• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

朝のイライラ解消。寝方を気を付けるだけで寝癖がつかくなる!

Date:2014.06.02

朝はやることが沢山。忙しいです。酷い寝癖を見つけた朝は、それだけでテンションが下がりませんか?何をやっても治らない頑固な寝癖。朝それだけに時間を費やすわけにはいかずイライラも倍増しますよね。

おまけにドライヤーやアイロンを長時間あてると、髪へのダメージも気になりますよね。それなら最初から寝癖がなければいいのです。眠る前のケア、眠り方で寝癖をつけないようにすることができるのです。

髪は十分に乾かすこと

寝癖対策の基本中の基本です。髪の毛はしっかりと乾いた状態で眠りましょう。夜にシャンプーする方、きちんと髪の毛を乾かしてから眠りについていますか。

髪がパサパサになるから、痛むからなどの理由でよく乾かさないで眠ると寝癖の原因になるのです。びしょびしょのまま眠るのはもってほのかです。

濡れた状態の髪は寝癖がとても付きやすくなっているのです。それは濡れた状態から乾く間にクセが定着してしまうからです。つまり中途半端に湿った状態で寝るからこそ頑固な寝癖がつくのです。

寝癖をつけたくないなら、しっかりと乾かすことです。ドライヤーによる髪の傷みが気になる方は、自然に乾くまで待ってから眠りましょう。

髪を固定する

髪の毛が動くから寝癖が付きやすくなるのです。それを固定してしまいましょう。

・ロングヘアの場合

ロングヘアの方におすすめしたいのが、軽くしばって眠りにつくことです。ロングだと髪の毛があちこちに散らばりやすく、寝癖も付きやすいのですよね。縛っておけば寝癖もつきにくくなります。

ただしきっちりと縛って眠るとゴムの跡がつきますね。緩いゴムを使うか、ゆるーく三つ編みにするのがおすすめです。

・ミディアムヘア

ミディアムの方ならカーラーがおすすめ。眠るときに付けられるスポンジタイプのカーラーを使えば睡眠の邪魔になりませんよね。

・ショートヘア

ショートヘアなら全体を固定するのは難しいですよね。前髪や後頭部の少し長さのある部分だけでもカーラーを巻いて固定しましょう。またメッシュタイプのキャップもおすすめです。

よくマンガなどでおばさんがかぶっているのを見ますよね。それも寝癖対策には有効です。クセをつきにくくしてくれます。メッシュなら通気性も良いので蒸れません。

枕の高さ、柔らかに注意

寝癖が付くのは枕が原因かもしれません。枕の角度や形によってはそれがクセを作っているかもしれないのです。もしもいつも決まった場所に寝癖が出来ると言うのは枕を変えることで改善されるかもしれません。

寝癖が付きにくい枕は、低反発タイプです。これなら頭の形に応じて枕が形状を変えてくれるので頭が固定されやすいのです。髪の毛や頭もあまり動きません。寝癖が付きづらいと思います。

美容院の力を借りる

それでもどうしても治らないときは、パーマをかけるのもおすすめです。ウェーブパーマをかけると例え寝癖がついてもスタイリングとドライヤーで簡単にきれいなウェーブが復活できます。

ストレートパーマや縮毛矯正ならどんな頑固な寝癖も跳ね返してくれます。何をやっても寝癖がつき、治すのにイライラするならこの方法もおすすめですよ。

寝癖が付かないだけで朝の時間が変わります。ヘアケアに時間をかけなくて済みますので時間の余裕も生まれます。また治らない寝癖にイライラすることもなくなるので気持ちの余裕もできますね。

この記事をシェアする

関連記事