• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今年は猛暑の予感!今すぐ始めたい夏バテしない身体をつくる方法

Date:2013.08.17

夏バテ

夏は花火大会やキャンプなどイベントも多く楽しい季節ですが、暑さから夏バテを起こしてしまうと台無しになってしまいますね。

夏バテは病気ではありませんが、悪化すると体力が落ちてしまい、秋冬までだるさが続く事もあります。でも「食欲がないから」と麺類や冷たいものばかり食べたり、「だるいから」と冷房の効いた部屋でゴロゴロしていては、夏バテが悪化してしまいます。

夏バテしにくい身体を手に入れて、楽しい夏を元気に過ごしませんか?

夏バテの原因とは?

夏バテとは、暑さが原因で起こる「食欲低下」「だるい」などの症状が慢性化している状態のこと。原因は色々ありますが、大体はこのような事が原因になっています。

  • 消化機能の低下
  • 栄養不足
  • 自律神経の失調
  • 睡眠不足
  • 冷え

人の身体は暑いと、汗をかいて熱を身体から放出します。でも湿度が高いと汗が蒸発できないので、熱が身体にこもってしまい「暑くてだるい!」という事に。

また「水分の摂り過ぎ」や「暑さ」から、消化機能が悪くなり食欲が無くなります。食欲が無いうえに汗でミネラルが流れ出て、ミネラルやビタミン、たんぱく質不足になり、栄養不足からさらに体力が低下します。

冷房によるの温度差から自律神経のバランスが崩れ「立ちくらみ」「だるさ」の原因に。暑さによる睡眠不足や、冷たい食べ物による「冷え」が内臓の働きを悪くしてしまい、さらに夏バテが悪化してしまいます!

夏バテ予防には運動と牛乳!?

人の身体は鍛えたり慣れさせる事で、ある程度は暑さに対応できるようになります。そんな暑さに負けない身体作りにオススメなのが「運動+牛乳」の組み合わせです!

オススメの運動

  • 室内で行うヨガやストレッチ
  • 軽めのエクササイズ
  • 30分程度のウォーキング

そして運動後30分以内に200~300ml程度の「牛乳」を飲みます!

運動は夏バテにとっても効果的です。自律神経を整えたり、体力をつけたり、内臓の冷えを防ぎ胃腸の働きを活発にしてくれます。また汗をかく事で「体温調節機能」が正常に働くようになり、熱がこもるのを防いでくれます。

でも無理は禁物なので、普段運動しない人ならじんわり汗をかく程度の運動で十分です。そして牛乳には「体温の上昇を防ぐ」「「血液量を増やす」効果があるといわれています。

本来ヒトの身体は、夏になると血液量が増えるようになっています。「汗の材料は血液」なので血液を増やす事で、熱を発散しやすい身体にするのです。でも空調の効いた部屋に長くいると、それがうまく行われず、ひどい夏バテに・・・。

「運動+牛乳」で血液を増やし、夏バテしない身体を手に入れましょう!血液を増やす為に、最低でも1週間は頑張ってくださいね。また牛乳が苦手なら、ヨーグルトや他のたんぱく質でもOKだそうです。

今すぐできる夏バテ対策色々

  • お風呂につかる・・・乱れがちな自律神経を整える作用が。また汗をかく事で体温調節機能が働き、熱がこもりにくくなります
  • ビタミンB1を摂る・・・清涼飲料水など糖質の摂り過ぎからビタミンB1不足になりがちで、疲労や食欲低下の原因に。うなぎや豚肉、レバーなどがオススメです!
  • 水分補給に気をつける・・・水やお茶の他、ミネラルも摂れるスポーツドリンク、牛乳、味噌汁、スムージーもオススメ。冷たいものは胃腸に負担になるので控え目に。
  • 早寝早起きをする・・・夜更かしは夏バテの大きな原因です。体力を取り戻し、自律神経を整える為にも規則正しい生活を!
  • 冷房をかけすぎない・・・人の身体は5度以上の急な温度変化についていけないそうです。空調設定は28度を目安にすると、エコになり一石二鳥!

「夏バテに負けない身体作り」と「夏バテ対策」で猛暑を乗り切って、思い切り夏を楽しみましょう!

この記事をシェアする

関連記事