• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏バテしやすいあなた!原因を知って今年こそ予防対策を

Date:2013.08.19

夏バテの原因とは

日本の夏は、高温多湿でジメジメとした気候で有名ですね。気温は高くても湿度の低いアメリカ西海岸やハワイは、汗をきちんと蒸発させ体温の調節が出来る為、比較的過ごし易いと言われています。

そもそも人間の身体は、体温を一定に保とうと調節しますが、その調節機能が気温の変化に対応しきれなくなると、必要以上のエネルギーを消費する事となり、身体に負担をかけるようになります。

この負担の現れとして、熱が出たり、胃腸の働きが弱まるなど夏バテの症状が出てくるのです。

具体的な夏バテ原因として、まず「自律神経の不調」が挙げられます。冷房のきいた室内と蒸し蒸しと暑い外の気温差によって、体温調節機能が低下し自律神経が乱れるのです。自律神経の乱れをそのまま放っておくと、食欲不振や頭痛にも繋がります。

次に、「胃腸の働きの悪化」が考えられます。これは自律神経の不調と関連して、胃の本来持つ働きが全体的に低下してしまうのです。

低下してしまうと、栄養素の吸収率も悪くなり、結果として身体に必要なビタミン・ミネラル・タンパク質といった栄養が不足気味になり体力が落ちる傾向にあります。体力が落ちるという事は、疲れ易くなってしまう訳です。

そして、「水分不足」も忘れてはいけません。私たちは、身体にこもった熱を放出する為に汗をかきますが、この汗の元となる水が不足していると熱を放出する事が出来ません。

つまり、体内に熱がこもってしまうのです。身体が高温に保たれると不調を招きやすく、頭痛やむくみ、下痢などの原因になります。

おすすめの予防策3点

まず第一に、「気温差に備える」という事です。夏の間オフィスや電車、飲食店などは基本的に低い温度に設定されている事が多く、ひんやりとしています。そんな場所に備え、一枚上着を常備しておきましょう。

気温の高い外から、涼しいところへ入ると気持ち良く感じますが、その温度差こそが身体をバテさせる原因である事を思い出してください。特に、女性にとって冷えは大敵です。上着一枚で足りない人は、ストールや大きめのタオルなども持っていると便利だと思います。

ちなみに、外気温との差は、5~6度が理想的です。自宅での冷房の設定温度を決める際には参考にしましょう。

逆に、気温の高い日に屋外で動かなければならない時は、帽子やサングラスなどキツい日差しから身を守ると同時に、こまめな水分補給をお忘れなく。

喉が乾いたと感じる前に、かつ一気にたくさん飲むのではなく、少量でもこまめに飲んでおく事が疲労を予防するコツです。

次に、「予防の為の食生活」です。ビタミンB1やB2を含む豚肉やレバー、うなぎや納豆などは積極的に摂りましょう。また。トマトやカボチャ、ゴーヤなどビタミンCを多く含む食品は、毎食少しずつでも摂取するのが理想的です。

更に、疲れを感じた日には、お酢やレモンなどでクエン酸を、食欲不振の時には唐辛子やわさびなど香辛料の効いたものを食べると食欲が回復するでしょう。

最後に、「良い睡眠」で夏バテを防ぐ事も可能です。熱帯夜の日などは特に、ぐっすりと眠りにつくのは一見困難にも思えますが、良質な睡眠をとる為に寝室の環境を整えましょう。

クーラーを使用する場合は、設定を28度にする事をお勧めします。そして、直接クーラーの風が身体にあたるのを避け、必ずタイマーをかけ就寝しましょう。また、入浴の際はシャワーではなく、湯船に浸かる事でより良い寝付きが出来ると思います。

以上3つの予防策で、今年の夏こそ「夏バテ知らずの健康ライフ」を送りましょう!

この記事をシェアする

関連記事