• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

組み合わせを変えればファッションが変わる!夏のおしゃれコーデ

Date:2014.08.07

スタイリッシュに見えるけど、窮屈な服。心地いいけど、だらしなく見える服。そのどちらも意識の高い女性の美学読者には似合いませんね。この夏はスタイリッシュかつ着ていて心地のいいコーディネートで装いましょう。ヒントは、アイテムの組み合わせ!さっそくご紹介します。

こなれたオールブラック

リネンのゆったりとしたシャツは夏にぴったり。これの黒を選んでスタイリッシュさをだし、ボトムスは黒のスキニーか濃い青のデニム、そこに黒の太目のレザーベルトをオン。胸元を開け、華奢なゴールドのネックレスをプラスして。黒のシャツには心地よい風が通りつつ、辛口のオールブラックコーデで美しいかっこよさが実現します。

スポーティーなワンピスタイル

上半身はぴったり、ウェストからゆったり広がるミドル丈のジャージーワンピースに、同色のインヒールスニーカーを合わせて。腕にはカラフルなミサンガやエスニックなブレスレットを重ねづけして大人のスポーティースタイルに。色はグレーや白、黒などがおすすめ。ワンピはモノトーンで、スニーカーを派手なものにしてもおしゃれです。

白シャツとデニム

潔いコットンのボタンダウンに、ブルーデニムのショートパンツ、足元も白いデッキシューズで完成度を高めて。バッグは大き目の黒のレザーショルダーをチョイス。爽やかでこなれた印象です。

大人のトレーナーコーデ

グレーのオーバーサイズのトレーナーに、ボーイフレンドデニムの裾をたくし上げて。これだけだと単に心地いいだけですが、ポイントは黒のレザーアイテム。女らしいヒールパンプスに、かっちりとしたバッグを合わせれば、女らしさがアップ!アクセサリーも本物を身に着けて、若者ファッションと一線を画しましょう。

ギンガムチェック

可愛らしい印象のギンガムチェックのシャツも、モノトーンのものを選べばぐっと大人顔。そこに真っ白なスキニーを合わせてフランス女性のような媚びないかっこよさをプラスしましょう。コットンの心地よさで、このかっこよさは反則かも。

新鮮マリン

真っ赤なストライプが目立つストライプのコットンの長袖Tシャツに、淡いブルーのショートパンツ、靴も赤で揃えて。クーラー対策に黒のジャケットをつかめば、新鮮マリンスタイルの完成です。ポイントは、Tシャツ。だぼっとしたものよりも、体に沿うものの方がスタイリッシュです。

夏のモノトーン

柔らかな素材の濃い黒のタンクトップに、白のフレアジーンズ。ドラマチックながらゆったりとした大人の余裕を感じさせるスタイル。合わせるバッグや靴は、モノトーンで合わせても、逆に赤などを差しても。白のフレアの代わりに、ウォッシュ加工のボーイフレンドデニムの裾をたくし上げても決まります。

大人ジャンプスーツ

流行もだいぶ落ち着いた感じのジャンプスーツ。これをリネンにすると、一気に旬な印象に。足元はフラットサンダルでゆるめにしたところへ、ブランド物のクラッチとゴールドのアクセサリーで高級感をプラス!いい感じでカジュアルさを裏切ってくれます。

ハンサムワンピ

かっちりとしたデニムワンピースを生足で着こなし、足元はヌーディ―なサンダルを。真っ赤なルージュにサングラスを足せば、ハンサムなイイ女の完成です。「楽してフェミニン」形のきれいなTシャツに、女性らしいサークルスカートを合わせて。フェミニンだけれど、締め付けは少なく、楽に女っぽくなれます。色はやはり、モノトーン。スカートは大胆な幅広ストライプなどがおすすめです。

ダメージデニムを格上げ

ゆったりとした薄手のTシャツに、ダメージ加工のデニム。このくつろぎスタイルとスタイリッシュに格上げするのが、リネンのジャケットです。小脇に抱えたタンのクラッチと、バッグと色味を合わせたハイヒールがにくい演出です。

いかがでしたか?ゆったりアイテムとかっちりアイテム、色合わせや素材など、さまざまな要素を足したり引いたりすることで、スタイリッシュかつ、心地のよいスタイルが無限に広がります。ぜひこの夏は、大人の余裕を感じさせるかっこよく美しいおしゃれを楽しんでください!

この記事をシェアする

関連記事