• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日常をすべてエクササイズ運動に!夏までに理想のボディを手に入れよう

Date:2013.04.23

夏に向けてダイエットを始めた人も多いかと思います。テレビでも雑誌でもあらゆるダイエットが紹介されているので、どんな方法を選ぼうか迷ってしまいますよね。私も常に理想の体型に向けてダイエットの意識は持っていますが、実は特別な方法を取り入れている訳ではありません。

なぜなら、毎日繰り返す動きにほんの少し工夫を加えれば、筋肉に負荷を与えることが出来、運動しているのと同じ状態にすることが出来るからです。本当に特別な難しい動きはありません。究極の「ながら運動」を紹介します。

歩く時がチャンス!

皆さん毎日必ず、歩いていますよね。歩く時に少しだけ注意をしてみてください。いつもより歩幅を広く取り、意識は前に出す足ではなく、後ろに残る方の足です。そして後ろに残った足を前に運ぶ時、強く地面を蹴るイメージを持ってください。

後ろ足の太ももに力が入るのが分かると思います。これを繰り返して歩けば、通勤通学、ちょっとした買い物など、動くすべての動作が運動になりますよ。

階段もチャンス!

ダイエットを意識した時、駅やマンションでエレベーターを使わず階段を登る人は多いと思います。それにさらにプラスして階段を登ると、足がきゅっと引き締まりますよ。

方法は簡単。足の裏すべてを階段につけるのではなく、つま先だけをつけるようにして階段を登ればいいのです。接地面積が減ることでかかとが浮き、太ももとふくらはぎに力が入ります。

椅子に座る時も注意が必要

椅子に座った時は、ひざ下をただ垂らしてしまうのではなく太ももと同じ高さにまで上げてみましょう。しばらくすると太ももがプルプルしてきます。この状態をキープすると、太ももの筋肉に負荷がかかります。慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしていきましょう。

また、椅子に座った時は背中を丸めてしまうとお腹のぜい肉も下がってしまうので、腹筋を意識して座りましょう。お尻を椅子の奥にしっかりとつけて、背中を背もたれに密着させると楽にまっすぐの姿勢が保てます。ここまでは足のながら運動でしたので、次は腕に効果のあるながら運動です。

お風呂&歯磨きタイムは腕シェイプの時間

お風呂に入った時、必ず髪を洗いますよね。その時、肘を下げずに頭の高さまで上げます。頭を洗う一定時間、腕を上げたままキープするのはなかなかキツイものです。

また、これは歯磨きをする時にも応用が効きます。口の高さまで肘を上げ、床と並行にして歯を磨きます。歯ブラシを持っている方とは逆の腕を円を描くように回せば、ダンベル運動を同じ効果が得られます。

最後はちょっとおまけ。一人の時間であれば、いつでも出来る表情筋の運動です。

誰にも見せられない、小顔&たるみ対策

パソコンに向かっている時、読書をしている時、料理をしている時、お風呂に入っている時、テレビを見ている時など、一日の中で一人になる時間は必ずあります。そんな時はチャンス!表情筋を動かして小顔になる為の時間と考えましょう。

思い切り口を開けたり前に突き出してみたり、特別な動きは必要ありません。とにかくこまめに動かすことが大事なのです。表情筋をまめに動かすことで今の小顔効果だけでなく、将来たるみにくいスッキリとしたお顔になれます。

ただし注意が一つだけあります。ほうれい線やしわがそのまま残ってしまわないよう、表情筋を思い切りほぐしたあとはよくマッサージをするようにしてください。

どうでしたか?難しい動きは一切ありません。毎日あなたが必ずやる動きに少し工夫を加えるだけで、生活の中の運動量はぐんと増えます。また筋肉に負荷を与えることでただ細い体ではなく、筋肉が引き締まった健康的なボディになります。夏までもう少し!必ず理想の体になりましょう。

この記事をシェアする

関連記事