• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

悩みをカバーしてスタイルアップ!脚太、腹ぽちゃ・・・悩み別水着攻略法

Date:2013.08.01

shutterstock_308601818
よーっぽどスタイルに自信がある人でない限り、水着姿で人前に出るのは恥ずかしいですよね。何故ならば、水着は何もかもをさらけ出してしまうイメージがあるから。

まぁ、実際に身体の9割を露出するファッションでもあるわけですし。おかげでぽっこりお腹をコクーンシルエットのワンピースで隠すわけにもいかないし、気になる太もものハリをロングスカートで隠したりも出来ません。

でも、洋服が着こなし次第で体型のコンプレックスがカバーできるように、水着もちゃんと選べば、体型コンプレックスを解消してスタイルアップを狙えるのです。スタイルアップのコツは、コンプレックス部分をキレイに見せること。

この記事では悩み別の水着攻略法をご紹介しますので、水着を買う際の参考にしてくださいね。

ぽっこりお腹

水着になることをひるんでしまう理由のトップに君臨するのが、「ぽっこりお腹」なのではないでしょうか。

普段はゆったりしたトップスやワンピースで隠せるけれど、水着のような布地の少ない服飾品ではお腹を隠すことは困難です。

ましてや最近はローライズが定番化していることもあって、ウエストはゆるみがち。水着になるなんて、箱入り娘をホストの大群の中に投げ入れるも同然。うわぁ、危険キケン!

でも、大丈夫。そのぽっこりお腹はオーバーオール風水着で隠してしまいましょう。これまでにもあったタンキニもお腹ぽっこりさんには人気でしたが、タンキニには何となく「ビキニを着る自信がないからタンキニ」的な雰囲気がありました。

でも今年はオーバーオール風やオールインワン、ロンパース水着が流行中。「隠しているんじゃなくて、おしゃれだから!」と堂々と着こなしちゃいましょう。

もしも手持ちの水着がビキニしかない、というのであれば、水着の上に着るTシャツでカモフラージュを。襟ぐりの広い大きめTシャツを着たり、ロング丈Tシャツのすそを腰辺りで結ぶのも効果的です。

足が短い、太い

足のカタチにコンプレックスがある人が服を着る時は、トップスにポイントを持ってきて視線をそらす方法をとることがありますよね。

水着の場合も同じで、足にコンプレックスがあるならトップスにポイントを置いて目線を上に上げましょう。トップスを明るい色や柄にして、パンツを黒いショーパンにするというのも効果的です。

足が太くて出すのは恥ずかしいから隠したいという方は、パレオで効果的に隠しましょう。パレオのスリットからちらちら足が見えるとセクシーな印象になれるし、太さを効果的に隠せるし、一石二鳥です。

ただし、背が低めの方や足が短めの方は、パレオが長すぎると野暮ったい印象になってしまうので、気をつけてくださいね。

足の短さが気になるなら、ビキニパンツの両端がリボン結びになっているものをチョイス。リボンが目線を分散させてくれて、腰高な印象にしてくれます。

それから、ビーチサンダル選びにもこだわって。ボリュームがあるビーチサンダルは足を華奢に見せてくれるし、ヒールがあるビーチサンダルは足長効果が期待できます。今年はウェッジタイプが流行りだそうですよ。

大きなお尻

お尻が大きな人におススメの水着は、ビキニ。ワンピースだと布の面積が大きいために、実力以上に大きな印象になってしまいます。その点ビキニパンツだと、トップスとつながりがなく面積も小さくなるので、お尻が小さな印象に。

ビキニパンツには、シンプルなアクセントがあるものを選びましょう。フリルやリボンがたっぷりとついたタイプだとボリュームが出てしまいますので、アクセントは1点豪華主義で。

ロゴマークプリントやカモフラージュのポケットが描いてあるタイプもお尻を小さめに見せてくれますよ。

平坦なお尻が多い日本人の中では、大きなヒップは魅力的。むしろ隠すよりも、自信を持ってキュートに見せるようにしてみてはいかがでしょうか。

胸が小さい

ビキニは胸が小さい人にもおススメです。が!パッドやたっぷり入っていたり、バスト部分が成形されているビキニは逆効果。かえって痛々しい感じがしてしまします。

それよりも小胸さんが今年狙いたいのは、流行りのバンドゥービキニ。バンドゥービキニとは面積が小さいチューブトップタイプの水着のことで、最近の流行のデザインでもあります。

胸が大きな人が着用するのはかなり難しく、むしろ小胸さんの方が似合うようです。胸が盛り上がって大きく見えるというメリットもありますから。

ウエストがない

ウエストがない真っすぐ体型の方は、ワンピースでお腹の両側がえぐれたタイプのデザインの水着を。このデザインの水着は「モノキニ」と呼ばれることもあります。

後ろから見るとビキニに見えるモノキニは、ブラとパンツの間を結ぶ布の面積が小さいぶん、目の錯覚でメリハリのある体型を作ってくれて、ウエストが細く見えます。

この記事をシェアする

関連記事