• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

明日やりたくなる!納豆の美容効果を各段に高めるトッピング5つ

Date:2014.09.02

日本が誇る栄養食と言えば「納豆」。

発酵食品ならではの旨味で食べて美味しいだけでなく、大豆イソフラボン、ビタミンEなど、美容と健康に欠かせない栄養素がたっぷり含まれ、美容のために毎日食べているという人も少なくありません。

納豆の栄養効果を高めたい!

栄養成分には相性があります。異なる食材と一緒に摂ることで、体への吸収をしやすい状態にしたり、効果を高め合えたりするのです。

納豆は単体でも優れた栄養効果がありますが、どうせ毎日工夫をして食べるのであれば、その効果を存分に発揮できるトッピングをしたいですよね?

一緒に入れて美味しく食べることができて、栄養面も期待できる、そんなトッピングはないのでしょうか?

納豆の美容成分と言えば?

納豆は大変優秀な発酵食品です。特に、納豆特有の納豆菌は腸内環境を改善する善玉菌のエサになるので、善玉菌が増えます。

また、納豆の原料である大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることで有名ですね。

その他にも、

・ビタミンE:老化の原因になる活性酸素から細胞を守る。
・ビタミンB群:肌や髪を美しく保つ。脂肪の代謝を助ける。
・納豆ムチン:納豆菌を胃酸から守る。粘膜を保護する。
・レシチン:コレステロールを排除し、血液をサラサラに。脂肪の代謝促進も。

このように、美容に有益な成分がたっぷりと含まれています。

おすすめトッピングはコレだ!

では、ここからは、先に紹介した栄養素の力を最大限に生かす食べ合わせで、しかも美味しく食べられるトッピングをご紹介しましょう。

① キムチ

腸内環境が悪くなることで、ビタミンやミネラルが上手く吸収されづらくなったり、毒素が排出されづらくなったりします。肌荒れの原因のひとつに、腸内環境が挙げられるのはそのためです。

腸の調子を良くするものとして、最も有名なのが乳酸菌。乳酸菌は酸に弱く、たまに摂る程度では胃酸でやられてしまいます。そこで有効なのが、納豆菌です。

納豆菌は、乳酸菌などの腸を整える善玉菌を強力に増やすことが研究により明らかになっています。

キムチのような発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれているので、納豆と混ぜて食べることで、納豆菌と乳酸菌の相乗効果が得られます。

② トマト

ちょっと意外な組み合わせかもしれませんが、味も美容効果もお墨付きというトッピングです。納豆がさっぱりと頂けるので、納豆に飽きた頃に試すのもおすすめ。

トマトを入れることで、納豆に入らないビタミンA、ビタミンCを補うことができます。実は、納豆に含まれていて、老化防止効果が期待されるビタミンEは、ビタミンCとの相性が抜群です。

ビタミンEは、一度活性酸素から細胞を守ると、その力を失ってしまいますが、ビタミンCと一緒に摂ることで、力を復活させることができるのです。

ビタミンAは、Eと同様に抗酸化作用が知られています。+トマトは、納豆が持つ老化を抑えるパワーを最大限にアップさせる組み合わせなのです。

③ 玉ねぎ

ねぎを納豆に入れることは定番中の定番かと思いますが、ここでは長葱ではなく、玉ねぎをおすすめします。

納豆菌には腸内の善玉菌を増やす効果があることを先に挙げましたが、玉ねぎに含まれているオリゴ糖もまた、善玉菌のエサになって腸内環境を改善させてくれます。

さらに、納豆菌が作るナットウキナーゼと、玉ねぎの目にしみる成分には、血栓を予防して血液をさらさらに保つ力があります。

玉ねぎで納豆に含まれないビタミンを補うこともできるので、食生活の乱れからくる肌荒れ対策にもおすすめです。

④ うずらの卵

うずらの卵は鶏卵よりもビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB群は先に挙げたように、肌や髪を健康に保ったり、脂肪の燃焼を促進するのに役立つので、美肌だけでなく、ダイエット中の人にも欠かせません。

特に、ニキビなどの肌荒れが気になっている人は、ビタミンB2が不足しているのかも。

納豆に含まれているビタミンB6は、ビタミンB2と一緒に摂ることで効果を高めるので、納豆にうずらの卵を落とすだけで美肌メシに早変わりです。

⑤ 味噌

納豆の調味料と言えば醤油、というのが一般的ですが、味噌もおすすめです。味噌も納豆同様発酵食品なので、味噌の酵母菌が納豆菌をエサにして、体を作るのに必要なたくさんの酵素を作り続けます。

また、腸内の善玉菌が増えることによって、大豆イソフラボンの吸収が良くなるので、納豆と味噌どちらのイソフラボンも効率よく吸収しやすい状態になります。

味噌の酵母菌は火を通すと死滅してしまうので、醤油のかわりに入れるのがおすすめですが、味噌汁に納豆をいれて納豆汁にしても、アミノ酸を十分に吸収できます。

一品混ぜるだけで、美味しさも栄養効果もクラスチェンジする納豆。ぜひ、自分の体調や、欲しい美容効果に合わせた、ベストな食べ合わせを見つけてみてください。

この記事をシェアする

関連記事