• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ネギの栄養と効果は風邪知らずのほかにもネギパワーがあった!

Date:2014.01.21

ネギは12月の旬の野菜の一つです。関西では葉ネギが栽培され、関東では白ネギが栽培されているそうです。ネギは薬味として使われることが多い野菜ですが、実はとっても栄養価の高い野菜なのです。

白ネギと葉ネギどちらが栄養が豊富なのか

白ネギの煮込んだ時の中の柔らかい部分は本当においしいですよね。さて、白ネギと青ネギ、どちらが栄養価が高いのでしょうか?それは太陽にあたる部分が多い葉ネギといわれています。白ネギは淡色野菜、葉ネギは緑黄色野菜といわれていますから。

ですが、カロテンはどちらにも豊富に含まれています。カロテンをサプリメントから摂ると、摂り過ぎは内臓に悪いとされますが、ネギはいくら摂り過ぎても摂取しすぎるということはないみたいです。

ビタミンA,Cが豊富なネギ

ネギはビタミンA、Cが豊富です。ですからネギを食べると風邪をひかないし、美肌効果もあります。おかゆと梅干だけでなく、お粥に葉ネギのみじん切りをトッピングするだけでビタミンが摂れて早く風邪が治ります。

忘年会の雑炊も、薬味のネギは多めにしてもらうと、美肌効果UPですよ。

ビタミンB1の吸収を助けるアリシンが豊富なネギ

ネギには玉ねぎやにんにくに多く含まれる、アリシンというビタミンB1を吸収しやすくする物質を豊富に含んでいます。ですからビタミンB1を多く含む豚肉、うなぎ、玄米などと一緒に食べると、ビタミンB1の吸収がよくなります。

またアリシンは乳酸を分解してくれるので、肩こりなども解消してくれます。

ネギの栄養は加熱すると減少する

ネギのビタミンは水溶性ですから加熱すると減少してしまいます。ですから、ビタミンを取りたいということであれば、薬味として沢山とるほうがよいです。

冷え症にきくネギ

冷え症の人は、お味噌汁にネギと生姜を沢山いれて冬中飲みましょう。風邪の予防だけでなく、体がぽかぽかしてきますから。

テストステロンの生成に欠かせないネギ

男性ホルモンはテストステロンから成っています。このテストステロンは女性にもあり、女性ホルモンであるエストロゲンの10倍もの量が女性の体内にあると言われています。

最近、テストステロンが若々しくいるために必要不可欠な物質であることが分かってきたそうです。テストステロンは個人差がありますが、多い人はガンになるリスクが低いとか、心筋梗塞になりにくいそうです。

このテストステロンを生成してくれるのがネギなのだそうです。同時に睡眠も沢山とることが重要なのだそうです。女性は更年期の後はテストステロンは減るどころか上がる人も多いそうです。

男性は20代から徐々に減少していくそうです。ネギを沢山食べて、テストステロンを増加させたいものですね。いかがでしたか?薬味のネギを見直したのは私だけでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事