• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

前向きで輝く女性になるために…願いごと手帖を作ろう!

Date:2013.12.23

なんだかおまじないみたい・・・願いごと手帖ってなに?

願いごと手帖、と聞くとなんだか子供のおまじないのような印象を受ける人も多いのでは。いい大人の女性がそんなものを書くなんて、なんだかバカバカしい?子供っぽくて恥ずかしい?いえいえ、そんなことはありません。

誰でも、なりたい自分の理想像や、手に入れたい物は必ずあるはずです。それはしっかりと明確な形にイメージし、それに近付くために自分に何ができるかを考えなければなりません。

こんな自分になりたいな、と漠然と思っているだけではなかなか叶わないもの。また、頭の中で思っているだけでは「でも~だから無理」というように、言い訳をして願望を押さえつけてしまうこともあります。

願いごと手帖は、引き寄せの法則やアファーメーションのように潜在意識に働きかけます。決して子供のままごとではありません!まずは自分のなりたい理想を明確に表すことから始めてみましょう。

引き寄せの法則、アファーメーションってそもそも何?

引き寄せの法則、アファーメーション、この二つは非常に似ています。自分の願望を、すでに叶ったことのように断言して紙に書き起こします。こうすることで、自分の潜在意識に働きかけ、願望を自分に引き寄せて実際に叶えるというもの。

決して魔法でも、スピリチュアルなものでもありません。知らず知らずのうちに、その願望のために努力する自分になっていくのを助けるという考え方です。

願いごと手帖を実際に書いてみよう

手帖は文字が書ければなんでもOKです。ただし、自分の気持ちを引き締めるためにも、お気に入りのノートなどを使った方が効果が高まるかもしれませんね。

まず、文章の書き方に注意して下さい。「○○したい」とか「○○になりますように」という書き方はNGです。これでは本当にただの願いごとになってしまいます。

「私は○○になった」「○○をが手に入った」こんな感じで、既にその事実が叶ったように書くのがポイントです。

なぜ、こうして断言的に書く必要があるのでしょうか。「○○になりたい」という願望で書いてしまうと、自分の迷いや不安が目立ってしまうのです。こうなりたいけれど、○○だから無理かもしれない・・・。

そんな風に言い訳をしないためにも、断言した形で文字に起こす必要があります。

内容は、他人を傷つけたり不道徳なことでなければ何でもOK。収入が増える、ダイエットに成功する、結婚するなどなど。自分の望む将来像をどんどん書いてみましょう。

自分の願望ばかりではなく、自分の周りの環境や人のことも書いておく

願いごとの中には、周囲の人の協力や環境が変わらなければ叶わない願いもあるはず。それも実現させるためには、自分自身の願望だけを書いていてもダメなんです。周囲の人のことや、環境の変化についても書いておきましょう。

もちろん、他人が不利になるようなこと、不幸になるようなことは禁句です。マイナスなことを書いてしまうと、自分自身の価値観が歪んでしまいます。

例えば、苦手な人との関係をどうにかしたい場合。「○○さんが会社を辞めた」と書くのはどうでしょうか?あまりにも自分勝手な願望ですよね。

「○○さんとの人間関係が良くなった」「○○さんのことで悩まなくなった」このようなプラスのニュアンスで書くことをおすすめします。

願いごと手帖は「人間的に、女性的に魅力的になるため」に書くもの

願いごと手帖とは言え、自分の損得ばかりで願望を書いていては意味がありません。自分が人として、女性として成長するために作るものだと覚えておきましょう。実際に願いごと手帖の内容が、気が付いたら実現していたという声はたくさんあります。

自分の可能性を伸ばすために、自分自身の未来のビジョンをはっきりさせてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事