• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ショートとロング、夏でも涼しく快適に過ごすヘアスタイルアレンジ

Date:2015.08.13

shutterstock_287128394 - コピー

年々厳しくなる夏の暑さ。少しでも涼しくしようとヘアスタイルを変える女性も多いのでは?よく夏に向けてばっさりと髪を短くする方もいらっしゃいますよね。

ショートヘアにすると見た目は涼しげですが、本当に自分自身も涼しく感じられるのでしょうか?ロングヘアでもアレンジ次第で涼しげなヘアスタイルも作れますよね。

これから夏に向けてヘアスタイルを変えたいあなたのために、夏に涼しいヘアスタイルについて徹底究明してみましょう!

ショートヘアは涼しい?長さで変わる清涼感

ショートヘアは見た目、とても涼しそうなヘアスタイルです。しかしショートといってもヘアスタイルによって長さがバラバラですよね。実はその長さが涼しさを決めるとても重要なポイントになります。涼しげなショートを作るコツについて紹介していきますね。

アレンジしなくても涼しいならベリーショート

一見軽やかで涼しげに見えるショートヘアですが、襟足の部分に髪の毛がかかると涼しさを感じません。

逆に汗で髪の毛がはりついて暑苦しく感じてしまうのです。それならばロング、セミロングヘアですっきりアレンジをして襟足を出したほうが、涼しいという意見も聞かれるほどです。

ショートヘアで清涼感を出したいなら、襟足にかからない長さまで髪をカットしてしまうことです。涼しさダントツのヘアスタイルは、ベリーショートです。これなら髪の毛の量も少なく、襟足にも髪がかからないので暑い夏も涼しく過ごせますよ。

またベリーショートだと髪が乾くのが早いのも嬉しいですよね。夏は汗をたくさんかいて髪の毛も汗でベトベト。

髪が長いとそれだけ量も多いので乾くまでにも時間がかかります。乾くまで時間がかかると発生してくるのがあの嫌なやつ。生乾きの臭いです。ショートなら乾きが早いので生乾きの臭いも抑えられますね。

長めショートヘアもアレンジで涼しく

ベリーショートにすれば涼しいのはわかります。しかし問題は似合うかどうか。実は顔のつくりが整っていないとショートは似合わないと言われています。それはショートヘアはごまかしがきかないからです。

顔の形や頭の形がはっきりと見えてしまうスタイルですから、顔立ちが引き立つのです。もしもショートにして似合わなかったら最悪です。

一度切ってしまった髪はそう簡単に伸びませんので、伸びるまで我慢しなくてはいけないのです。それを考えたらばっさりとショートにするのはちょっと勇気がいりますよね。またバッサリと切ってしまうと女性らしさがなくなるのではということを心配する方も多いです。

そこでちょっと長さを残した女性らしいシルエットのショートヘアスタイルも人気があるのです。しかし長めのショートヘアはそのままたらしておくと夏は暑いです。

しかも暑さで髪の毛が濡れてボリュームもダウン。そこでアレンジをして涼しいヘアスタイルを作ってしまいましょう。

ポンパドウル
前髪をアップにするスタイル。ショートヘアでも適度な前髪の長さがあれば簡単に作れるヘアスタイルです。汗をかいても前髪が塗れることもありませんね。

前髪にボリュームができますので小顔効果もアップします。作り方も前髪をひねってピンでとめるだけで完了ですから、コツをつかめば簡単です。

カチューシャアレンジ
カチューシャを巻くだけの簡単アレンジ。カチューシャも頭全体を包み込むタイプを使用すれば襟足の長い部分をカチューシャに入れこんでしまうことができますね。これなら結ぶほどの長さが足りなくても、簡単にアップスタイルに仕上げることができます。

お気に入りのカチューシャが見つからない時は、大判のスカーフでも代用できます。綿素材のバンダナやカチューシャなら汗も吸い取ってくれるので一石二鳥ですね。

ねじる、三つ編み
ショートヘアでもある程度の長差があれば、ねじる、三つ編みによるアレンジが可能に。ねじる、三つ編みヘアなら見た目おしゃれにも見えますし涼しげですよ。

夏はロングよりもセミロングがおすすめ

ロングヘア派の女性は涼しげにするためという理由でも髪を切ることに抵抗がありますよね。長い髪は女性らしさの象徴ですし、アレンジ次第でいろいろなヘアスタイルが楽しめます。

しかし髪が長いとはっきり言って暑いです。おまけに髪の毛を乾かすのも時間がかかって大変。夏はドライヤーを少しあてるだけでも汗をかいてしまいますので、それもまた苦痛ですよね。

また長さがあるといくら涼しげなアレンジをしても、髪が体や襟足にふれてしまうことがありヘアスタイルによっては暑さを感じることも。そして何よりも見た目が重たく暑苦しく見えます。

真夏にロングヘアを垂らしているとそれだけで暑さ倍増。周りの人もきっと暑苦しく感じてしまうことでしょう。夏の間は少し髪を短くしてセミロングくらいの長さにしてみてはいかがでしょうか。

セミロングなら女性らしさを保てますし、ロングヘアよりもお手入れがずっと楽になりますよ。ロングヘアに伸びるまでもそれほど時間もかからないと思いますよ。

スッキリお団子で涼しげヘアスタイル

涼しげなヘアスタイルの定番といえばお団子。髪の毛をポニーテールにしてまきつけてピンでとめるだけの簡単スタイル。襟足もすっきりと出せるので涼しげですね。

お団子ヘアは髪を結ぶ高さによって、印象が変わるのでアレンジも楽しめますよ。高めの位置にお団子を作るとはつらつとした元気な印象を与えられますし、低い位置に作ると大人っぽくて落ち着いた雰囲気を醸し出せます。

ねじる、編み込む、三つ編み

セミロングだからこそアレンジも自由自在。編み込みやねじり、三つ編みを取りいれたヘアアレンジで涼しげでしかもおしゃれなヘアスタイルを作ってみましょう。不器用さんでも比較的作りやすいヘアスタイルをいくつか紹介していきますね。

前髪アレンジ
自分で見えない位置、つまり後頭部のアレンジが苦手な方でも前髪なら作りやすいですよね。前髪が額にかかると暑苦しいので、前髪を編み込みや三つ編みですっきりとまとめてみましょう。

その後一つにまとめてお団子にするだけでぐっとおしゃれな涼しげヘアが作れますよ。

流行のくるりんぱ!
今簡単アレンジとして流行っているのが通称くるりんぱ。これは髪をゆるめにひとつ結びしてそこに髪を通すだけという超簡単ヘアアレンジ。それだけで立体感のあるヘアスタイルが作れてしまいます。
カチューシャ、バンダナを活用
カチューシャやバンダナで前髪をすっきりとあげてみましょう。そして残った毛をゴムで一つで結ぶだけ。これだけでOKです。カチューシャやバンダナもいろいろな種類が柄の物を揃えておくと、ファッションに合わせて選べるので便利ですよ。

暑い夏でもアレンジ次第で涼しげに!

暑い夏は髪が短い方が涼しげに見えるのは事実です。短くすることで見た目の涼しさは得られますが、アレンジしないと逆に暑さを感じる原因になります。

ちょっと長さがあるショートヘアでもアレンジ次第で涼しいヘアスタイルを作ることができますよ。暑い夏を乗り切る涼しげヘアで見た目爽やか女性を目指してみましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント