• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

超カンタン!好きな香りでナチュラルな芳香剤を作る方法!

Date:2013.09.15

自分好みの香りで作れるから嬉しい!

ほとんどの家庭で芳香剤といえば、市販のものを購入して置くというスタイルですよね。ですが、香りが少々キツかったり、買ってはみたものの、自分の好みじゃなかったという事も多いのでは?

そこで今回は、誰でもお手軽に、そして好きな香りで作る自分だけのオリジナル芳香剤の作り方をご紹介します!

準備するもの

  • 重曹
  • 空き容器(今回はジャムの空き瓶を使用しました)
  • お好きなエッセンシャルオイル

その他にも、重曹とオイルをかき混ぜる際にフォークを使用したり、彩りのためにお花を使ったりしますが、基本的にはこの3つで作れます。

それではさっそく作ってみましょう!

まず、空き容器に重曹を入れます。

重曹の量に決まりはありませんが、だいたい容器の半分以上を目安に入れて下さい。

重曹の上に直接、お好みのエッセンシャルオイルを数滴落とします(今回はトイレ用として作っていますので、若干オイルを多めに落としました。7滴程度)。

この状態で、すでに芳香剤になっています!これをそのまま使用しても構いません。※エッセンシャルオイルにレモンだけを使う予定でしたが、無色に近く、画像としてわかりにくかったので、今回はマンダリンも追加しました。

エッセンシャルオイルと重曹を馴染ませるために、フォーク等でかき混ぜます。

このぐらいかき混ぜたらOKです!これでオリジナル芳香剤の完成です!

もうひと工夫で可愛らしく♪

重曹とエッセンシャルオイルをかき混ぜたら完成なのですが、もうひと工夫で、さらにオリジナル感ある芳香剤に仕上げる事が出来ます。

今回は庭先に咲いている小さなバラの花びらを上に乗せました。こうすることで、彩りも鮮やかで、お客様が来る予定がある時などにもオススメの方法です!うちにはお花がない・・・という方には、可愛らしいビー玉などもオススメ!

これで全ての作業が終わりました!香りが弱くなってきたなと感じたら、重曹をかき混ぜたり、エッセンシャルオイルを足したりして調節します。

空き容器さえあればどこにでも置ける!

ペアであった薬味皿の片方が割れてしまったので、割れてないほうの薬味皿でオリジナル芳香剤を作って、男子便器の上に置いています。

また、その芳香剤から重曹をひとつまみ取って、直接男子便器に振り掛ける事もあれば、そのままトイレのお掃除に使ったりも出来ます。

オリジナル芳香剤にはムダがない!

もともと重曹には消臭効果がありますので、芳香剤の材料に、とてもマッチしています。

また、新しく香りを変えたいと思ったら、今使っているオリジナル芳香剤の重曹をそのままキッチンのシンク磨きに活用できます。重曹はナチュラルクリーニングの代表的存在でクレンザーなどの役目も果たしてくれます。

消臭効果もあるので、シンクの三角コーナーにパラパラと振りかけるのもオススメです。重曹はスーパーやドラッグストア、ダイソーなどでも見かけるほど、とても身近な材料で比較的簡単に入手出来ます。

自分の好きな香りだと嗅ぐたびに、ワクワクしたり癒されたりしますよね。今回ご紹介したオリジナル芳香剤はとても簡単に作れるものなので、みなさんもぜひ作ってみて下さい!

この記事をシェアする

関連記事