• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

魅力的な女性になるには自意識過剰やナルシストな一面も必要!

Date:2014.12.28

自意識過剰にナルシストといえば、嫌われ者の代名詞のような言葉です。でも、自分を磨く手段として「自意識過剰」や「ナルシスト」な一面を、自分の中に存在させることはあっても良いと思います。

マイナスイメージがあるこの二つの言葉も、良い面を上手く取り入れれば、日々の自分磨きに活かすことができるのです。

隠れ「ナルシスト」のススメ

自分の顔が好き。自分の手が好き。自分の脚が好き。鏡の中に映る自分にうっとり…。そこまでになる必要はありませんが、でも、自分の中に「好き」をたくさん見つけるのは大切なことです。

人から見て「ナルシスト」とわかるくらいにのめりこんでは困りますが、客観的な自分を残しつつ、内々では自分をうんと好きでいてあげる。これが理想です。

自分を好きになるべし!

まず、自分が自分を愛さなければ、人から愛される女性になどなれません。自分の中に「好き」な場所をたくさん見つけてみてください。

美人でもかわいくもない顔だけど「唇の形は好き」でもいいし、体はぽっちゃりしているけど「指は細くて好き」でもいい。自分が好きと思うことで、その部分に少し自信がついてきます。好きな部分は人にも見てもらいたくなるし、見てもらえるようによりきれいになろうと、努力にも力が入ります。

鏡を好きになるべし!

ナルシストは鏡大好き!それをぜひ、見習ってください。家の中に鏡を増やしてください。鏡の前で立ち止まってください。街中でも鏡やショーウインドウの前を通るときは、そこに映る自分の姿を意識してください。

「意識する」と姿勢が良くなったり、お腹にグッと力が入ったり、表情も引き締まったりするでしょう。美しく見える立ち姿を、ふと意識するでしょう。その緊張がトレーニングになり、美しい姿勢、スタイルを作ることにつながります。それを繰り返すうちに、鏡がなくても鏡に映る姿を想像できるようになり、何もない場所でも美しいポージングができるようになります。

自分に貢ぐべし!

自分の中に好きな場所が増えていくと、もっとかわいく、もっと美しくという欲が出てきて、どんどん磨きがかかっていきます。そうして、より理想の自分に近づいてきたなら、自分にご褒美を与えてください。

「せっかくスタイルが整ってきたのだから、より美しく見える服を買ってあげなきゃ」「この口元が映えるリップを買ってあげなきゃ」と、どんどん自分に貢いでください。頑張れば成果が現れ、ご褒美が待っている!そう思うことで、さらに自分磨きが楽しく、自分がかわいくなっていくことでしょう。

隠れ「自意識過剰」のススメ

みんなが私を見ている!常に誰かに見られている!みんなが私のことを好き!そう本気の本気で思ってしまえば、非常にイタイ人として周りに避けられてしまうでしょうが、隠れてこっそりそういうシチュエーションを作り込むことは、自分を磨く上でとても役立ちます。

「みんなが私を見ている」と思うべし!

いつも誰かに見られているという意識は、美しくなりたいならば、ぜひ持つべきです。誰かが自分のことを見ていると思うことで、常に気が抜けないからです。常に美しく見られようと、スタイルや所作にも気を遣うようになるからです。

常に美しい姿勢をキープするということは、人前ではずっと全身筋トレしているようなものです。毎日そうしていれば、太り知らず!太らないだけでなく、美しい表情やしぐさも意識しているので、雰囲気を含めた美しさが身についていくでしょう。

「みんなに愛されている」と思うべし!

本気で「○○さんは私のことが好き」とか「みんなに愛されている」などと言うと、ドン引きされるでしょうが、「好かれている」と思って接することは悪いことではありません。

みんなが好意を持ってくれていると思うことで、みんなが愛しく思えてきます。そのことでみんなに優しく接することができ、笑顔が自然に寄り添い、それが周りにも伝染して、自然と和んだ空気が生まれます。

また、「愛されている」と思うことは、美しくなるためのビタミン剤のようなもの。より美しさにも磨きがかかります。あくまでも、こっそり思い込むだけにしてください。愛され気分満々で接したりして、周りに変な人と思われないようにしてくださいね。

「見えない誰か」も意識すべし!

家にいるときも、自分以外に誰もいない部屋の中でも、「見えない誰か」に見られていると思うことができれば達人域です!

寝るとき以外、常に見られることを意識しての生活ができれば、どんなダイエットよりも、どんな美容法よりも、きれいになれること間違いなしです!

「意識する」ことが大切

自分からの視線、他人からの視線、見られていると意識することは、きれいになる上でとても大切なことです。人は本来怠け者。誰からも見られていないと、全身緊張感ゼロのゆるゆるだるだるな体になっていってしまいます。

誰からの視線も感じないならその分自分が見る!見られていると妄想する!ばかばかしいと思うかもしれませんが、ぜひ、やってみてください。自意識過剰などではなく、本当にすれ違う人が振り返る日がくるかもしれませんよ!

この記事をシェアする

関連記事