• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大人の女性らしい夏休みの過ごし方は、楽しさより上質感で勝負!

Date:2014.09.08

夏休みの計画、もう決まりましたか?

子供のころの夏休みは、プールに行ったり、海に行ったり、家族とキャンプにいったりワクワクと楽しく過ごしていたと思います。

さて、大人の女性として、どのような夏の過ごし方が素敵なのか。子供のころより短い夏休み、満足度の高い過ごし方をしたいですね。

大人の夏休み。ぜひ提案したいのは「ホテル」で過ごす夏です

大人の女性の夏休みとして、最初に提案したいのが「ホテルで過ごす夏」です。都内でもリゾートエリアでも、ホテルでは夏ならではの企画やキャンペーンがみうけられます。

例えば、プールとランチのセットプラン、宿泊とプールのセットプラン、夏らしいデイナーメニューのプラン、テラスカフェでの夕涼みプランなど・・・。

大人の女性として一度は体験してみたい夏は、ホテルのプールサイドでの静かな時間です

ホテルのサマーステイの中でも一番に体験してみたいのが、プールです。

レジャー系のプールでいろいろなものを食べたり飲んだりした場合とトータルのお値段はそんなに大きく変わりません。それでも、明らかにチビッコが少ない、トイレや更衣室が綺麗でゆったりしている、など上質感が比較にならないほどの夏の午後を過ごすことができます。

パラソルの下、綺麗な夏色のカクテルなどのんで、好きな音楽をヘッドフォンで聴いて、本を読んだりするのは、大人の女性にこそ許された贅沢といえます。

また、ホテルのプールサイドには同じように考えている人が多いので、子どもたちのはしゃぎ声や缶ビールで真っ赤になった若者グループのふざけた会話などで、自分の空間が邪魔されることも少ないです。

ホテルにいくとなると、Tシャツ、ショートパンツ、ビーチサンダル、というわけにもいきません。プールとはいえ、ワンピース、やつばの広い帽子、少しヒールのあるビーチ用綺麗めサンダルなどを履いて。

コサージュのワンポイントがついたバスケットやブランドのビニールバッグなど上質な大人の夏スタイルを思いっきり表現することができます。

また、ホテルのプールに来ている人たちの人間ウオッチングも面白いです。ホテルによっては芸能人やモデル、マスコミ系の人もきています。

また、ほかのプールと違って泳ぐための水着でなく見せるための水着を着ている人たちが多いのも、ホテルプールの特徴です。

中には、完璧な巻き髪、スーパーモデルのような完璧ビキニ姿で決して水に入らないグループがパラソルの下でずっとカクテル片手におしゃべりしている様子も見うけられます。

混雑の中、行列待ちして買ったアイスを家族連れや学生たちと一緒に立って食べたりするのはもう卒業しましょう。大人の夏休みは短いのです。その分、ちょっと贅沢に・・・特別な時間を体験しましょう。

ホテルのビアガーデンも気持ちがいいです。街中のビアガーデンより少しお値段はしますがフード、ドリンクの内容・雰囲気など格別です。会社帰りのビジネスマンや学生コンパの人たちも少ないので、これもまた「優雅さ」を満喫できます。

プールのあと、ホテル内のカフェやビアガーデンで夕涼み・・など、本当の「大人の女性の優雅な夏の過ごし方」といえるでしょう。

大人の女性の夏・・プール、海から一歩進化!クルージングを体験してみたいです

ホテルのプールの次に大人の夏として提案したいのが・・・クルージングです。海の上は本当の意味で脱日常です。

東京湾、横浜、葉山、伊豆など長くないクルージングのツアーはいくつかあります。もちろん、クルーザーやヨットをもっている親戚や友人がいればそれは素晴らしいチャンスですが・・・。

クルージングではビーチにいくよりワンランク上の上質な海を経験できます。そのあと、マリーナで夕日を見ながらお食事やお酒を楽しむのも素敵です。

学生時代のように、海水や砂でベトベトになって真っ赤に日焼けするビーチライフより上質な気分になれます。

つまり、大人の夏休みは短い分、「優雅さ」「贅沢」「余裕」をキーワードに

このように、大人の女性らしい夏休みは、脱混雑を意識して「優雅」贅沢」「余裕」を意識してみましょう。今まで一歩踏み出せなかった「大人の過ごし方」にチャレンジするいいチャンスです。

大人の女性の夏休みは一点豪華主義で、混雑を避け、「優雅な夏」をたった1日でもいいので自分の体で満喫しましょう。その優雅さはこれからあなたのオーラとなって、どこかしらからにじみ出てくるものですよ。オーラというのはそうやって、身についてゆくものです。

この記事をシェアする

関連記事