013.05.10

暖かくなってくると、公園や野山にお散歩しに行ったり、デートで行ったりするようになりますよね。そんなのどかなひと時を楽しく演出してくれる、道端のかわいい春の野の花たちを今回は紹介したいと思います。

青い空のカケラ…オオイヌノフグリ

暖かくなってくると、公園や畑・川の土手・街路樹の根元などに群生で咲く花です。群生というのは、その植物が広範囲に育っていることで、オオイヌノフグリも緑の小さな葉の間に、青い5mmほどの花をたくさん咲かせています。

「かわいいんだけど、名前が分からない」と思った人も多いことでしょう。ただ「フグリ」は陰のう(男性器の一部)を指す言葉なので、ちょっと言いづらいですね。

実の形からきているということなんですが、そういう場合は「天人唐草」という美しい呼び名もあるので、そう呼んでみましょう。

春告げ野菜…フキノトウ

これは主に畑・またはフキのある庭に出ています。やはり春を告げる代表格です。丸いフキの葉以外に、つぼみとして黄緑の塊が春に出てくるのです。放置しておけば花が咲きます。

野山の妖精…スミレ

林の中や植え込みの中、川土手などにも咲いています。濃い紫・薄い紫・黄色・白など色もさまざまで、種類もたくさんあります。一般的なのは濃い紫・薄い紫でしょう。

花は1cmくらいで独特の形、葉はだいたいハート型です。小さいので間違って踏みつけないように気をつけましょう。

神秘的な形…ホトケノザ

この花がいっぱい咲いていると、レンゲ草とよく見間違います。花の色はレンゲのような赤で、長く伸びた花だけ取って吸ってみると、蜜の味がします。咲いているのは田畑や花壇などです。

なぜ「仏の座」なんて名前がついているかというと、葉の形が丸く重なっていて、仏様が座っている蓮華座みたいだからだそうなんです。

そしてこの植物が育つのは健康な土地なんだという言い伝えもあります。なんだか春が来た喜びとともに、ありがたさまで感じさせてくれそうな花ですね。

小さなマメ科…カラスノエンドウ

濃い赤とピンクの2色が1つの花についています。花も葉もエンドウマメをそのままミニチュアにした感じです。想像がつかなければ同じマメ科なので、地味なスイートピーと思えばいいでしょう。

先には小さなツルもついているので、絡めるものがあれば、絡んでいきます。割とどこでも見かけるので、ちょっとモシャモシャとした雑草の一群を見たら、赤ピンクの小さな花がないか見てみてください。

この花は咲き終わると実になって、サヤエンドウそっくりのミニチュアになりますから、そのあたりも後で気づいたら観察してみてください。

元気になる花…タンポポ

これはもう春の花の王道ですね。植物なんて知らないよという人でも、黄色いタンポポくらいは知っているのではないでしょうか。タンポポは公園でも林でもアスファルトの隙間でも、どこでも花を咲かせます。

冬の間は葉を広げるだけ広げて地面にペタリと張り付いていますが(少ない太陽光を集めるため)、春になるとその真ん中からかわいいつぼみを出し、黄色い花を咲かせるのです。

葉はまだ本格的に暖かくならないと、上に伸びてはきません。でも花は地面に張り付いた状態で咲き、種まで作ります。生命力の凄さです。

いかがでしたか。何気なくお散歩している道端にもさまざまな春の野の花たちが咲いているのです。一人で探して歩くのも良し、デートのときの話題にしてもいいですね。是非一味違ったお散歩を楽しんでみてください。

この記事をシェアする

関連記事