• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

季節に合わせて変えてみよう。夏に合うおすすめヘアスタイル

Date:2014.08.29

季節に合わせてファッションを変えるように、ヘアスタイルも変えてみませんか。女性は、男性よりも髪の長さや色を変える、パーマをかけるなど、幅広いヘアスタイルを楽しむことができます。

夏だからこそ、やってみたいおすすめのヘアスタイルを紹介していきます。

長さ別おすすめスタイル

  • ショート
  • 暑い季節だからこそ、髪もばっさりと軽やかにしたいと思いませんか。夏こそショートヘアがよく似合う季節です。髪の毛が短くなりますので、野暮ったさがなくなりさわやかな印象に大変身できます。ケアも楽になりますよ。洗ってからも、すぐに乾きます。

    ショートにすると、男の子っぽく見えてしまう、子供っぽく見えるのがイヤでなかなか冒険できない女性も多いはず。美容師さんに、その悩みを相談してみましょう。ショートでも女性らしく見える、大人の女性に合うスタイルを紹介してもらえますよ。

  • ミディアム
  • 女性らしさ、可愛らしさの両方を出せるミディアムヘアスタイル。パーマをかける、長さを少し変えるだけでも印象が全く違って見えるのが、魅力です。

    夏におすすめしたいミディアムヘアスタイルは、軽やかさを強調したスタイルです。暑い時期ですから、髪の毛も軽やかで涼しげな印象が出せるような、ヘアスタイルがおすすめ。ストレートにするなら、毛先にレイヤーを入れてもらうだけでも、軽い感じに仕上がります。パーマをかけるなら、くせ毛のようなナチュラル感のあるウェーブが、おすすめです。

  • ロング
  • 女性だからこそできる、憧れのロングヘア。夏は汗をよくかくので、そのケアも大変ですね。夏だからこそおすすめしたいのが、ウェーブヘアです。

    夏は汗をかきます。当然頭皮も汗でべったりします。そうするとふんわり仕上げたヘアが、ぺったんこで台無しになりますね。緩めにパーマをかけると、汗をかいても適度なボリュームを保てるのです。ウェーブをかけていると髪をまとめるのも、楽になりますよ。

前髪

夏はじっとしていても、大量に汗をかきますよね。気が付けば汗で前髪がべっとりとしていた、なんてことがよくあります。日焼け対策として、帽子をかぶることもありますよね。帽子をとると前髪も、ぺっしゃりとつぶれてしまいます。帽子をかぶって外出した時は、それを取った後の前髪が気になります。

とても暑いときは、思い切って前髪を上げてみてはいかがでしょうか。

  • ポンパドール
  • 前髪を上げるのに抵抗がある方にも、おすすめしたいヘアスタイル。前髪の一部をすくってねじってピンでとめるだけという、誰にでもできる簡単アレンジです。ポンパドールのメリットは、トップにボリュームが出せますので、顔が小さく見えることです。前髪をとる量、停める位置によっても印象がかわります。

    帽子をとってもスタイルが崩れにくく、おまけに涼しげに見えるのでおすすめですよ。

  • 横流し
  • 前髪を横に流して、ピンでとめるスタイルも、夏にぴったりです。横流しにすると、知的でクールな印象を与えます。やり方も簡単です。前髪をよくとかして、斜めに持ってきてピンを止めれば出来上がりです。使用するピンによって、出来上がりの印象が変わります。また少しラフに仕上げたいときは、ピンでとめてからクシで溶かすと、かっちり感が薄れます。

アレンジヘア

暑い時に、髪の毛をおろしていると野暮ったくみえますね。夏はできるだけ、アップスタイルで過ごしたほうが、周りも涼しげに見えますし、自分自身も快適ですよ。

  • 簡単結びは、ヘアアクセでごまかす
  • 不器用だからアレンジができない方も、ヘアアクセを使えばそれなりに素敵に仕上がりますよ。ただ一つにゴムを縛るだけのヘアスタイルでも、シュシュやバレッタ、飾りゴムをつけると可愛くも大人っぽくもアレンジできます。

    盛りヘアを作るグッズを、使ってみましょう。一つ結びでも、トップにボリュームを持たせることで、いまどきのヘアスタイルに変えられます。髪の内部にいれるヘアグッズを使用すれば、誰でも簡単に盛りヘアが作れます。

  • 三つ編み、編み込み
  • 自分で三つ編みや編み込みができる方なら、髪を編んでアップスタイルにしてみましょう。髪全体を編む、一部分だけを編む、編むゆるさを調節するだけで、出来上がりの印象が全く違って見えます。ヘアカタログなどを参考にして、色々ためしてみましょう。

夏のおすすめヘア、是非参考にしてみてください!

この記事をシェアする

関連記事